進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Trailhead の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Trailhead とは何か、誰のためのものかを説明する。
  • Trailhead にサインアップする。
  • Trailhead Playground を作成する。

Trailhead へようこそ

千里の道も一歩から。すべてのトレイルも一歩からです。Trailhead を開いたあなたは、すでに学習ジャーニーの最初の 1 歩を踏み出しました。

Trailhead は楽しく学習できる手段です。システム管理者になったばかりの人にも、大学からの新卒者にも、Salesforce ユーザにも、学ぶことが大好きな人にも、それぞれに適したトレイルが Trailhead では用意されています。


Trailhead ロゴを手に持つ Astro

Trailhead のしくみ

Trailhead では、学習トピックはモジュールにまとめられ、各モジュールは単元に分かれています。単元の終了時に、テストまたは Challenge を完了することでポイントを獲得できます。テストでは多肢選択式の問題によって知識を確認し、Challenge では Salesforce 組織で実際に試すことでスキルを確認します。モジュールの単元をすべて完了すると、プロファイルに新しいバッジが表示されます。

トレイルは、特定の役割やニーズに適したガイド付き学習パスを提供するモジュールのグループです。既存のトレイルをたどるのではなく、自分の道を切り開くように、最も関心のあるモジュールを選択することもできます。プロジェクトや Superbadge では、組織に機能やソリューションを実装することが求められ、対話形式で学習することができます。

たった 2 つのパラグラフで、多くの Trailhead 用語を学習しました。覚えておくのが難しいように思えても、心配はいりません。このモジュールの残りの部分で、Trailhead についてさらに詳しく説明します。

Trailhead の対象者

一言でいえば、すべての人が対象です。組織内のあらゆる役割、あらゆる経験レベルのユーザのためのコンテンツが用意されています。Salesforce 以外のことを学習するための教材もあります。「Blockchain Basics (ブロックチェーンの基本)」モジュール、「European Union Privacy Law Basics (EU のプライバシーに関する法律の基本)」モジュール、「iOS アプリケーション開発の開始」トレイルなどです。

Service Cloud を使用している担当者から、経験豊富な Salesforce 開発者や Salesforce を使用する非営利団体のシステム管理者まで、あらゆる種類の学習者のためにさまざまなトレイルが用意されています。また、世界中で懸命にトレイルを歩む皆様のために、Trailhead のコンテンツは、英語、ドイツ語、日本語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の 6 つの言語で利用できます。Trailhead を別の言語で表示するには、任意のページのフッターまでスクロールダウンし、ドロップダウンメニューから言語を選択します。

Trailhead コンテンツでは、あらゆる種類の学習者に対応するために、次のようなさまざまなコンテンツタイプやアプローチが使用されています。

  • 動画
  • コードサンプル
  • ウォークスルー
  • スクリーンショット
  • 画像
  • テーブルとグラフ
  • ステップごとの手順

コンテンツは、次のような指針に基づき作成されています。

  • 実用的な例とシナリオ
  • 物語性
  • 堅苦しくない口調
  • 前向きな姿勢
  • 楽しさ
  • 楽しさ
  • 楽しさ

Trailhead では楽しさを重視し、利用するすべての方に楽しんでいただけることを目指しています。コンテンツはゲーム化されており、新しいスキルについて学習しながらポイントやバッジを獲得していけば、成果が見えるようになっています。

開始方法

まず初めに、Challenge を完了し、バッジを獲得し、進行状況を記録するために、アカウントを作成する必要があります。アカウントを作成するには、Trailhead の任意の場所で [サインアップ] ボタンをクリックします。 

Trailhead のお知らせページ、[サインアップ] ボタンに囲み線が付いています。

いくつかのオプションがあります。Salesforce、Google、LinkedIn、またはメールアドレスを使用して Trailhead にサインアップできます。

最も簡単な方法を選択してください。ID はログインのみに使用され、各オプションにそれぞれ利点があります。ソーシャル ID を選択すると、転職した場合でも Trailhead プロファイルを維持できます。会社の Salesforce ログインを選択すると、会社は Trail Tracker アプリケーションを使用して、従業員の学習状況を把握できます。両方を関連付けたり、サインアップ後にログイン ID を変更したい場合は、プロファイルの設定ページからいつでも実行できます。

ソーシャルアカウントを既存の Trailhead アカウントにリンクするには、Trailhead の右上隅にあるプロファイル画像をクリックし、[設定] をクリックします。下にスクロールし、[接続] をクリックして、Salesforce アカウント、メールアカウント、またはソーシャルアカウントに接続します。リンクしようとしているログイン ID に Trailhead データ (バッジ、ポイント、お気に入り) がすでに関連付けられている場合、他のアカウントとマージできます。

このページから、ハンズオン組織 (Trailhead Playground または Developer Edition 組織) を管理することや、既存の組織を Trailhead アカウントにリンクすることができます。Trailhead Playground が何であるかわからない場合は、さらに読み進めてください。

ハンズオン Challenge とは?

Trailhead は学習を目的としており、最良の学習方法は実践することです。Trailhead のバッジは、モジュールを一通り読むだけでは獲得できません。各単元の最後に多肢選択式テストまたはハンズオン Challenge を完了する必要があります。多肢選択式テストは、テレビのクイズ番組などにも出てくるのでお馴染みでしょう。一方、ハンズオン Challenge は Trailhead 独自のものです。

ハンズオン Challenge はテストよりも複雑であるため、獲得できるポイントも多くなります。ハンズオン Challenge を完了するには、要件セットを確認し、それらの要件を満たすために Salesforce 組織で何かを実行する必要があります。何を実行するのかは学習内容に応じて異なり、Apex クラスの記述、Lightning Web コンポーネントの作成、項目レベルの入力規則数式の記述など、さまざまです。

また、独自の組織も提供されます。これは Trailhead Playground と呼ばれ、ハンズオン Challenge の解決に使用できます。

Trailhead Playground とは?

初めてハンズオン Challenge に取り組むと、ハンズオン組織を起動するドロップダウンが表示されます。Trailhead Playground は、ハンズオン Challenge、新機能の学習、カスタマイズのテストに使用できる組織です。まだ作成していなくても心配いりません。Trailhead アカウントを作成すると自動的に作成されます。

Trailhead Playground ドロップダウンの近くにコールアウトがあるハンズオン Challenge

Trailhead Playground は自由にカスタマイズできます。また、Challenge を実行するときに使用できる Trailhead 固有のデータセットも付属しています。Trailhead Playground には制限もありますが (Trailhead Playground ではユーザを 2 人しか作成できないなど)、本番組織と同じカスタマイズオプションを使用できます。加えて、Trailhead Playground は継続的に使用していれば、有効期限切れになりません。

Developer Edition 組織を使用してハンズオン Challenge を実行することもできます。実際のところ、Developer Edition 組織は Trailhead Playground と同じものです。ただし、Trailhead Playground には、ハンズオン Challenge の解決に使用する Trailhead 固有のデータとインストール済みの未管理パッケージが付属しています。Developer Edition 組織とは異なり、Trailhead Playground は、フォームに入力することなく Trailhead からボタンを押すだけで作成でき、必要なときにクリックするだけで起動できます。

Trailhead Playground の作成についての詳細は「Trailhead Playground Management (Trailhead Playground 管理)」を参照してください。

次のステップ

Trailhead へのサインアップが完了し、学習する準備ができました。無限のように広がる学習の機会を目の前にして、その可能性に足がすくんでしまうのも無理はありません。

次の単元では、Trailhead 内の移動方法と、適切なコンテンツを発見する方法について学習します。

Trailhead のお知らせページ、[サインアップ] ボタンに囲み線が付いています。