進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

すべてのツールの使用

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 分割ビューを使用する。
  • マクロを実行する。
  • キーボードショートカットを見つけて使用する。
  • クイックテキストを挿入する。
  • 一括クイックアクションを実行する。
  • 履歴ユーティリティを使用する。

分割ビューの操作

デモの時間です! Maria の努力が報われ、新しいエージェント生産性ツールを Sita、Roberto、そして数人の有能なエージェントに見せる準備ができました。Maria は、すべてのツールのデモを一度に行えるように仮想のケースを設定しました。

リストビューから作業する代わりに、分割ビューの機能を見せたいと考えています。Maria は、クローズしたケースからデモを始めました。リストビューに戻って別のケースを開く代わりに、分割ビューから簡単にケースを開けることを見せます。

分割ビューを開いたり閉じたりするには、コンソールの左端にある縦のバーをクリックします。 横に並んだ 2 つのサービスコンソールの画像。1 つには分割ビューが閉じた状態、もう 1 つには分割ビューが開いた状態が表示されています。

マクロの実行

次は、作成したマクロのデモを行います。このマクロは、交換を処理するために、顧客に破損の写真を依頼するメールを送信します。Maria は、顧客からの写真がないケースを開きました。
  1. 操作するケースを開きます。
    メモ

    メモ

    同じ手順を実行する場合は、ケースの取引先責任者のメールアドレスを自分のメールアドレスに変更します。そうすることで、送信したメールを自分で確認できます。

  2. ユーティリティバーの [マクロ] をクリックします。
  3. 実行するマクロを選択します。
  4. [マクロを実行] をクリックします。

    [マクロ] ユーティリティの [マクロを実行] ボタンが示されています。

    マクロは、開いているケースレコードで実行されます。

    マクロ実行中の [マクロ] ユーティリティ

  5. マクロが完了したら、[完了] をクリックします。

    [マクロ] ユーティリティの [完了] ボタンが強調表示され、マクロが完了したことが示されています。

キーボードショートカットを知る

クイックテキストの準備として、Maria は他のキーボードショートカットを見つけられる場所をエージェントに示しておきたいと考えています。キーボードショートカットパネルを開くには、ヘルプメニューを開き、[キーボードショートカットを表示] をクリックします。ショートカットを使用してメニューを表示することもできます。Cmd+/ キー (MacOS) または Ctrl+/ キー (Windows) を押します。

Salesforce ヘルプメニューで、キーボードショートカットを表示するリンクが示されています。

[キーボードショートカット] ウィンドウに、使用可能なすべてのショートカットが表示されています。

クイックテキストの挿入

Maria が使用可能なショートカットを見せているときに、ちょうど顧客からの応答が来ました。ケースは写真を含むように更新され、Maria はそれを確認しました。次は、交換と顧客の住所を確認するメールを送信します。Maria はこのデモで、クイックテキストがメールでも役立つことを示します。さらに、[メール] アクションでのメールテンプレートによる事前入力も見せることができます。

ヒント

ヒント

定義済みメールテンプレートを使用して [メール] アクションをカスタマイズしていない場合でも、手順を実行できます。前に戻ってアクションをカスタマイズする場合は、単元 2 を参照してください。

Maria の作業は次のとおりです。
  1. [メール] アクションを選択します。
  2. 事前入力されたメール本文の中央にカーソルを置きます。
  3. クイックテキストを挿入するには、ボタンまたはキーボードショートカットを使用できます。
    • メールツールバーのクイックテキストボタンをクリックします。 クイックテキストボタン
    • 次のいずれかのコマンドを入力します。
      • MacOS: Cmd+.
      • Windows: Ctrl+.
  4. 入力するクイックテキストを選択します。

    ケースのメールパブリッシャーに、メールに挿入されるクイックテキストが表示されています。

一括クイックアクションの実行

今度は、次のエージェントが交換を処理できるようにケースを再割り当てします。Maria は、一括クイックアクションを見せるつもりです。そこで、[ケース] リストビューに移動します。

メモ

メモ

一括クイックアクションは、[最近参照したデータ] リストでは使用できないことに注意してください。

Maria は、[私のオープンケース] リストビューで次の操作を実行します。

  1. 一括アクションを実行するケースを選択します。
  2. [Replacement Owner (所有者の交代)] をクリックします。(これが、設定した一括クイックアクションです。)
  3. アクションの詳細を入力します。
    • 新しい所有者を選択します。組織内に他のユーザがいない場合は、自分が所有者のままにしてもかまいません。
    • 状況を [エスカレーション済] に設定します。
    • [社内コメント] 項目に「Ready for new solar panels」(新しいソーラーパネルのための準備完了) と入力します。
  4. [更新する項目] セクションの変更内容を確認します。

    一括クイックアクションで、2 件のケースレコードに対する [ケース所有者]、[状況]、[社内コメント] の各項目が更新されています。

  5. [保存] をクリックします。[OK] をクリックしてアクションを実行します。

    一括クイックアクションでの変更の確認

履歴の表示

最後にデモを行うのは、履歴ユーティリティです。Maria は、多くのレコードを操作したので、使用したレコードのリストを見つける方法をチームに見せたいと考えています。

ユーティリティを開くには、キーボードの H キーを押すか、ユーティリティバーの [履歴] をクリックします。サブタブを開いた場合は、ワークスペースタブのコンテキストにリストされます。複数のレコードのリンクを 1 回のクリックでコピーすることもできます。

履歴ユーティリティで、ケースレコードの下にネストされた取引先責任者が表示されています。

Maria のデモは大きな拍手で終わりました。Sita、Roberto、そして有能なエージェントたちは、エージェント生産性ツールによってどれだけの時間が節約できるかに驚いています。全員からゴーサインをもらった Maria は、作成したクイックテキストとマクロの権限セットをエージェントに割り当てました。今後は、Chatter やトレーニングを通じてエージェントとコミュニケーションを取り、ツールが確実に使用されるようにします。このツールによって節約できるクリック数と時間を考えれば、エージェントが「これは素晴らしい! もっとないですか?」ということは間違いないでしょう。

高度な生産性ツール

Maria は、次の 2 つのツールについても調べてみようと考えています。

Apex QuickActionDefaultsHandler インターフェース 複雑なロジックに基づいてメール項目値を上書きする場合は、この Apex インターフェースを使用します。たとえば、この Apex インターフェースを使用して、優先度が高いケースのみに特定のメールテンプレートを適用し、マネージャに BCC することができます。
メモ

メモ

この Apex インターフェースによって設定されたメールのデフォルトは、他のすべてのデフォルト (クイックアクションの定義済みメールテンプレートや定義済み項目値など) を上書きします。

サービスの Lightning フロー サービスの Lightning フローを使用して複数ステップのプロセスでユーザを誘導し、Salesforce 自動化ツールを使用して、レコードをフローに関連付けます。フローに関連付けられたレコードがコンソールアプリケーションで開かれると、フローはサブタブとして起動します。電話やチャットなど、特定のチャネルのデフォルトフローを設定し、最初と最後にユーザが完了するフローを指定できます。

エージェントの生産性を高める方法は、常にもっとあるようです。Maria は、今後、Ursa Major のためにさらに時間を節約するツールを実装することに意欲を持っています。

retargeting