Experience Cloud の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Experience Cloud の利点を説明する。
  • デジタルエクスペリエンスを使用して、会社がお客様やパートナーとどのようにエンゲージできるかを説明する。
  • Salesforce Platform 上に構築されたデジタルエクスペリエンスの利点を挙げる。

Experience Cloud サイトの効果的な利用法

ポータル、ヘルプフォーラム、サポートサイトなどさまざまな呼び方がありますが、Experience Cloud サイトは、CRM に接続された、ブランド化されたデジタルエクスペリエンスです。Experience Cloud では、このようなエクスペリエンスを作成し、顧客エンゲージメントの促進やパートナーの強化を容易に行うことができます。

Salesforce 組織での Experience Cloud サイトの機能の概要を簡単に説明している次の動画をご覧ください。

Salesforce 組織内に複数のサイトやエクスペリエンスを作成して、さまざまな用途に利用することができます。実際に多くの企業が実践しています。サイトは Salesforce 組織内に存在するため、お客様とパートナーがコンテンツとデータにアクセスする方法を指定できます。

Community Cloud のすべての利点: チャネルセールスの高速化、E コマースの統合、パートナーのパフォーマンスの測定、従業員の生産性の向上、ブランドエンゲージメントの推進、オンラインセルフサービスの提供。

Experience Cloud の利点

Salesforce を使用してデジタルエクスペリエンスを構築する利点は何でしょうか。一言でいうと、すべてを統合できるということです。以下は、Experience Cloud を使用して必要な情報をステークホルダーに提供する例です。

  • 特定のニーズに合わせて複数のエクスペリエンスを作成する。
  • ビジネスプロセスをパートナーやお客様にまで提供する。
  • サードパーティプロバイダ (注文や財務情報など) のデータを統合する。
  • テーマやテンプレートを使用して、ブランド化されたエクスペリエンスを作成する。
  • Salesforce CMS を使用してコンテンツを作成し、任意のチャネルに配信する。

サイトで得られたデータは Salesforce 組織内に残り、その Salesforce 組織内にあるデータをサイト経由で外部と共有できるのです(Salesforce 組織内部の場合と同様に、外部にどのデータを表示するか、どの利用者が何にアクセスできるかは、システム管理者がしっかり管理しますので心配は不要です)。つまり、Experience Cloud を使用して構築されたデジタルエクスぺリンスは、Salesforce の世界を覗ける窓のような役割を果たすのです。

Activity ダッシュボード

では、お客様やパートナーとの関係の強化に Experience Cloud をどのように活用できるかを詳しく見てみましょう。

お客様とエンゲージし、パートナーに権限を与える

Experience Cloud を使用して構築されたデジタルエクスペリエンスでは、どのようなことができるのでしょうか。ほぼ何でも可能ですが、ここでも一般的なユースケースをいくつかご紹介します。

カスタマーサービスポータルとアカウントポータル

顧客がナレッジベースやサービスエージェント、ピアツーピアサポートにアクセスし、カスタマーサービスの問題に対するソリューションを自力で検索できるようにします。また、メンバーポータルで顧客が自分のデータにアクセスすることも可能にします。

パートナーリレーション管理とチャネル販売

商談や案件をコラボレーションして自社 (およびパートナー) の収益を増大させます。コンテンツやトレーニング資料を共有し、パートナーが迅速に参加できるようにします。

Community Cloud を使用して、さまざまな種類のポータルやコミュニティを構築することが可能です。

ご興味を持っていただけましたでしょうか? 特定の種類のサイトについては、後ほどさらに詳しく説明します。Experience Cloud についての理解が深まったところで、今後は実際に Experience Cloud を使用してお客様とエンゲージしてみましょう。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる