進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Trailhead Playground の作成と Chatter の更新

稲妻アイコン

Trailblazer の皆さん!

Salesforce には Lightning Experience と Salesforce Classic の 2 種類のデスクトップユーザインターフェースがあります。このモジュールは Lightning Experience 向けです。

インターフェース間の切り替え、Lightning Experience の有効化などについての詳細は、Trailhead の「Lightning Experience の基本」モジュールを参照してください。

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • マーズローバー (火星探査車) の Chatter プロファイルを作成する。
  • 通信用の Chatter グループを作成する。
  • 通信を可能にするためのカスタムオブジェクト、カスタムタブ、カスタム項目セットを作成する。
  • マーズローバーからの Chatter 投稿を自動化するプロセスを作成する。
  • プロセスをテストする。

はじめに

「もっと一日の時間が欲しい!」

もっと時間が欲しい。誰もが望むことですが、手に入らないものでもあります。本当にそうでしょうか?

Trailhead では、スキル強化のための時間がさらに必要であるという要望を耳にしました。そこで、朗報です。毎日の時間を約 40 分増やす方法が見つかりました。火星での Trailhead です。

火星の一日は、地球上の一日より約 40 分長いことがわかりました。この時間の増加を利用して貴重なバッジを獲得できるので、火星への移住に取り組むことにしました。参加する各 Trailblazer は、毎日の時間が 40 分増えます。これが科学です。

友人、家族、地球上であなたが所有するものすべてとお別れする前に、どこに定住するのかを決める必要があります。結局のところ、ほとんど同じに見える荒涼とした谷が膨大に広がる中から選ばなければなりません。

そこでローバーの出番です。火星には現在活動中のローバーが 2 台あり、Salesforce の性能を活用して、これに接続することができます。不動産業者としての役割を果たすように、これらのローバーを投入します。火星の赤茶けた土地から、Trailhead のベースキャンプに最適な場所をすぐに見つけることができるでしょう。

目標の 2020 年までに人間の居住地を準備するためには、総力を挙げて早急に着手する必要があります。一緒に参加しませんか?


このハンズオンプロジェクトでは、Chatter とプロセスビルダーを使用して、ローバーと通信します。もちろん Lightning ですべて行います。

それでは始めましょう。

新しい Trailhead Playground の作成

完了したら、この組織をローバーへ引き渡すことになるので、この Challenge 用に新しい Trailhead Playground (TP) を作成します。

  1. このページの一番下までスクロールします。
  2. [Launch (起動)] の横にある下矢印をクリックし、[Create a Trailhead Playground (Trailhead Playground を作成)] を選択します (ログインが必要です)。

一度に 10 個まで TP を持つことができます(新しい組織が必要で、すでに 10 個の TP がある場合は、プロファイルに移動して Trailhead Playground を削除してから新しいものを作成するか、developer.salesforce.com から Developer Edition 組織にサインアップします。使用できる DE 組織の数に制限はありません)。

次に、マーズローバーで使用できるように Trailhead Playground を設定します。最初に、組織の Chatter を更新します。

ローバーの Chatter プロファイルの更新

ローバーは Chatter の性能を活用して火星からの報告を送信してくるので、引き渡す前にローバーのプロファイルを設定する必要があります。

  1. 新しい Trailhead Playground で、プロファイルを参照アイコン をクリックして、自分の名前を選択します。
    名前をクリックする場所を示すスクリーンショット
  2. [Edit (編集)] をクリックします。
  3. 次の詳細を入力します。
    • First Name (名): Mars (マーズ)
    • Last Name (性): Rover (ローバー)
    • Country (国): Mars (火星)
      Mars Rover ユーザの詳細レコードを表示するスクリーンショット
  4. [Save (保存)] をクリックします。
  5. これについてはテストしませんが、プロファイル写真も更新することをお勧めします。プロファイル画像をクリックし、[Update Photo (写真を更新)] を選択して画像をアップロードします。好きな画像 (16 MB 未満の JPG、GIF、または PNG ファイル) を選択します。ローバーには次の画像をお勧めします。
    マーズローバーの画像

更新情報の Chatter グループの作成

ローバーが提供する更新情報を一元管理する場所を作成しましょう。

  1. アプリケーションランチャーアイコン をクリックして、[Groups (グループ)] を選択します。
    [Groups (グループ)] リンクの場所を示すスクリーンショット
  2. [New (新規)] をクリックします。
  3. [Name (名前)] に「Life on Mars」(火星での生活) と入力します。
  4. [Access Type (アクセス種別)] で [Public (公開)] を選択します。
  5. [Save & Next (保存 & 次へ)] をクリックします。
  6. これについてはテストしませんが、後続の 2 つのステップでグループに写真とメンバーを追加できます。
  7. [Done (完了)] をクリックします。

よくできました。火星との通信を確立する基盤を構築できました。次のステップでは、ローバーと通信して赤い惑星で新しい生活場所を見つけることができる単純なデータモデルを作成します。

retargeting