アプリケーションの作成

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • 標準のコラボレーションおよび分析機能が含まれた Salesforce アプリケーションを作成する。
  • アプリケーションのユーザインターフェースを理解する。

はじめに

このプロジェクトでは、最初から最後までコードを記述せずに Salesforce Platform でアプリケーションを作成する方法について学習します。Salesforce Platform を初めて使用する場合は、アプリケーション構築の基礎を知ることが目標です。プラットフォームでコードを記述するかどうかに関係なく、こうしたポイント & クリックスキルを生かすことができます。Salesforce Platform の管理機能 (ユーザおよびセキュリティの管理、標準オブジェクトのカスタマイズなど) に慣れている場合は、それらのスキルを新しいアプリケーションの開発に活用することが目標です。

次の手順を実行して、従業員が提案を提出し、状況を追跡できる提案管理アプリケーションを構築します。

  1. アプリケーションの定義とアプリケーションのデータモデルを作成します。このシンプルなアプリケーションに必要なカスタムオブジェクトは 1 つだけです。
  2. ページレイアウト、コンパクトレイアウト、グローバルアクションを使用してブラウザおよび Salesforce モバイルアプリケーション上のユーザインターフェースを変更する。
  3. 数式、入力規則、プロセスビルダーを使用して計算、データ品質、データベースの更新を自動化し、ユーザエクスペリエンスを向上させます。
  4. 提案の状況を追跡し、会社がどの程度適切に提案を管理しているかを分析するためのレポート、グラフ、ダッシュボードを定義します。
メモ

メモ

Suggestions (提案) カスタムオブジェクトを作成する代わりに Salesforce Service Cloud の標準オブジェクトであるケースを使用することもできます。この例では、Service Cloud を使用せずにカスタムアプリケーションを構築する方法を学習します。

Trailhead Playground の起動

このハンズオンプロジェクトの作業は、Trailhead Playground というあなた個人の Salesforce 環境で行います。まず Trailhead にログインしてから、このページの下部にある [Launch (起動)] をクリックし、Trailhead Playground を取得してください。Playground は新しいブラウザタブまたはウィンドウで開きます。このプロジェクトの作業中は Playground ウィンドウを開いたままにしておきます。Playground でこのプロジェクトのステップを完了した後、このウィンドウに戻り、このページの下部にある [Verify Step (ステップを確認)] をクリックしてください。

アプリケーションとカスタムオブジェクトを作成する

  1. Trailhead Playground で ギアアイコン 設定 をクリックして [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Object Manager (オブジェクトマネージャ)] タブをクリックします。
  3. [Create (作成)] をクリックして、[Custom Object (カスタムオブジェクト)] を選択します。
  4. [New Custom Object (新規カスタムオブジェクト)] ページで、オブジェクトを次の手順で作成します。
    • Label (表示ラベル): Suggestion
    • Plural Label (表示ラベル (複数形)): Suggestions
    • Record Name (レコード名): Suggestion Name
    • Data Type (データ型): Text (テキスト)
    • Allow Reports (レポートを許可): 選択
    • [Save (保存)] をクリックします。
  5. カスタムタブを作成するには、[Home (ホーム)] タブをクリックし、[Quick Find (クイック検索)] に Tabs と入力して、[Tabs (タブ)] を選択します。
  6. [Custom Object Tab (カスタムオブジェクトタブ)] で、[New (新規)] をクリックします。
  7. [Object (オブジェクト)] には [Suggestion (提案)] を選択します。
  8. [Tab Style (タブスタイル)] には任意のアイコンを選択します。
  9. すべてデフォルトのままにします。[Next (次へ)][Next (次へ)][Save (保存)] の順にクリックします。
  10. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに App Manager と入力し、[App Manager (アプリケーションマネージャ)] を選択します。
  11. [New Lightning App (新規 Lightning アプリケーション)] をクリックし、[App Name (アプリケーション名)] に Suggestion Box と入力し、[Next (次へ)] をクリックします。
  12. デフォルト設定は選択されたままにして、[Next (次へ)] をクリックします。
  13. [Next (次へ)] をクリックします。
  14. [Available Items (選択可能な項目)] から、[Suggestions (提案)][Reports (レポート)]、および [Dashboards (ダッシュボード)] を選択して [Selected Items (選択済みの項目)] に移動します。[Next (次へ)] をクリックします。
  15. [Available Profiles (選択可能なプロファイル)] から、[System Administrator (システム管理者)] を選択して [Selected Profiles (選択済みプロファイル)] に移動します。[Save & Finish (保存して完了)] をクリックします。
  16. 変更を確認するには、[App Launcher (アプリケーションランチャー)] アプリケーションランチャー をクリックし、[Suggestion Box (提案箱)] を探して選択します。

アプリケーションを確認する

新しいアプリケーションを見てみましょう。

[Suggestion Box (提案箱)] アプリケーションのスクリーンショット。アプリケーションランチャーアイコン、アプリケーション名、ナビゲーションメニューが緑の枠で強調表示されています。

  1. アプリケーションランチャー — 使用可能なアプリケーションが表示されます。
  2. アプリケーション名 — 現在選択されているアプリケーションが表示されます。
  3. ナビゲーションメニュー — アプリケーション内で使用可能なタブが表示されます。

リソース