Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Salesforce 開発での Visual Studio Code の使用

このステップでは、統合ターミナルの使用方法や、新しくインストールした Salesforce Extension Pack など、より高度な機能のいくつかを説明します。

ターミナルか、コマンドパレットか

他の優れた開発ツールと同様に、Visual Studio Code でも複数の方法で操作を行うことができます。Salesforce CLI を操作するには、統合ターミナルとクイックオープンウィンドウという 2 つの主要な方法があります。

クイックオープンウィンドウを表示するには、Command + P キー (Mac) または Ctrl + P キー (Windows) を押します。「?」と入力すると、ヘルプメニューを表示できます。このモジュールでは、クイックオープンウィンドウをコマンドパレットモードで使用します。これによりコマンドの表示と実行が可能になります。

項目に「?」と入力された、クイックオープンウィンドウの [global commands (グローバルコマンド)] ビュー。

プロジェクトを作成する

  1. Mac で Command + Shift + P キー、Windows または Linux で Ctrl + Shift + P キーを押して、コマンドパレットを表示します。
  2. 新しいプロンプトが次の文字で開始することを確認します: >
  3. 「SFDX: Create Project」(SFDX: プロジェクトを作成) と入力します。
  4. メモ

    メモ

    通常は、コマンド名の一部を入力するとオートコンプリートされます。そうならない場合は、プロンプトが > で開始していることと、このクイックスタートの前のステップで説明したとおりに Salesforce Extension Pack と Salesforce CLI がインストールされていることを確認します。



  5. Enter キーを押します。再度 Enter キーを押して、標準テンプレートを選択します。
  6. 「VSCodeQuickstart」と入力します。
  7. 後で見つけやすいように、プロジェクトを作成する場所としてデスクトップを選択します。
  8. 新しい Visual Studio Code ウィンドウが開くまで待ちます。ファイルエクスプローラへの入力前に、拡張機能がプロジェクトの準備をしていることを示すメッセージが表示されます。

拡張機能の通知: Running SFDX: Create Project (「SFDX: プロジェクトを作成」の実行中)。

ファイルを検索する

  1. Mac で Command + P キー、Windows で Ctrl + P キーを押して、検索パレットを表示します。これにより、フォーカスがファイルの検索に移動します。
  2. 項目に「project-scratch-def.json」と入力します。
  3. 結果をクリックしてファイルを開きます。
  4. Visual Studio Code の左側で、虫眼鏡 虫眼鏡 をクリックします。これは [Find and Replace (検索および置換)] メニューです。
  5. orgName を検索します。
  6. 最初にクリックすると、project-scratch-def.json 内に見つかります。
  7. orgName 値 (: の後で""の間) を「Learning VS Code」(VS Code の学習) に変更します。
  8. Command + S キー (Mac) または Ctrl + S キー (Windows) を押してファイルを保存します。

新しい組織名が指定された project-scratch-def.json ファイル。

Playground で認証する

  1. Mac で Command + Shift + P キー、Windows または Linux で Ctrl + Shift + P キーを押して、コマンドパレットを表示します。
  2. 「SFDX: Authorize an Org」(SFDX: 組織を承認) と入力します。
  3. デフォルトのログイン URL を受け入れるには、Enter キーを押します。
  4. 別名「VSCodePlayground」を入力します。
  5. デフォルトのブラウザで新しい Salesforce ログインウィンドウが開きます。前のステップで取得した Playground のユーザ名とパスワードを使用して Playground にログインします。
  6. 接続アプリケーションへのアクセスを許可するか確認されたら、[Allow (許可)] をクリックして許可します。グローバル接続アプリケーションの [Allow Access (アクセスを許可)] ページ
  7. ブラウザウィンドウを閉じます。

[Output (出力)] ペインにインテグレーションが正常にログインされたことが表示されます。

Successfully authorized USER with org ID (正常に承認されたユーザと組織 ID)/You may now close the browser (ブラウザを閉じることができます)。

Apex クラスを作成する

  1. Visual Studio Code でエクスプローラアイコン エクスプローラアイコン をクリックして force-app フォルダを展開します。
  2. VSCODEQUICKSTART ディレクトリの下で、force-app をクリックしてそのフォルダツリーを表示します。main、default の次に最下位として applications、aura、classes など、一連の生成されたフォルダが表示されます。展開されて classes フォルダが表示されたフォルダツリー。
  3. Mac で Command + Shift + P キー、Windows で Ctrl + Shift + P キーを押して、コマンドパレットを表示します。
  4. 「SFDX: Create Apex Class」(SFDX: Apex クラスを作成) と入力します。
  5. 名前として「AccountController」と入力します。
  6. VS Code から要求されたら、AccountController.cls を追加するディレクトリとして force-app/main/default/classes を選択します。
  7. 新しく開いた AccountController.cls ファイルで、デフォルトのコードを次のコードに置き換えます。
  8. public with sharing class AccountController {
      public static List<Account> getAllActiveAccounts() {
        return [SELECT Id,Name,Active__c FROM Account WHERE Active__c = 'Yes'];
      }
    }
  9. ファイルを保存します。

クエリ

新しい Apex クラスには SOQL クエリが含まれていますが、組織にリリースする前に期待どおりに機能するか確認する必要があります。コマンドパレットを使用し、組織に対してクエリを実行します。

  1. コードの 3 行目で、クエリ SELECT Id,Name,Active__c FROM Account WHERE Active__c = 'Yes' を強調表示します。
  2. Mac で Command + Shift + P キー、Windows または Linux で Ctrl + Shift + P キーを押して、コマンドパレットを表示します。
  3. 「SFDX:Execute SOQL Query with Currently Selected Text」(SFDX:現在選択されているテキストで SOQL クエリを実行) を検索します。
  4. Enter キーを押します。
  5. [REST API] を選択し、Enter キーを押します。
  6. メモ

    メモ

    Extensions Pack を使用して呼び出した他のアクションと同様に、VS Code が結果を返すまで少し時間がかかります。



  7. 統合ターミナルの [Output (出力)] タブにクエリの結果が表示されます。「SFDX: Execute SOQL Query ... ended with exit code 0 (SFDX: SOQL クエリを実行 ... 終了コード 0 で終了しました)」という通知も表示されます。これは、正常に実行されたという意味です。

Trailhead Playground から受信した 10 レコードが表示されている [Output (出力)] タブ。

リリース

最後のステップでは、コードを Visual Studio Code 内から Playground にリリースします。

  1. classes フォルダを右クリックします。
    クラスフォルダが右クリックされ、オプションリストで [SFDX: Deploy Source to Org (SFDX: 組織にソースをリリース)] が選択されています。
  2. [SFDX: Deploy Source to Org (SFDX: 組織にソースをリリース)] をクリックします。
  3. 統合ターミナルの [Output (出力)] タブにリリースの結果が表示されます。「SFDX: Deploy Source to Org ... ended with exit code 0 (SFDX: 組織にソースをリリース ... 終了コード 0 で終了しました)」という通知も表示されます。これは、正常に実行されたという意味です。

成功を示す終了コード 0 を含む結果を表示する [Output (出力)] タブ。

最後に一言

ここでは、Visual Studio Code と Salesforce 拡張機能を使用する方法を学習しました。IDE の機能が開発効率の最大化にどう役立つかを確認しました。これで、Apex Replay Debugger を使用したデバッグ、ニーズに合わせたエディタのカスタマイズ、Visual Studio Code での開発者パイプラインの実行など、より複雑なトピックを確認できるようになりました。