Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Visual Studio Code の使用開始

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • 統合開発環境 (IDE) とは何かを学習する。
  • Salesforce コードをローカルに開発する方法を学習する。
  • Visual Studio Code 向け Salesforce 拡張機能と Salesforce CLI を使用して組織と通信する。

はじめに

開発者にとって、仕事をやり遂げるのに最適なツールがあることは重要です。これまで Salesforce は、市場のツールにはない機能を備えた多くのツールを提供してきました。このクイックスタートでは、優れた開発ツールへの次の一歩である Visual Studio Code 向け Salesforce 拡張機能に慣れることができます。

IDE とは何か?

IDE (統合開発環境) は通常、コードエディタ、ビルド自動化ツール、デバッガ、インテリジェントなコード補完ツールで構成されます。Visual Studio Code はこれらを提供します。

Visual Studio Code をインストールする

Visual Studio Code は、macOS、Windows、または Linux が実行されているコンピュータにインストールできます。システム要件はかなり低いので、ほぼどのマシンでも実行できます。

  1. 使用しているオペレーティングシステム用の Visual Studio Code の最新バージョンをダウンロードしてインストールします。すでに Visual Studio Code がインストールされている場合は、再インストールする必要はありません。
  2. Visual Studio Code を起動します。

インターフェースに慣れる

Visual Studio Code のウェルカムページ。

Visual Studio Code を初めて実行すると、自動的にウェルカムページが表示されます。このページには多くのショートカットリンクがあります。たとえば、新規ファイルの使用開始や Visual Studio Code についての学習、好みに合わせたインターフェースのカスタマイズさえあります。 

  1. [Learn (学習)] にある [Interface Overview (インターフェースの概要)] をクリックして、Visual Studio Code のさまざまな機能に関する視覚的な概要を表示します。VS IDE の [Interface Overview (インターフェースの概要)] フロート表示で主要なナビゲーションが強調表示されています。このフロート表示により、Visual Studio Code のすべての機能を視覚的に把握できます。下部のバーには、現在のエラー、警告、通知が表示されます。ここで統合ターミナルを切り替えることもできます。
    エディタの左側では、ファイルエクスプローラ、ファイルの検索、ソースコードの管理、コードの起動またはデバッグ、拡張機能の管理を使用できます(後のステップで、開発に役立つ張機能をさらにいくつかインストールします)。最後に、エディタ内でコマンドを実行できるようにするメニューがあります。これについてもすぐに別のセクションで説明します。
  2. 画面上の任意の場所をクリックすると、視覚的フロート表示が消えます。
  3. [Start (開始)] で [New file (新規ファイル)] をクリックします。
  4. この領域で、そのまま入力を開始できます。1 行目にテキスト「Hello World」を追加します。コードの 1 行目が「Hello World」の「Untitled」(無題) ドキュメント。
  5. 保存せずにファイルを閉じます。
メモ

メモ

まだコードを保存していないため、Visual Studio Code では何も強調表示されません。

設定の確認は行いません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、プロジェクトの次のステップへ進んでください。