商談レポートを作成する

はじめに

Salesforce レポートを使用すると、ポイント & クリックインターフェースを使用して、データの集計、グループ化、絞り込みを行うことができます。数字に強い人ならばレポートだけでもよいのですが、多くのユーザは意味のわかりやすい方法でデータを表示したいと考えています。ダッシュボードでは、グラフやその他の優れたウィジェットを使用してレポートを視覚化し、ユーザを感嘆させることができます。

このクイックスタートでは、すべての商談レコードをフェーズ別にグループ化して表示するシンプルなレポートを作成します。Salesforce では、商談とは何かを販売する機会を指します。商談は、見込み客の探査というフェーズで開始し、商談成立というフェーズで終了します。その間には価値提案や交渉などのフェーズがあります。

このクイックスタートを完了すると、次のようにダッシュボードにレポートが表示されます。
最終的なダッシュボードは、商談をフェーズ別にグループ化した縦棒グラフコンポーネントです。このダッシュボード名は「All Opportunities」で、タイトルは「All Opportunities by Stage」(フェーズ別のすべての商談) です。

Trailhead Playground の起動

このハンズオンプロジェクトの作業は、Trailhead Playground というあなた個人の Salesforce 環境で行います。まず Trailhead にログインしてから、このページの下部にある [Launch (起動)] をクリックし、Trailhead Playground を取得してください。Playground は新しいブラウザタブまたはウィンドウで開きます。このプロジェクトの作業中は Playground ウィンドウを開いたままにしておきます。Playground でこのプロジェクトのステップを完了した後、このウィンドウに戻り、このページの下部にある [Verify Step (ステップを確認)] をクリックしてください。

商談レポートを作成する

最初に Trailhead Playground の既存のデータを使用してシンプルなレポートを作成します。

  1. ギアアイコン 設定 をクリックして、[ Setup (設定)] を選択します。
  2. [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Users (ユーザ) と入力し、[Users (ユーザ)] を選択します。
  3. 自分の名前の横にある [Edit (編集)] をクリックし、[Role (ロール)] を [CEO] に変更します。
  4. [Save (保存)] をクリックします。
  5. アプリケーションランチャー アプリケーションランチャーアイコン をクリックして [Sales (セールス)] を選択します。
  6. [Reports (レポート)] タブをクリックします。
  7. [New Report (新規レポート)] をクリックします。
  8. [Search Report Types (レポートタイプを検索)] に Opportunities と入力し、一致リストから [Opportunities (商談)] を選択します。レポートタイプの選択に使用される検索ボックスのスクリーンショット
  9. [Continue (続行)] をクリックします。新しいレポートを設定するレポートビルダーページが表示されます。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる