アプリケーションを試す

Trail Together の動画

エキスパートの説明を見ながらこのステップを進めて行きたい場合は、Trail Together シリーズの一部である、こちらの動画をご覧ください。 

(巻き戻して最初から見直したい場合、このクリップは 07:45 分から開始されます。)

アプリケーションを確認する

アプリケーションを使用する環境が整いました。最初に、公園で訪れる予定の見学先をいくつか追加しましょう。まず、Yosemite 国立公園の場所を追加します。

  1. アプリケーションランチャー アプリケーションランチャーアイコン をクリックして [Trailblazer] を選択します。
  2. [Waypoints (見学先)] タブをクリックします。
  3. [New (新規)] をクリックして新規見学先を作成します。
  4. 「Half Dome」 (ハーフドーム) という名前を付けて、[Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  5. もう 1 つ「Glacier Point」(グレイシャーポイント) という名前の見学先を作成し、[Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  6. さらに「El Capitan」(エルキャピタン) という名前の見学先を作成して、[Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。

最後に作成した見学先「El Capitan」を見てみましょう。レコードビューに、項目、活動タイムライン、およびこのレコードに関して追跡するその他すべての情報が表示されます。

Salesforce で作成した El Capitan レコードを示すスクリーンショット。[Waypoint Name]、[Created By (作成者)]、[Owner (所有者)]、[Last Modified By (最終更新者)] の 4 つの項目があります。活動タイムラインもあります。

  • Details (詳細) — Waypoint カスタムオブジェクトには 4 つの項目があります。[Waypoint Name (Waypoint 名)] (Half Dome、Glacier Point、El Capitan) と、システムによって生成された 3 つの項目 (作成者、所有者、最終更新者) です。アプリケーションを増強しながら、他の項目を追加して追跡する情報を精緻化することができます。
  • Activity timeline (活動タイムライン) — 活動とは、このレコードに関連付けられた ToDo と行動です。ToDo はやるべき項目で、行動はミーティングです。また、通話に関するメモを記録する機能もあります。このクイックスタートでは活動について詳しい説明はしませんが、便利で強力な機能なのできっと気に入っていただけると思います。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる