Trailblazer アプリケーションを作成する

はじめに

このクイックスタートでは、1 行もコーディングすることなく簡単なアプリケーションを作成する方法を学習します。Salesforce Platform でアプリケーションを開発する場合、次のような数多くの組み込み機能を利用できます。

  • 情報を整理するデータベース
  • データを保護し、組織全体にわたるアクセスを定義するセキュリティ
  • 特定の条件下で特定のタスクを実行するビジネスロジック
  • データや機能を表示と操作が可能なユーザーインターフェース
  • 高度なカスタマイズが可能なモバイルアプリケーション
  • ユーザーとのやりとりやデータの操作が可能なネイティブのソーシャル環境
  • データを意味のある方法で表示する分析とダッシュボード
  • 外部システムと統合するための複数の API
  • サードパーティアプリケーションをインストールまたは作成する機能

このクイックスタートで作成するアプリケーションは、地域の公園を訪れるときに役立ちます。このアプリケーションで自分が行きたい場所や見たいものを追跡できます。

Trail Together の動画

エキスパートの説明を見ながらこのステップを進めて行きたい場合は、Trail Together シリーズの一部である、こちらの動画をご覧ください。

Trailblazer アプリケーションを作成する

アプリケーションを作成すると、データオブジェクトが自動的に作成されます。Salesforce では、そのデータオブジェクトを「カスタムオブジェクト」と呼びます。スプレッドシートを使い慣れている方は、カスタムオブジェクトをシートのようなものと考えてください。また、データベースにたとえるなら、テーブルのようなものです。

カスタムオブジェクトには標準項目と画面が自動的に追加され、オブジェクトに関する情報をリスト、表示、および編集することができます。独自の項目を追加することもでき、ほぼどのような情報でも追跡やリストが可能です。このクイックスタートを完了すると、訪れたい場所の名前を追跡するための独自のメニューやタブ、カスタムオブジェクトで構成された実用的なアプリケーションができ上がります。

このステップでは、Trailblazer というアプリケーションを作成します。また、Waypoint (見学先) というカスタムオブジェクトとカスタムタブを追加します。見学先とは、公園で立ち寄る予定の場所です。

  1. 設定ギア Lightning Experience で [Setup (設定)] にアクセスするためのギアアイコン。 をクリックして、[Setup (設定)] を選択します。新しいタブで [Setup (設定)] が起動します。
  2. [Home (ホーム)] の横にある [Object Manager (オブジェクトマネージャー)] タブをクリックします。
  3. [Create (作成)] をクリックして、[Custom Object (カスタムオブジェクト)] を選択します。
  4. 新規カスタムオブジェクトを次のように定義します。
    • Label (表示ラベル): Waypoint
    • Plural Label (表示ラベル(複数形)): Waypoints
    • Object Name (オブジェクト名): Waypoint
  5. [Optional Features (追加の機能)] で、[Allow Reports (レポートを許可)][Allow Activities (活動を許可)] を選択します。
  6. [Save (保存)] をクリックします。
  7. [Setup (設定)] で [Home (ホーム)] をクリックします。
  8. [クイック検索] に Tabs (タブ) と入力し、[Tabs (タブ)] を選択します。
  9. [Custom Object Tab (カスタムオブジェクトタブ)] で、[New (新規)] をクリックします。
  10. 新規タブを次のとおり作成します。
    • オブジェクト: Waypoint (見学先)
    • タブスタイル: 任意のアイコンを選択
  11. すべてデフォルトのままにします。[Next (次へ)]、[Next (次へ)][Save (保存)] の順にクリックします。
  12. [Setup (設定)] で [Home (ホーム)] をクリックします。
  13. [Quick Find (クイック検索)] に App Manager と入力し、[App Manager (アプリケーションマネージャー)] を選択します。
  14. [New Lightning App (新規 Lightning アプリケーション)] をクリックします。
  15. 新規 Lightning アプリケーションを次のように定義します。
    • App Name (アプリケーション名): Trailblazer
    • Developer Name (API 参照名): Trailblazer
  16. [Next (次へ)] をクリックします。
  17. [App Options (アプリケーションオプション)] 画面はデフォルトのままにして、[Next (次へ)] をクリックします。
  18. [Utility Items (ユーティリティ項目)] 画面はデフォルトのままにして、[Next (次へ)] をクリックします。
  19. [Navigation Items (ナビゲーション項目)] 画面で、[Home (ホーム)]、[Chatter]、[Waypoints (見学先)]、[Reports (レポート)]、および [Dashboards (ダッシュボード)] をそれぞれ選択し、[Selected Items (選択済みの項目)] ボックスに移動します。次に、[Next (次へ)] をクリックします。
  20. [Assign to User Profiles (ユーザープロファイルへの割り当て)] 画面で、[System Administrator (システム管理者)] を選択し、[Selected Profiles (選択済みプロファイル)] に移動します。[Save & Finish (保存して完了)] をクリックします。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる