進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

初めてのロック解除済みパッケージを作成するための準備

初めてのロック解除済みパッケージを作成するための準備

Salesforce Developer Experience (DX) では、Salesforce 開発者が開発ライフサイクルを合理化するための新しいツールとプロセスが提供されます。これらの新しいツールでは、チーム開発と自動化、およびモジュール形式でパッケージベースの開発概念に重点が置かれています。モジュール形式開発は、顧客と ISV の両方に大きな変革をもたらします。

このクイックスタートでは、作成する社内用のビジネスアプリケーションの変更を管理するメカニズムとして、ロック解除済みパッケージを紹介します。ロック解除済みパッケージの詳細については、「顧客用ロック解除済みパッケージ」モジュールを参照してください。

ロック解除済みパッケージとは

パッケージ化に詳しくないのであれば、パッケージを、メタデータで満たされたコンテナだと考えてください。そこには、関連する機能、カスタマイズ、スキーマのセットが含まれています。Salesforce はさまざまなタイプのパッケージを提供しており、それぞれに独自の特徴があります。ここでは、特殊なパッケージ種別である、ロック解除済みパッケージを扱います。これは、特に社内用のビジネスアプリケーションに適しています。

ロック解除済みパッケージは、追跡可能な方法で、組織のメタデータの追加、編集、削除をサポートします。ソースとメタデータを複数の組織に適用し、Salesforce アプリケーションを簡単かつすばやくアップグレードできます。パッケージは、実行する予定のすべてのメタデータの変更と更新をカプセル化します。

ロック解除済みパッケージを使用すると、高い柔軟性を得られます。ロック解除済みパッケージのメタデータは本番組織で変更できるため、システム管理者は、緊急の変更要求に対応して、本番環境で直接変更できます。同時に、この柔軟性には責任が伴います。本番環境でシステム管理者が直接行った変更がパッケージの更新によって上書きされないように適切なガバナンスが行われていることを確認します。この使用事例については、「顧客用ロック解除済みパッケージ」モジュールで詳しく説明します。

Salesforce DX の役立つ機能

初めてのロック解除済みパッケージを構築するには、「Salesforce DX の使用開始」トレイルの前のモジュールで学習したすべてのツールと手法を使用します。

これらの設定が完了すれば、次に進むことができます。

環境の設定

これらの質問への答えがすべて「はい」であれば、準備ができています。

Trailhead Playground のログイン情報の取得

ロック解除済みパッケージを構築したら、スクラッチ組織でテストします。最終的には Sandbox などの永続的な組織にインストールします。このクイックスタートでは、対象組織として Trailhead Playground (TP) を使用します。

このクイックスタートを実行するには、Salesforce CLI からログインできるように TP のパスワードを知っていることを確認します。TP のユーザ名とパスワードの取得についての詳細は、「Find the username and password for your Trailhead Playground (Trailhead Playground のユーザ名とパスワードの調べ方)」を参照してください。

ログイン情報を取得したら、Salesforce CLI を使用して TP にログインします。忘れずに TP の別名を指定します。これによって、このクイックスタートの後の方の作業が楽になります。

sfdx force:auth:web:login --setalias MyTP

sfdx force:org:list を実行して、TP ログイン情報がローカルに保管されたことを確認します。

=== Orgs
     ALIAS       USERNAME                         ORG ID              CONNECTED STATUS
───  ──────────  ───────────────────────────────  ──────────────────  ────────────────
(D)  DevHub      myDevHub@example.com             00DB0000000Ige5MAC  Connected
     MyTP        myName@cunning-bear-311000.com   00D6A000000fH8CUAU  Connected
     TestingOrg  name@example.com                 00DB0000000Im58MAC  Connected

ALIAS     SCRATCH ORG NAME  USERNAME             ORG ID              EXPIRATION  DATE
────────  ────────────────  ───────────────────  ──────────────────  ────────────────
Scratch1  myAcme            test@example.com     00DZ000000N8ItoMAF  2018-03-01

これで、Salesforce CLI からコマンドを実行するときに -u MyTP を使用すれば、この TP に対して操作が実行されるようになります。

GitHub からのサンプルアプリケーションのダウンロード

ロック解除済みパッケージの効果を説明するために、Lightning プラットフォームの価値を強調するようなサンプルアプリケーションを使用します。これは、迅速に楽しく、お気に入りのアニメーション GIF を検索して Chatter に投稿できるアプリケーションです。GIFter を紹介します。これまでその必要性に気づいていなかった GIF と Chatter をつなぐアプリケーションです。

このアプリケーションは GitHub (https://github.com/developerforce/GIFter) から入手して使用できます。

まず、リポジトリのコピーを作成します。これにより、アプリケーションの独自のバージョンが作成され、サンプルから独立して使用および変更できます。

  1. 新しいターミナル (Mac) またはコマンドプロンプト (Windows) ウィンドウを開き、作業を行う一意のディレクトリを作成します。
    mkdir my_gifter_project
    cd my_gifter_project
  2. コマンドラインで、アプリケーションリポジトリをコピーします。
    git clone https://github.com/developerforce/GIFter.git
  3. プロジェクトスクラッチ定義ファイルがこの書式に従っていることを確認してください。スクラッチ組織定義は config/project-scratch-def.json にあります。
    {
        "orgName": "GIFter",
        "edition": "Developer",
        "settings": {
            "mobileSettings": {
                "enableS1EncryptedStoragePref2": false
            },
            “chatterSettings” : {
                "enableChatter": true
            }                    
                
        }
    }
  4. ディレクトリを開きます。
    cd GIFter
メモ

メモ

初めて GitHub リポジトリを使用する場合や、これらの概念を復習する必要がある場合は、Trailhead の「Git と GitHub の基本」モジュールまたは GitHub ヘルプの記事を参照してください。

これで、アプリケーションを取得できました。無数のアニメーション GIF から選択できるようになります。

GIPHY アプリケーションの作成

アニメーション GIF の検索を開始して、Chatter に投稿したくてうずうずしていることでしょう。誰でもそう思いますよね。ただし、このプロジェクトが機能するには、まず GIPHY アプリケーションを作成して、API キーを取得する必要があります。

  1. https://developers.giphy.com/ にアクセスします。

    アカウントを作成してログインすると、ダッシュボードが表示されます。このアプリケーションは、今回のアプリケーションと GIPHY API の連絡役になります。

  2. [Create an App (アプリケーションを作成)] をクリックします。
  3. アプリケーションの [App Name (アプリケーション名)][App Description (アプリケーションの説明)] を指定し、[Create New App (新規アプリケーションを作成)] をクリックします。

    名前は自由に選択できますが、目的の機能に関連したものにした方がよいため、「GIFter」とすることをお勧めします。

    [Create New App (新規アプリケーションを作成)] ダイアログでアプリケーション名 (例では「gifter」) とアプリケーションの説明 (例では「アニメーション GIF を Chatter に投稿する私のアプリケーション」) を入力します。
  4. 表示された API キーをコピーして、次のステップで使用できるようにします。
  5. 先ほどコピーした GIFter アプリケーションで、コードを更新して GIPHY API キーを使用するようにしましょう。

    お気に入りの IDE またはテキストエディタを使用してファイル force-app/main/default/staticresources/GIPHY.resource を開きます。Salesforce には Visual Studio Code 用の素晴らしい拡張機能があることをご存知でしたか? Visual Studio Marketplace で VS コード向け Salesforce 拡張機能を入手できます。

    GIPHY.resource ファイル (アプリケーション内の Lightning コンポーネントによって共有される JavaScript ファイル) 内で、次のコード行に注目します。

    var apiKey = "YOUR_GIPHY_API_KEY";

    自分の API キーを使用して YOUR_GIPHY_API_KEY を更新します。

  6. GIPHY.resource ファイルを保存します。
重要

重要

API キーは秘密です。API キーを GitHub 公開リポジトリにコミットしないでください。このクイックスタートでは説明しませんが、安全に秘密を追跡するには数多くの方法があります。ここでは、とにかくチェックインしないでください。

準備はすべて完了しました。成功です。次は、アニメーション GIF を Chatter に投稿しましょう。

設定の確認は行いません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、プロジェクトの次のステップへ進んでください。