新しくなった Trailblazer Community。詳細はこちら。

対話型クエリを使用したダッシュボードの作成

はじめに

ダッシュボードとは、データクエリ結果を視覚化する対話型ウィジェットのコレクションです。ここでは、対話型グラフ、リストウィジェット、テーブルを備えたダッシュボードを作成します。前のステップで作成したレンズを組み込み、ダッシュボードデザイナの対話形式の探索などのツールについて学習します。

ダッシュボードへのレンズの追加

ダッシュボードにレンズを含めるには、レンズをクリップします。レンズをクリップすると、新しいダッシュボード (または、最後に使用された開いているダッシュボード) にクエリがステップとして追加されます。

  1. 新しいレンズで、デザイナにクリップ をクリックしてクエリをクリップします。
  2. [Display Label (表示ラベル)] の下で Amount by Industry (業種別の金額) と入力し、[Clip to Designer (デザイナにクリップ)] をクリックします。
    ダッシュボードデザイナが開き、クエリがクエリパネルに追加されます。新しいクエリは、クエリされている DTC Opportunity データセットの下に表示されます。 業種別の金額が、DTC Opportunity の下に表示されます。
  3. [Amount by Industry (業種別の金額)] クエリを新しいダッシュボードにドラッグします。
  4. グラフの隅をドラッグして、グラフを拡大します。

リストウィジェットの追加

ウィジェットは、ダッシュボードの基本構成要素です。ダッシュボードにウィジェットを追加することで、特定の機能を実行します。たとえば、重要業績評価指標の表示、ダッシュボードの結果の絞り込み、対話型グラフを使用したデータの視覚化、レコードレベルの詳細のテーブル表示などの機能を実行できます。ここでは、リストウィジェットを追加して、ダッシュボードユーザがダッシュボードのすべてのグラフをファセットできるようにします。

  1. 左側のウィジェットアイコンから、リスト をダッシュボード上の空白スペースにドラッグします。
  2. [List (リスト)] をクリックし、[Industry (業種)] を選択します。
  3. [Create (作成)] をクリックします。
  4. リストウィジェットをクリックして選択します。
  5. 右側の [Properties (プロパティ)] パネルで [Query (クエリ)] タブをクリックします。
  6. [Apply global filters (グローバル検索条件を適用)][Broadcast selections as facets (選択内容をファセットとしてブロードキャスト)] の両方が選択されていることを確認します。
  7. [Selection Type (選択種別)] 項目で、[Multiple Selection (複数選択)] を選択します。
  8. ダッシュボード上のリストウィジェットのサイズを大きくします。 リストウィジェットに業種ごとの値が表示されます。
  9. 保存 をクリックして、ダッシュボードを保存します。
  10. 新しいダッシュボードのタイトルに My Amazing Dashboard (私の素晴らしいダッシュボード) と入力し、[App (アプリケーション)] -> [My Amazing App (私の素晴らしいアプリケーション)] を選択します。
  11. [Save (保存)] をクリックします。

対話型クエリの追加

対話型クエリは、ユーザからの 1 ~ 2 個の単語で開始し、Tableau CRM から提案が提供されます。ユーザはその提案を受け入れることも、編集することもできます。このセクションでは、すばやくデータとの対話を行い、結果をダッシュボードに追加する方法を学習します。

  1. Developer Edition 組織が開かれているブラウザタブに切り替え、[Setup (設定)] の [Home (ホーム)] に移動します。
  2. [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Analytics と入力し、[Settings (設定)] を選択します。
  3. [Enable Conversational Exploration (対話形式の探索を有効化)] が有効になっていることを確認します。有効になっていない場合は選択して、[Save (保存)] をクリックします。
  4. 再び [Analytics Studio] タブに切り替え、ブラウザページを更新します。
  5. まだ開いていない場合は、My Amazing Dashboard (私の素晴らしいダッシュボード) を見つけて、プレビューモードではなく、編集モードになっていることを確認します。ダッシュボード名の近くにダッシュボードデザイナが表示されます。表示されていない場合は、鉛筆アイコンをクリックします。
  6. ダッシュボードで、会話を表示 をクリックして対話パネルを開きます。メモ: [Choose Dataset (データセットの選択)] ダイアログが表示されたら、DTC Opportunity を選択します。
  7. テキスト入力ボックスをクリックし、[top 10 amount by opportunity name (商談名別金額トップ 10)] を選択します。表示されない場合は、top 10 amount by opportunity name (商談名別金額トップ 10) と入力します。
  8. 新しいグラフのメニューから [Clip to Dashboard (ダッシュボードにクリップ)] を選択します。  新しいグラフのドロップダウンメニューに [Clip to Dashboard (ダッシュボードにクリップ)] オプションが表示されています。ダッシュボードにクリップした新しいクエリは [Opportunity_Name_1] という名前でクエリのリストに表示されます。 新しいステップ [Opportunity_Name_1] は、右側に表示されます。
  9. 左側のウィジェットアイコンから、テーブル をダッシュボードにドラッグします。
  10. クエリリストから [Opportunity_Name_1] をドラッグし、空白のテーブルウィジェットにドロップします。
  11. 保存 をクリックして、ダッシュボードを保存します。
  12. ダッシュボードが [My Amazing App (私の素晴らしいアプリケーション)] 内にあり、その名前が My Amazing Dashboard (私の素晴らしいダッシュボード) になっていることを確認し、[Save (保存)] をクリックします。

これで、対話型クエリを使用してダッシュボードを作成したので、次は、条件付き書式を適用し、保存したビューにアノテーションを追加できます。組織内の他のユーザとデータインサイトを共有しましょう。

メモ

メモ

 緑のボタンをクリックする前に、起動ボタンの横に Tableau CRM が有効になっている Developer Edition 組織が表示されていることを確認してください。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる