進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

予測の定義と構築

Einstein による予測

特殊な Developer Edition 組織を設定したら、このプロジェクトの手順を実行して予測を作成することができます。では、予測の定義から始めましょう。

予測を作成する最初のステップは、答えを求める質問を決めることです。ここで知りたいことは、「この人が VeloStars に参加する可能性はあるか?」です。

  1. 設定アイコン をクリックし、ドロップダウンメニューから [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Einstein Prediction Builder (Einstein 予測ビルダー)] タイルにある [Get Started (使用を開始する)] をクリックします。このタイルが表示されていない場合は、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Einstein Prediction Builder (Einstein 予測ビルダー) と入力します。Einstein 予測ビルダーを初めて使用するときは、[Welcome (ようこそ)] 画面でもう一度 [Get Started (使用を開始する)] をクリックします。設定する間、しばらく待機する必要のある場合があります。1 ~ 2 分したらページを更新します。
  3. 次に、実施する予測を定義します。Einstein 予測ビルダーの [Setup (設定)] ページで、[New Prediction (新しい予測)] をクリックします。Einstein 予測ビルダーウィザードが起動します。
  4. 予測に VeloStars Membership Likelihood (VeloStars 会員になる可能性) という名前を付けます。[Next (次へ)] をクリックします。
  5. 予測するオブジェクトのリストから [Contact (取引先責任者)] を選択し、区分が 1 つも選択されていないことを確認します。[Next (次へ)] をクリックします。
  6. 質問の種別に [Yes/No (はい/いいえ)] を選択します。[Next (次へ)] をクリックします。

    Einstein 予測ビルダーは数値形式または「はい」/「いいえ」形式 (数学用語では Boolean 形式) の質問に答えることができます。ここでは、「この人が VeloStars に参加する可能性はあるか?」という「はい」/「いいえ」形式の質問を問いかけます。この質問の回答は、0 ~ 100 の範囲の確度という数値で返されます(数値形式の質問とは、「このお客様が何人の家族を登録する可能性があるか?」などです)。

  7. 予測する項目に、[VeloStars Member (VeloStars 会員)] を選択します。[VeloStars Member (VeloStars 会員)] は、取引先責任者オブジェクトの項目です。
    メモ

    メモ

    特殊な Developer Edition には、[VeloStars Member (VeloStars 会員)] 項目があらかじめ設定されています。カスタム項目の設定方法については、このページの「リソース」セクションのリンクを参照してください。

    予測を定義

  8. 例として使用するレコードを Einstein に知らせるための項目を選択して設定します。
    1. [Include Records That (次のレコードを含める)] に、[Meet All Conditions (すべての条件を満たす)] を選択します。続いて、次の値を選択します。
      • Field (項目): First Purchase (初回購入)
      • Operator (演算子): Less than or equal (<=)
      • Type (型): Date (日付)
      • Value (値): Jan 1,2018 (2018 年 1 月 1 日)

      長年のお客様は現時点までに VeloStars に参加しているか、参加することがないかのいずれかと考えられるため、初回購入が 2018 年 1 月 1 日以降のお客様にアウトリーチを限定します。

  9. [Check Data (データをチェック)] をクリックします。有効なレコード件数が返されます。[Next (次へ)] をクリックします。
  10. 予測にすべての項目を使用するため、すべての項目を選択したままにします。[Next (次へ)] をクリックします。
  11. 予測に Membership Likelihood (会員になる可能性) というカスタム項目を作成して、[Next (次へ)] をクリックします。
  12. 予測を作成 (つまり定義) したところで、いよいよシステムに予測を構築して割り当ててもらいましょう。問題のないことを確認したら、[Check Data (データをチェック)] をクリックして、予測を構築できるだけの十分なレコードがあることを確認します。問題がなければ、[Build Prediction (予測を構築)] をクリックします。次の画面で、[Done (完了)] をクリックします。

    通常、予測の構築には数時間から丸 1 日かかり、場合によってはそれ以上かかることもあります。ここでは、予測があらかじめ作成されているため、それほど長くはかかりません (15 ~ 20 分程度みておいてください)。

    予測が終了すると、Einstein が通知を送信し、予測の状況が [Ready For Review (レビュー準備完了)] に変化します([Status (状況)] 項目を更新するために、ページを更新する必要のある場合があります)。

    予測が構築されました!

  13. 予測の状況の横にある下矢印をクリックし、ドロップダウンメニューから [Enable (有効化)] を選択します。予測の [Status (状況)] が [Enabled (有効)] に変化し、Einstein がスコアリングを開始する (つまり、取引先責任者に予測を割り当てる) ことを伝えるメッセージが表示されます。

    スコアが気になる場合は、もう一度下矢印をクリックして [View Scorecard (スコアカードを表示)] を選択すれば、予測の評価を確認できます。

    Einstein 予測スコアカード