進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

取引先責任者とリスト表示のカスタマイズ

取引先責任者表示への項目の追加

ここでは、[VeloStars Member (VeloStars 会員)] 項目と [Membership Likelihood (会員になる可能性)] 項目を取引先責任者ページに追加する方法と、これらの項目をカスタムリスト表示に配置する方法を簡単に見ていきましょう。これらのトピックについての詳細は、「リソース」のリンクを参照してください。

通常の状況でこの予測をユーザに公開するには、予測の項目レベルセキュリティを編集する必要があります。ただし、この組織では Trailhead ユーザ (あなた) がその唯一のユーザであるため、編集する必要はありません。

ここでは、項目を取引先責任者レコードと項目のリスト表示に追加します。

項目をオブジェクトに追加

  1. [Setup (設定)] 設定アイコン で、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] タブをクリックし、[Contact (取引先責任者)] を選択します (Contract (契約) オブジェクトと間違えないように注意します)。
  2. [Page Layouts (ページレイアウト)][Contact Layout (取引先責任者レイアウト)] の順に選択します。
  3. 左上の [Fields (項目)] が選択されていることを確認します。
  4. 上部の [VeloStars Member (VeloStars 会員)] 項目と [Membership Likelihood (会員になる可能性)] 項目を [Contact Information (取引先責任者情報)] セクションにドラッグして、[Save (保存)] をクリックします。

予測のカスタムリストビューの作成

  1. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[VeloMateo] を見つけて開きます。
  2. [Contacts (取引先責任者)] タブをクリックします。
  3. [List View Controls (リストビューコントロール)] メニューアイコン [List View Controls (リストビューコントロール)] メニューアイコン をクリックします。
  4. [New (新規)] を選択します。
  5. このリストに VeloStars Membership (VeloStars 会員制度) という名前を付け、すべてのユーザがこのリストを表示できるように設定します。
  6. [Save (保存)] をクリックします。必要に応じて、[VeloStars Membership (VeloStars 会員制度)] リストを固定し、このページを表示するたびに確認できるようにします。
  7. 同じ [List View Controls (リストビューコントロール)] メニューから、[Select Fields to Display (表示する項目を選択)] を選択します。

    表示する項目を選択

  8. 矢印を使用して、[First Purchase (初回購入)][VeloStars Member (VeloStars 会員)][Membership Likelihood (会員になる可能性)] を [Visible Fields (参照可能項目)] ペインに移動します。関心のない項目はすべて削除します (取引先責任者のリストが見やすくなります)。[Save (保存)] をクリックします。
    しばらくは [Membership Likelihood (会員になる可能性)] に予測がまったく表示されなくても心配いりません。取引先責任者に割り当てる予測スコアを算定中というだけです。
  9. [Filters (検索条件)] ペインが表示されていない場合は、検索条件アイコン 検索条件アイコン をクリックします。
  10. [Add Filter (検索条件を追加)] をクリックします。
  11. [Field (項目)] には [Membership Likelihood (会員になる可能性)]、[Operator (演算子)] には [not equal to (次の値と一致しない)] を選択し、[Value (値)] は空白のままにします。[Done (完了)] をクリックして、[Save (保存)] をクリックします。

    この検索条件により、予測が実施された取引先責任者のみが表示されます。

    [VeloStars Membership (VeloStars 会員制度)] リストビュー

    Einstein 予測ビルダーが予測を取引先責任者に割り当てている間、VeloStars 会員である取引先責任者が 1 人も表示されないことがあります。このような場合は、Einstein がさらに予測を実施する間しばらく待機するか、[Membership Likelihood (会員になる可能性)] 検索条件を削除して VeloStars 会員も表示します。

  12. 取引先責任者ページに追加した項目が表示されていることを確認するには、リストの取引先責任者をクリックしてから、その取引先責任者レコードの [Details (詳細)] タブをクリックします。

    [VeloStars Membership (VeloStars 会員制度)] 項目と [Membership Likelihood (会員になる可能性)] 項目とともに、Einstein 予測の可能性スコアが表示されます。

    VeloStars の項目が表示されている取引先責任者ページ

  13. これとは別の 3 人以上の取引先責任者をクリックします。後々 Next Best Action 戦略をテストするときに、Einstein が最近参照した取引先責任者をテストします。[Membership Likelihood (会員になる可能性)] のスコアが 30 以上の人、20 ~ 30 の人、20 未満の人、すでに VeloStars 会員である人を 1 人ずつ選択します。