Skip to main content
TrailblazerDX, the ultimate AI learning event is heading back to San Francisco March 6-7, 2024. Register Now and save 35% with code T24DEYE424.

組織の共有設定の指定およびロール階層の作成

メモ

メモ

日本語で受講されている方へ
このバッジの Trailhead ハンズオン Challenge は英語以外の言語には対応していません。Trailhead Playground の [言語] を [English]、[地域] を [アメリカ合衆国] に切り替えてください。こちらの指示に従ってください。

Trail Together の動画

エキスパートの説明を見ながらこのステップを進めて行きたい場合は、Trail Together シリーズの一部である、こちらの動画をご覧ください。

(巻き戻して最初から見直したい場合、このクリップは 42:25 分から開始されます。)

はじめに

これまでに、ユーザーを正しいロールに割り当てました。会議の議題はデータアクセスの検討へと移り、プロファイルにアクセス権が設定されているオブジェクトごとに、ユーザーが個々のどのレコードを表示および編集できるようにすべきかについて話し合っています。あなたは、各自が必要とするレコードに対する適切なレベルのアクセス権がユーザーに付与されるように、ベースラインのアクセスレベルを定めています。この話し合いの中で、こうした設定によって、必要とするすべての情報にアクセスできなくなる部長や VP にどのような影響が及ぶのかという懸念が浮上します。

カスタムオブジェクトの作成および組織の共有設定の指定

  1. [Setup (設定)] から [Object Manager (オブジェクトマネージャー)] をクリックします。
  2. [Create (作成)] を選択して、[Custom Object (カスタムオブジェクト)] を選択します。
  3. 応募者のカスタムオブジェクトの情報に以下の詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Label (表示ラベル)
    Applicant (応募者)
    Plural Label (表示ラベル (複数形))
    Applicants (応募者)
    Starts with vowel sound (母音で始まる場合はチェック)
    チェックボックスをオン
    Object Name (オブジェクト名)
    Applicant (応募者)
    Record Name (レコード名)
    Applicant Name (応募者名)
    Data Type (データ型)
    Text (テキスト)
    Allow Reports (レポートを許可)
    チェックボックスをオン
    Allow Search (検索を許可)
    チェックボックスをオン
  4. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  5. 面接官のカスタムオブジェクトの情報に以下の詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Label (表示ラベル)
    Interviewer (面接官)
    Plural Label (表示ラベル (複数形))
    Interviewers (面接官)
    Starts with vowel sound (母音で始まる場合はチェック)
    チェックボックスをオン
    Object Name (オブジェクト名)
    Interviewer (面接官)
    Record Name (レコード名)
    Interviewer Name (面接官名)
    Data Type (データ型)
    Text (テキスト)
    Allow Reports (レポートを許可)
    チェックボックスをオン
    Allow Search (検索を許可)
    チェックボックスをオン
  6. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  7. 職種のカスタムオブジェクトの情報に以下の詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Label (表示ラベル)
    Position (職種)
    Plural Label (表示ラベル (複数形))
    Positions (職種)
    Object Name (オブジェクト名)
    Position (職種)
    Record Name (レコード名)
    Position Name (職種名)
    Data Type (データ型)
    Text (テキスト)
    Allow Reports (レポートを許可)
    チェックボックスをオン
    Allow Search (検索を許可)
    チェックボックスをオン
  8. [Save (保存)] をクリックします。

Position (職種) カスタムオブジェクトに状況項目を作成します。

  1. 先ほど作成した Position (職種) カスタムオブジェクトで、[Fields & Relationships (項目とリレーション)] をクリックします。
  2. [New (新規)] をクリックし、データ型に [Picklist (選択リスト)] を選択します。
  3. [Next (次へ)] をクリックします。
  4. [Field Label (項目の表示ラベル)] に Status と入力します。
  5. 値に、[Enter values, with each value separated by a new line (各値を改行で区切って入力します)] を選択します。
  6. ボックスに次の値を改行で区切って入力します。
    • New (新規)
    • Open (募集中)
    • Closed (採用済)
  7. [Restrict picklist to the values defined in the value set (値セットで定義された値に選択リストを制限します)] を選択します。
  8. [Next (次へ)][Next (次へ)][Save (保存)] の順にクリックします。
  9. [Setup (設定)] から [Home (ホーム)] タブをクリックして、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Sharing Settings (共有設定) と入力し、[Sharing Settings (共有設定)] を選択します。
  10. [Edit (編集)] をクリックして、アクセス設定を編集します。
  11. 応募者、面接官、職種のデフォルトの内部アクセス権を非公開に設定します。
  12. [Save (保存)] をクリックします。
    メモ: 変更を処理中であることを示す「One or more sharing operations has been initiated.See below for additional details.Certain operations may not be available. (1 つ以上の共有操作が開始されました。詳細は、以下を参照してください。特定の操作を使用できないことがあります。)」という通知を受信します。

ロール階層の作成

ロール階層を構築します。ロール階層のサンプル。役員の下にすべての営業部長、その下に営業担当が配置されています。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Roles (ロール) と入力し、[Roles (ロール)] を選択します。
  2. [Set Up Roles (ロールの設定)] を選択して、[Expand All (すべて展開)] をクリックします。
  3. [CEO] の下にある [Add Role (ロールの追加)] をクリックして、新しいロールの詳細を入力します。
    • Label (表示ラベル): VP of Services (サービス VP)
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): VP of Services (サービス VP)
  4. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  5. 次の新ロールの情報を入力します。
    • Label (表示ラベル): Accounts Receivable (入金管理)
    • This role reports to (このロールの上位ロール): VP of Services (サービス VP)
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): Accounts Receivable (入金管理)
  6. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  7. 次の新ロールの情報を入力します。
    • Label (表示ラベル): Customer Support Director (カスタマーサポート部長)
    • This role reports to (このロールの上位ロール): VP of Services (サービス VP)
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): Customer Support Director (カスタマーサポート部長)
  8. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  9. 次の新ロールの情報を入力します。
    • Label (表示ラベル): Customer Support Rep (カスタマーサポート担当)
    • This role reports to (このロールの上位ロール): Customer Support Director (カスタマーサポート部長)
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): Customer Support Rep (カスタマーサポート担当)
  10. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  11. 次の新ロールの情報を入力します。
    • Label (表示ラベル): Sales Engineer (セールスエンジニア)
    • This role reports to (このロールの上位ロール): Director, Direct Sales (ダイレクトセールス部長)
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): Sales Engineer (セールスエンジニア)
  12. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  13. 次の新ロールの情報を入力します。
    • Label (表示ラベル): Recruiter (採用担当)
    • This role reports to (このロールの上位ロール): SVP, Human Resources (人事シニア VP) 
    • Role Name as displayed on reports (レポートに表示するロール名): Recruiter (採用担当)
  14. [Save (保存)] をクリックします。

ユーザーのロールへの割り当て

新しいロールをいくつか設定したら、次はそのロールをユーザーに割り当てます。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Roles (ロール) と入力し、[Roles (ロール)] を選択します。
  2. [Set Up Roles (ロールの設定)] を選択して、[Expand All (すべて展開)] をクリックします。
  3. [VP of Services (サービス VP)] の横にある [Assign (割り当て)] をクリックします。
  4. [Available Users (選択可能なユーザー)] 選択リストから、[All Users (すべてのユーザー)] を選択して、[Noah Larkin] を選択します。
  5. [Add arrow (追加矢印)] 追加矢印アイコン をクリックし、[Save (保存)] をクリックします。
    ロールの選択画面。[Selected Users for VP of Services (サービス VP 選択されたユーザー)] の下に Noah Larkin が表示されています。
  6. [Accounts Receivable (入金管理)] の横にある [Assign (割り当て)] をクリックします。
  7. [Available Users (選択可能なユーザー)] 選択リストから、[All Users (すべてのユーザー)] を選択して、[Maya Lorrette] を選択します。
  8. [Add arrow (追加矢印)] 追加矢印アイコン をクリックし、[Save (保存)] をクリックします。
  9. [Sales Engineer (セールスエンジニア)] の横にある [Assign (割り当て)] をクリックします。
  10. [Available Users (選択可能なユーザー)] リストから、[Amy Daniels]を選択します。
  11. [Add arrow (追加矢印)] 追加矢印アイコン をクリックし、[Save (保存)] をクリックします。
  12. 同じ手順で、Ted Kim を [Recruiter (採用担当)] ロールに追加し、自分の名前を [Customer Support Rep (カスタマーサポート担当)] ロールに追加します。

お疲れさまでした。応募者、面接官、職種のカスタムオブジェクトを作成しました。これで、これらのレコードを共有することができます。次のステップでは、商談共有ルールを設定して、採用チームのメンバーが応募者に関する情報を共有できるようにします。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる