進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

ログイン時間と IP 範囲の制限

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • ユーザが組織にログインできる時間帯と場所を制限する。
  • オブジェクトに対するユーザのアクセスレべルを決定する。
  • ロール階層、共有、チームを使用して、データアクセスモデルを設定する。
  • 項目に対するユーザのアクセスレベルを制御する。

はじめに

AW Computing の CEO である Jon Wiseman は、セキュリティ上の懸念を抱いています。Salesforce に格納されているデータに不正アクセスされる可能性を抑えたいと考えています。  

組織の全員が同じアクセスレベルである必要はありません。サポートユーザは、会社の標準の営業時間内のみ、そして企業ネットワークに接続されている場合にのみログインできればいいはずです。他のすべてのユーザは、常時アクセスが必要で、企業ネットワークと VPN にログインできるようにする必要があります。

この問題を解決するうえで Jon は、あなたの卓越したシステム管理スキルを当てにしています。このプロジェクトでは、ユーザが Salesforce 組織内のどのデータにアクセスできるかを明確に制御して、組織を保護する方法を学習します。組織構造の画像。オブジェクトの中にレコードがネストされ、その中に項目がネストされています。

このプロジェクトを通して、各レベルのアクセス権の設定方法を説明するうえでこの組織図を度々参照します。

サポートプロファイルのログイン時間の制限

  1. 設定ギア 設定アイコン をクリックして [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Profiles (プロファイル) と入力し、[Profiles (プロファイル)] を選択します。
  3. [Custom: Support Profile (カスタム: サポートプロファイル)] をクリックします。
  4. [Login Hours (ログイン時間)] の下にある [Edit (編集)] をクリックして、スケジュールを設定します。
    Field (項目) Value (値)
    Sunday (日曜)
    12:00 AM12:00 AM
    Monday (月曜) 8:00 AM6:00 PM
    Tuesday (火曜) 8:00 AM6:00 PM
    Wednesday (水曜) 8:00 AM6:00 PM
    Thursday (木曜) 8:00 AM6:00 PM
    Friday (金曜) 8:00 AM6:00 PM
    Saturday (土曜) 12:00 AM12:00 AM
  5. [Save (保存)] をクリックします。

カスタム: サポートプロファイルのログイン IP アドレスの制限

  1. [Login IP Ranges (ログイン IP 範囲)] の下にある [New (新規)] をクリックして、詳細を入力します。Salesforce の [Login IP Ranges (ログイン IP 範囲)] ページ
  2. 次の値を入力します。
    • Start IP Address (開始 IP アドレス): 0.0.0.0
    • End IP Address (終了 IP アドレス): 255.255.255.255
    • Description (説明): San Diego (サンディエゴ)
  3. [Save (保存)] をクリックします。
メモ

メモ

このステップの目的上、IP の全範囲を含めていますが、実際には、現実的な範囲を設定します。 

サポートプロファイルが割り当てられたユーザのログイン IP 範囲を制限したところで、次のステップに進み、AW Computing 組織のセキュリティを一層強化するために、追加した新規ユーザに権限セットを使用してセキュリティレベルを設定します。