進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Einstein リードスコアリングが付属する Trailhead Playground へのサインアップ

学習内容

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • Einstein リードスコアリングが付属する特別な Trailhead Playground にサインアップする。
  • ユーザが Sales Cloud Einstein を使用できるようにする。
  • Einstein リードスコアリングを設定する。
  • 営業担当に上位のリードを割り当てる。

はじめに

Belle Pepper は HoneyDew 社のトップ営業担当です。この会社は、食料品小売業、レストラン、食品流通業者向けの在庫アプリケーションを作成しています。Belle は、着実に商談を成立させていて、5 年連続で「最優秀営業担当」にも選ばれています。ただし、HoneyDew は毎年急速に成長していて、最も優秀な人でも圧倒されることがあります。この日、Belle が Salesforce にログインすると、何百もの新しいリードが Belle に割り当てられていました。その全員に電話をかけることはできません。そんなことをすれば大きな時間の無駄になります。状況が [Open (進行中)] または [Recently Added (最近追加)] のリードだけにリストを絞り込もうとしましたが、それでもまだ大した方向性は得られません。

Belle は、信頼するシステム管理者であるあなたのところに、Salesforce で何ができるかを知るためにやって来ました。幸い、あなたは Trailhead の「Sales Cloud Einstein」モジュールを学習し、去年の Dreamforce ではいくつかの Einstein セッションにも参加しました。あなたは、人工知能 (AI) の可能性について知っていて、Belle が時間を最大限に有効活用して、得意とする顧客との関係構築に集中するために AI がどのように役立つかを心得ています。

このプロジェクトでは、Einstein リードスコアリングを使用して、営業担当の Belle Pepper のためにリードの優先度を設定します。あなたは、Einstein でリードにスコアを付けるためのデータ要件を決定しました。 

  • 過去 6 か月間で 1,000 件以上のリードが作成されていること。
  • 過去 6 か月間に作成されたリードのうち、120 件以上が取引先と取引先責任者に変換されていること。
  • 過去 6 か月間に作成されたリードのうち、120 件以上が取引先と取引先責任者に変換され、変換時に商談が作成されていること。
メモ

メモ

組織のデータ量によっては、Einstein がリードにスコアを付けるのに最大 24 時間かかることがあります。このプロジェクトでは、必要なデータとバックエンドの設定をシミュレーションするために、Einstein リードスコアリングが付属する特別な Trailhead Playground にサインアップします。

Einstein リードスコアリングを含む Developer Edition 組織へのサインアップ

このプロジェクトを実行するには、Einstein とサンプルデータを含む特別な Developer Edition 組織が必要です。無料の Developer Edition を入手して Trailhead に接続し、このプロジェクトの Challenge を実行できるようにします。特殊な Developer Edition は、このバッジの Challenge に対応するよう設計されているため、他のバッジでは機能しない可能性があります。使用している Trailhead Playground または特殊な Developer Edition 組織が推奨されているものであることを必ず確認してください。

  1. 無料の Developer Edition 組織 (Einstein リードスコアリングが付属) にサインアップします。
  2. フォームに記入します。
    1. [Email (メール)] に、有効なメールアドレスを入力します。
    2. [Username (ユーザ名)] に、メールアドレス形式の一意のユーザ名 (例: yourname@test.com) を入力しますが、有効なメールアカウントである必要はありません。
  3. フォームに入力したら [Sign me up (サインアップ)] をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  4. アクティベーションメールを受信したら (数分かかることがあります)、そのメールを開いて [Verify Account (アカウントを確認)] をクリックします。
  5. パスワードと確認用の質問を設定して、登録を完了します。ヒント: 今後アクセスしやすいように、自身のユーザ名、パスワード、ログイン URL をメモしておきます。
  6. Developer Edition にログインした状態になります。

新しい Developer Edition 組織を Trailhead に接続します。

  1. Trailhead アカウントにログインしていることを確認します。
  2. このページの最下部の「Challenge」セクションで、Playground 名をクリックし、[Connect Org (組織を接続)] をクリックします。
  3. ログイン画面で、先ほど設定した Developer Edition のユーザ名とパスワードを入力します。
  4. [Allow Access? (アクセスを許可しますか?)] 画面で [Allow (許可)] をクリックします。
  5. [Want to connect this org for hands-on challenges? (この組織をハンズオン Challenge に接続しますか?)] 画面で [Yes! (はい)] をクリックします。保存します。再び Challenge ページにリダイレクトされ、このバッジの獲得に向けて新しい Developer Edition を使用できます。

Rights of ALBERT EINSTEIN are used with permission of The Hebrew University of Jerusalem. (ALBERT EINSTEIN の権利は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。)Represented exclusively by Greenlight. (Greenlight が排他的に代理人を務めています。)

リソース