進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Visualforce ページの作成

Visualforce ページの作成

ここでは、先ほど作成したクラスをコールし、予測結果を表示する Visualforce ページを作成します。
  1. Salesforce の [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに「Visualforce」と入力し、[Visualforce Pages (Visualforce ページ)] を選択します。
  2. [New (新規)] をクリックします。
  3. [Label (表示ラベル)]「Predict」(予測) と入力します。
    この入力に基づいて [Name (名前)] 項目は自動入力されます。
  4. README.md<apex:page Controller="VisionController"> から </apex:page> までのすべてのコードをコピーして、[Visualforce Markup (Visualforce マークアップ)] タブに貼り付けます。
    コードをコピーした後の Visualforce ページ。
  5. [Save (保存)] をクリックします。

Visualforce ページのテスト

いよいよ、努力して取り組んだ内容をテストします。おさらいしましょう。作成したコードを実行すると、コードが Einstein Image Classification API をコールします。コードはアマガエルの画像を汎用画像分類子に送信し (画像の URL を参照します)、予測を返します。
  1. 作成した Visualforce ページから、[Preview (プレビュー)] をクリックします。ページに、汎用画像分類子からの予測結果が表示されます。分類子はこれがアマガエルだと確信しているようです。予測結果が表示されない場合は、Einstein プラットフォームサービスアカウントを確認済みであることをチェックします。新しいアカウントを確認するためのリンクが記載されたメールをチェックします。
    アマガエルの画像と API から返された予測。
おめでとうございます。ここでは、Einstein Image Classification API をコールし、既存のモデルに画像を送信し、モデルから返された予測を受信しました。