Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Apex クラスの作成

JWT Apex クラスの作成

ここでは、セキュリティを処理する JWT クラスと JWT トークンを作成する JWT クラスを作成します。
次の手順では、ダウンロードした jwt GitHub リポジトリからコードをコピーして Salesforce に貼り付けます。コードは任意のコードエディタまたはテキストエディタを使用してコピー&ペーストできます。
  1. コンピュータで、jwt リポジトリのコードが含まれているディレクトリを見つけます。コードは、ダウンロードした方法と場所に応じて jwt または jwt-master ディレクトリに含まれています。
  2. Salesforce の [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに「Apex Classes」(Apex クラス) と入力し、[Apex Classes (Apex クラス)] を選択します。
  3. [New (新規)] をクリックします。
  4. JWT Apex クラスを作成するには、JWT.apex のすべてのコードを [Apex Classes (Apex クラス)] タブにコピーします。
    Apex コードエディタでの JWT クラス。
  5. [Save (保存)] をクリックします。
  6. [Apex Classes (Apex クラス)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  7. JWTBearerFlow Apex クラスを作成するには、JWTBearer.apex のすべてのコードを [Apex Classes (Apex クラス)] タブにコピーし、[Save (保存)] をクリックします。

Einstein Vision Apex クラスの作成

このステップでは、Web 要求を作成するクラスと、API エンドポイントをコールするクラスを作成します。
ローカルにダウンロードした apex-utils GitHub リポジトリからコードをコピーして Salesforce に貼り付けます。3 つのクラスを作成します。
  • HttpFormBuilderVision クラスからコールされ、REST API 要求を作成します。
  • VisionVisionController クラスからコールされ、要求を作成して API をコールするコードが含まれています。
  • VisionController — API コールを開始し、結果を Visualforce ページに返すカスタムコントローラです。
  1. コンピュータで、apex-utils リポジトリのコードが含まれているディレクトリを見つけます。コードは、ダウンロードした方法と場所に応じて apex-utils または apex-utils-master ディレクトリに含まれています。
  2. Salesforce で、[Apex Classes (Apex クラス)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  3. HttpFormBuilder Apex クラスを作成するには、HttpFormBuilder.apex のすべてのコードを [Apex Classes (Apex クラス)] タブにコピーし、[Save (保存)] をクリックします。
  4. [Apex Classes (Apex クラス)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  5. Vision Apex クラスを作成するには、Vision.apex のすべてのコードを [Apex Classes (Apex クラス)] タブにコピーし、[Save (保存)] をクリックします。
  6. [Apex Classes (Apex クラス)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  7. VisionController Apex クラスを作成するには、README.md から VisionController コードのみを [Apex Classes (Apex クラス)] タブにコピーします。クラスは、public class VisionController { から、閉じ括弧 } までのすべてのコードです。
    Apex コードエディタでの VisionController クラス。
  8. jwt.subyourname@example.com というプレースホルダテキストを自分のメールアドレスに置き換えます。
    警告

    警告

    アカウントを作成したときにログインしていた Salesforce 組織に含まれているメールアドレスを使用してください。Salesforce ユーザ名ではなく、必ず自分のメールアドレスを使用します。

    メールアドレスを更新した後の VisionController クラス。
  9. [Save (保存)] をクリックします。