Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム
予想時間

予測のリストビューの作成

予測を 1 か所に表示

Einstein がデータを評価し、予測を開始するのには少し時間がかかるので、どのようなものかを示すために、予測をすでに構築してあります。そのため、予測を表示するリストビューをすぐに作成できます。リストビューを使用すると、どの相手に確認の電話を入れるか簡単に優先順位を付けることができます。

  1. アプリケーションランチャーアイコン をクリックして、[Reservations (予約)] を選択します。
  2. ナビゲーションバーの [Reservations (予約)] をクリックします。全予約のリストが表示されます。では、確認の電話を入れる必要のある予約のみのリストを作ってみましょう。
  3. ギアアイコン をクリックし、[New (新規)] を選択してリストビューを作成します。
  4. [List Name (リスト名)] に「Call to confirm」(確認の電話) と入力します。
  5. [All users can see this list view (すべてのユーザがこのリストビューを表示できる)] を選択して、[Save (保存)] をクリックします。
  6. ギアアイコン を再度クリックして、[Select Fields to Display (表示する項目を選択)] を選択します。[Available Fields (選択可能な項目)] リストで、以下の項目を選択し、右矢印を使用して [Visible Fields (参照可能項目)] リストに移します。
    • Contact (取引先責任者)
    • Predicted No Show (予測される無断キャンセル)
    • Status (状況)
    [Save (保存)] をクリックします。
  7. [Filters (検索条件)] パネルが表示されない場合は、検索条件アイコン 検索条件アイコン をクリックして表示します。[Add Filter (検索条件を追加)] をクリックします。
  8. [Fields (項目)] に [Status (状況)] を選択します。演算子には [equals (次の文字列と一致する)] を選択し、値には [Upcoming (来店予定)] を選択します。[Done (完了)][Save (保存)] の順にクリックします。これで来店予定の全予約のリストが表示されます。
  9. ここで、リストを絞り込んで、確認の電話を入れる予約のみが表示されるようにします。もう一度 [Add Filter (検索条件を追加)] をクリックします。
  10. [Fields (項目)] に [Predicted No Show (予測される無断キャンセル)] を選択します。[Operator (演算子)] には、[greater or equal (>=)] を選択します。[Value (値)] に「20」と入力します。[Done (完了)] をクリックします。
  11. [Filters (検索条件)] パネルで、[Save (保存)] をクリックします。これで、特にリスクの高い予約のリストができました。エスプレッソを手に電話をかけ始めましょう!

つまり、わずか数ステップで、Einstein に予約データを評価して、予約が無断キャンセルになる可能性を予測してもらうことができました。さらに、その予測を使用して、最終的にはレストランの座席を埋め、効率性を高め、スマートな業務につながるようにワークフローを強化しました。

後は [Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、バッジを獲得するだけです。