進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム
予想時間

予測の構築

予測の作成

万事うまくいっています。予測するカスタム数式項目を作成し、予測力を高める項目を作成しました。次に、Einstein に予測を構築するように指示します。
  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに「Einstein Prediction Builder」(Einstein 予測ビルダー) と入力し、[Einstein Prediction Builder (Einstein 予測ビルダー)] を選択します。あるいは、[Einstein Prediction Builder (Einstein 予測ビルダー)] タイルにある [Get Started (使用を開始する)] をクリックします。
  2. この特殊な新しい組織で今回初めて Einstein 予測ビルダーを使用する場合は、スプラッシュページでも [Get Started (使用を開始する)] をクリックする必要があります。
  3. [New Prediction (新しい予測)] をクリックします。
    Einstein 予測ビルダーの設定
  4. 予測に「No Show Prediction」(無断キャンセルの予測) という名前を付けます。この表示ラベルに基づいて [API Name (API 参照名)] 項目に自動入力されます。[Next (次へ)] をクリックします。
    予測に名前を付ける
  5. [Reservation (予約)] オブジェクトを探して選択します。区分に焦点を絞らないデフォルトのオプションのままにします。Einstein が予測を行うのに十分なレコードがデータセットにあることを確認するには、データチェッカーの [Check Data (データをチェック)] をクリックします。適切な数のレコードがありますか? [Next (次へ)] をクリックします。
    オブジェクトと区分の選択
  6. ここでは無断キャンセルが出るかどうかを予測しているため、「What kind of question is your prediction? (予測はどのような種類の質問ですか?)」という質問が表示されたページでは [Yes/No (はい/いいえ)] を選択します。[Next (次へ)] をクリックします。
  7. 先ほど作成した [No Show (無断キャンセル)] 数式項目を探して選択します。これは、予測対象の項目です。
  8. どのレコードを例として使用するかを Einstein に知らせる必要があります。ここでは過去の予約を使用するため、過去の予約が無断キャンセルであったかどうかを知らせます。検索条件は、デフォルトの [Meet All Conditions (すべての条件を満たす)] のままにしておきます。項目には [Status (状況)]、演算子には [Does not equal (次の文字列と一致しない)]、種別には [Picklist (選択リスト)]、値には [Upcoming (来店予定)] を選択します。[Check Data (データをチェック)] をクリックして、サンプルセットに十分なレコードがあり、予測する項目に十分な数の [はい] と [いいえ] の値があることを確認します(データチェッカーの [Records to predict (予測するレコード数)] に「0」と表示されたとしても、心配いりません。シミュレーションした環境で作業しているためです。予測を構築してこのステップを確認すると、多数のレコードに予測値が示されます)。良いですか? [Next (次へ)] をクリックします。
    項目と例のレコードの選択
  9. 予測を行うために Einstein が分析する項目を確認します。この場合は、すべての項目を選択したままにします。[Next (次へ)] をクリックします。
    予測の基準となる項目を選択する
  10. ここで Einstein が予測を保存する項目に名前を付けます。[Field Label (項目の表示ラベル)] に「Predicted No Show」(予測される無断キャンセル) と入力します。Tab キーを押して項目名を入力し、[Next (次へ)] をクリックします。
    予測を保存する項目に名前を付ける
  11. 選択内容を確認します。変更するには、[Back (戻る)] ボタンを使用します。最後にもう一度 [Check Data (データをチェック)] をクリックし、設定したすべての内容に基づいて Einstein が予測を構築できることを確認します。選択内容に満足したら、[Build Prediction (予測を構築)] をクリックします。次のページで、[Done (完了)] をクリックします。
    予測を確認して構築する

    Einstein でデータを分析し、予測を開始するまでに数時間かかります。ただし、このプロジェクトに限っては、先に進むためにちょっとした工夫を凝らしているため、それほど時間がかからないかもしれません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、プロジェクトの次のステップに進みます。