チームの編成

サービステリトリーの作成

サービステリトリーを使うと作業員を整理できます。通常、サービステリトリーはチームが作業する地域 (ロサンゼルスなど) を表しますが、機能テリトリー (フィールドセールスとフィールドサービスなど) にすることもできます。一例として、ロサンゼルスを本拠地とする派遣作業員をロサンゼルステリトリーに割り当てることが考えられます。

派遣作業員と同様、派遣担当者もサービステリトリーに割り当てられます。派遣担当者がディスパッチャコンソールで作業するときは、各自が管理するテリトリーのみが表示されます。

では、ガイド付き設定を使用して、先ほど例に挙げたロサンゼルスサービステリトリーを作成してみましょう。

  1. アプリケーションランチャーで、Field Service Admin を見つけて選択し、[Field Service Settings (Field Service 設定)] タブをクリックします。
  2. [Go to Guided Setup (ガイド付き設定に移動)] をクリックします。
  3. [Create Service Territories (サービステリトリーの作成)] をクリックします。
  4. サービステリトリー名に Los Angeles (ロサンゼルス) と入力し、[Add (追加)] をクリックします。

サービステリトリーの項目は、ガイド付き設定のこのページまたは [Service Territories (サービステリトリー)] タブでいつでも編集できます。

サービスリソースと派遣担当者の作成

次は、新しい Los Angeles (ロサンゼルス) テリトリーの派遣作業員を表すサービスリソースを作成しましょう。この技術者が James Clifton という名前であるとします。James は優秀な派遣作業員で、長い間ロサンゼルスで生活し仕事をしています。いつでも仕事にかかれる状態です。

あなたがこのテリトリーの派遣担当者であるとして、ディスパッチャコンソールから James の予定の割り当てを管理します。2 人がチームを組むことで、優れた成果を達成することができます。

最初に、あなたのユーザプロファイルを設定します。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに users (ユーザ) と入力し、[User (ユーザ)] を選択します。
  2. あなたの名前の横にある [Edit (編集)] をクリックして、次の情報を変更します。
    • [Service Cloud User (Service Cloud ユーザ)][Knowledge User (ナレッジユーザ)] が選択されていることを確認する。
    • タイムゾーンを [(GMT-07:00) Pacific Daylight Time (America/Los_Angeles) ((GMT-07:00) 太平洋夏時間 (アメリカ/ロサンゼルス))] に設定する。この表示ラベルは、夏時間 (3 ~ 11月) か標準時間 (それ以外) かによって異なります。
  3. [Save (保存)] をクリックします。

次に、信頼する派遣作業員の James を表すユーザを作成します。

  1. [Setup (設定)] メニューでもう一度 [Users (ユーザ)] を選択します。
  2. [New User (新規ユーザ)] をクリックして、次の情報を入力します。
    • First Name (名): James
    • Last Name (姓): Clifton
    • Email (メール): あなたのメールアドレス
    • Username (ユーザ名): 任意の有効な値
    • Nickname (ニックネーム): 任意の有効な値
    • User License (ユーザライセンス): Salesforce
    • Role (ロール): Installation & Repair Services (設置と修理サービス)
    • Profile (プロファイル): Standard User (標準ユーザ)
    • [Service Cloud User (Service Cloud ユーザ)][Knowledge User (ナレッジユーザ)] を選択します。
    • タイムゾーンを [(GMT-07:00) Pacific Daylight Time (America/Los_Angeles) ((GMT-07:00) 太平洋夏時間 (アメリカ/ロサンゼルス))] に設定します
    • [Generate new password and notify user immediately (パスワードをリセットしてユーザに通知する)] の選択を解除します
  3. [Save (保存)] をクリックします。
  4. [Setup (設定)] タブを閉じます。

James にサービスリソースレコードを作成して、サービステリトリーとライセンスや権限を設定する必要があります。

  1. アプリケーションランチャーで、Field Service Admin を見つけて開いてから、[Field Service Settings (Field Service 設定)] タブをクリックします。[Go to Guided Setup (ガイド付き設定に移動)] をクリックします。
  2. [Create Service Resources (サービスリソースの作成)] をクリックします。
  3. [User (ユーザ)] 項目で [James Clifton] を選択します。
  4. サービステリトリーに [Los Angeles (ロサンゼルス)] を選択します。
  5. Scheduling と Mobile のアイコンをクリックして、この両方のライセンスと権限を James に割り当てます。 [New Service Resource (新規サービスリソース)] にロサンゼルス在住の James Clifton が示されている [Create Service Resources (サービスリソースの作成)]
  6. [Add (追加)] をクリックします。

James が作業を受け取る準備が整いました。

最後に、あなた自身を Los Angeles (ロサンゼルス) サービステリトリーの派遣担当者にして、James に作業を割り当てられるようにします。

  1. ガイド付き設定で、[Create Dispatchers and Agents (派遣担当者とエージェントの作成)] をクリックします。
  2. ユーザ検索項目は空白のまま [Add (追加)] をクリックします。
  3. ポップアップであなたの名前を選択します。
  4. [Los Angeles (ロサンゼルス)] サービステリトリーを選択します。
  5. [Assign Service Territories (サービステリトリーの割り当て)] をクリックします。
  6. [Dispatchers and Agents (派遣担当者とエージェント)] ページに戻り、派遣担当者アイコン をクリックして、あなた自身に派遣担当者のライセンスと権限を割り当てます。

これで、ディスパッチャコンソールにアクセスして、James に仕事をしてもらうことができます。

アプリケーションランチャーから Field Service を開いて、[Field Service] タブを選択し、[Los Angeles (ロサンゼルス)] テリトリーを選択します。この時点ではコンソールがスカスカのように感じられますが、スケジュールと、James Clifton が対応可能な派遣作業員であることを確認できます。この 2 つが表示されていない場合は、ガントチャートで [Today (今日)] が選択されていることを確認します。

また、コミュニティユーザにディスパッチャコンソールへのアクセス権を付与することもできます。詳細は、「コミュニティへのディスパッチャコンソールの追加」を参照してください。

これで終了です! Trailhead Playground を設定して、Field Service Lightning を有効にし、Field Service 管理パッケージをインストールしました。そして、必要な権限セットをすべて作成して割り当てました。さらに、派遣担当者 (あなた!) と派遣作業員 (James) からなるチームを作成しました。ここで段階的に実行した手順をあなた自身の組織でもやってみてください。