進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

入力規則の作成

はじめに

ダーティデータとは、不完全、不整合、古くなった、重複、またはスペルミスが沢山あるデータのことです。いずれにせよ、混乱、時間の無駄、予算の無駄、内部および外部の不信感につながります。それは誰も望みません。組織の乱雑なデータのクリーンアップに予想以上の時間がかかっていませんか? そもそもデータがダーティにならないようにするにはどうすればよいのでしょうか? 漂白剤や手の除菌液は要りません。いくつかの規則、数式、検索条件、プロセスを設定するだけです。

入力規則を使用した制限の設定

入力規則から始めましょう。これは、ビジネス固有の条件を設定して、ユーザが 1 つ以上の項目に無効なデータを保存できないようにする機能です。入力規則では、レコードの保存時に数式が評価されます。ルールの条件を満たさない場合、ユーザにはカスタムエラーメッセージが表示され、レコードは保存されません。ルールの条件を満たす場合、レコードは保存されます。入力規則を使用すると、条件を適用し、適切な形式を設定し、一貫性を持たせることで、データ品質を高めることができます。

AW Computing のシステム管理者として、あなたの最初のクリーンアップ作業は、グローバル営業の統括責任者である Allison Wheeler の依頼によるものです。依頼者の目標は、商談のフェーズが「商談成立」に変わってから 2 週間以内にその配送がスケジュールされるようにすることです。入力規則を使用して期間条件を設定します。

入力規則を設定する前に、カスタム項目の [Delivery Schedule Date (配送スケジュール日)] を作成する必要があります。

  1. 設定ギア ギアアイコン をクリックして [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Object Manager (オブジェクトマネージャ)] タブをクリックします。
  3. [Opportunity (商談)] をクリックします。
  4. [Fields & Relationships (項目とリレーション)] をクリックし、[New (新規)] をクリックします。
  5. [Date (日付)] を選択して、[Next (次へ)] をクリックします。
  6. [Field Label (項目の表示ラベル)] に「Delivery Schedules Date」(配送スケジュール日) と入力します。
  7. [Next (次へ)] をクリックし、ステップ 3 を実行します。
    • [Read-Only (参照のみ)] 列ヘッダーで、チェックボックスをオンにします。
    • [Read-Only (参照のみ)] 列 で、[Standard User (標準ユーザ)] および [System Administrator (システム管理者)] チェックボックスを選択解除します。
  8. [Next (次へ)] をクリックし、[Save (保存)] をクリックします。

次に、商談オブジェクトの入力規則を作成します。

  1. [Object Manager (オブジェクトマネージャ)] の [Opportunity (商談)] で、スクロールダウンして [Validation Rules (入力規則)] をクリックします。
  2. [New (新規)] をクリックし、次の詳細で新規規則を作成します。
    Field (項目) Value (値)
    Rule Name (ルール名)
    Delivery_Schedule_14_Days_Or_Less
    Active (有効)
    Select (オン)
    Description (説明)
    Sets end date for initial delivery (初回配送の終了日を設定)

次に、[Error Condition Formula (エラー条件数式)] を入力します。

  1. [Functions (関数)] リストから、[ISPICKVAL] を選択して、[Insert Selected Function (選択した関数を挿入)] をクリックします。
  2. 数式で、picklist_field を強調表示します。
  3. [Insert Field (項目の挿入)] をクリックし、2 つ目のリストから [Stage (フェーズ)] を選択し、[Insert (挿入)] をクリックします。数式では [Stage (フェーズ)] は StageName に変換されます。
  4. 数式で、text_literal を強調表示し、「"Closed Won"」(商談成立) (引用符を含む) と入力します。
  5. 数式の末尾をクリックしてカーソルを位置付けます。
  6. [Insert Operator (演算子の挿入)] をクリックし、[&& And (&& かつ)] を選択します。
  7. [Insert Operator (演算子の挿入)] をクリックし、[( Open Parenthesis (( 開き括弧)] を選択します。
  8. [Insert Field (項目の挿入)] をクリックし、2 つ目のリストから [Delivery Schedule Date (配送スケジュール日)] を選択し、[Insert (挿入)] をクリックします。
  9. [Insert Operator (演算子の挿入)] をクリックし、[- Subtract (- 減算)] を選択します。
  10. [Insert Field (項目の挿入)] をクリックし、2 つ目のリストから [Close Date (完了予定日)] を選択し、[Insert (挿入)] をクリックします。
  11. [Insert Operator (演算子の挿入)] をクリックし、[) Close Parenthesis () 閉じ括弧)] を選択します。
  12. [Insert Operator (演算子の挿入)] をクリックし、[ >Greater Than (> 次の値より大きい)] を選択し、数式の末尾に「14」と入力します。
  13. 数式が次のようになっていることを確認します。
    • ISPICKVAL( StageName , "Closed Won") && ( Delivery_Schedule_Date__c - CloseDate ) > 14
  14. [Check Syntax (構文を確認)] をクリックします。配送日の数式のスクリーンショット
  15. 次に、エラーメッセージ情報を入力します。
    Field (項目) Value (値)
    Error Message (エラーメッセージ)
    Dates of type delivery must be no later than 14 days after close date (種別が delivery の日付は完了予定日から 14 日以内にしてください)
    Error Location (エラー表示場所)
    Field (項目): Delivery Schedule Date (配送スケジュール日)
  16. [Save (保存)] をクリックします。

入力規則を作成したことで、AW Computing のダーティデータ防止計画はよいスタートが切れました。次のステップに進み、数式項目でデータを適切かつクリーンにしましょう。