進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム
予想時間

組織での事前準備

学習内容

このフロープロジェクトでは、割り当て、決定、レコードを取得、レコードを更新の各要素について説明しています。学習内容は次のとおりです。
  • ブランチを 2 つより多くして条件分岐を実行する。
  • URL パラメータを使用してレコードからフローにデータを渡す。

組織の準備

商談成立の主要因は、Acme Wireless が割引プログラムを積極的に提供したことにある、と営業担当は述べています。残念ながら、その割引提供の許可の取得は厄介です。営業担当は管理者にメールを送信し返信を受け取ってから、この情報をお客様に伝える必要があります。このプロセスは遅いため、Acme は商談を成立させようとしているクライアントを、より動きの速い競合他社に奪い取られています。このプロセスを合理化することが最重要課題であり、あなたはその担当になりました。

このプロジェクトでは、お客様に提供する割引の金額を自動的に判断するフローを作成します。これは、完成すると次のように動作します。

営業担当は、商談で価格の見積をクライアントに提示する段階に入りました。商談レコードを表示して、[Calculate Discount (割引計算)] ボタンをクリックします。これで、割引が計算され、商談が即座に更新されます。簡単な計算がフローで行われるおかげで、営業担当は、管理者が割引を承認するまで待つ必要がありません。営業担当は自身の仕事、つまり商談の成立をすぐに行えます。

営業担当は、ボタンをクリックすること以外に何も行っていません。それは、このフローがバックグランドで動作するからです。ユーザの操作が必要ないフローは、自動起動フローと呼ばれます。

このプロジェクトでは、商談オブジェクトに 2 つのカスタム項目を設定するために Trailhead Playground が必要です。[Discount Percentage (割引率)] には商談の割引が保存され、[Discounted Amount (割引後の金額)] には割引が適用された後の最終的な商談金額が計算されて保存されます。

  1. [Setup (設定)] から [Quick Find (クイック検索)] ボックスに「Object Manager」(オブジェクトマネージャ) 入力し、[Opportunity (商談)] を選択します。
  2. [Fields & Relationships (項目とリレーション)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  3. [Data Type (データ型)] 列で [Percent (パーセント)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックします。
  4. 次の値を使用して、パーセント項目を追加します。
    Field (項目) Value (値)
    Field Label (項目の表示ラベル) Discount Percentage (割引率)
    Length (桁数) 18
    Decimal Places (小数点の位置) 0
    Field Name (項目名) Discount_Percentage
    Description (説明) Displays the percentage to be subtracted from the total amount of the opportunity. (商談の総額から差し引くパーセンテージを表示。)
    Help Text (ヘルプテキスト) If the customer is getting a discount on this opportunity, enter the amount here. (お客様がこの商談で割引を受ける場合は、その量をここに入力。)For example, if the discount is 10%, enter the whole number 10. (たとえば、割引が 10% である場合は、整数の 10 を入力します。)
  5. [Next (次へ)] を 2 回クリックして [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  6. [Data Type (データ型)] 列で [Formula (数式)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックします。
  7. 次の値を設定した数式項目を追加します。
    Field (項目) Value (値)
    Field Label (項目の表示ラベル) Discounted Amount (割引後の金額)
    Field Name (項目名) Discounted_Amount
    Formula Return Type (数式の戻り値のデータ型) Currency (通貨)
    Decimal Places (小数点の位置) 2
    [Next (次へ)] をクリックして次のウィンドウに進みます。
    Field (項目) Value (値)
    Discounted Amount (Currency) = (割引後の金額 (通貨) =)
    Amount * (1 - Discount_Percentage__c)
    Description (説明) Calculates the opportunity amount after any discount has been applied. (割引適用後の商談金額を計算。)
    Help Text (ヘルプテキスト) Opportunity amount after discount has been applied. (割引適用後の商談金額。)
  8. [Next (次へ)] を 2 回クリックして、[Save (保存)] をクリックします。