適用する適切な割引を判断するためのロジックの構築

適用する適切な割引を判断

次に、フローでは、適用する割引を判断する必要があります。Acme Wireless では、新しい割引プログラムで、取引先の年間売上に基づいて割引を適用し、売上が高いほど割引を大きくします。このステップでは、決定要素により、年間売上に応じていずれかのパス (結果) にフローが進みます。

年間売上に基づいて、次の 3 つの結果を作成します。

  • 最大割引: 取引先の年間売上が $200,000,000 より多いときに適用
  • 一般割引: 取引先の年間売上が $100,000,000 から $200,000,000 のときに適用
  • 割引なし (デフォルト): どの結果の条件も満たされないときに適用
  1. [Elements (要素)] タブから、[Decision (決定)] 要素をクリックしてキャンバスにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に「Determine Discount」(割引の決定) と入力します。
  3. 最大割引の結果を作成します。
    1. [OUTCOME DETAILS (結果の詳細)] の [Label (表示ラベル)] に「Full Discount」(最大割引) と入力します。
    2. 結果の条件を設定します。[Resource (リソース)] に「Account from」と入力し、[Account from Find_Related_Account > (Find_Related_Account の取引先 >)] をクリックし、[AnnualRevenue (年間売上)] を選択します。
      Field (項目) Value (値)
      Resource (リソース) {!Find_Related_Account.AnnualRevenue}
      Operator (演算子) Greater Than (より大きい)
      Value (値) 200000000
      この要素は、これらの条件により、取引先の年間売上が $200,000,000 より多い場合に限って、フローを最大割引パスに進めます。 最初の条件が追加された決定要素フロート表示のビュー
  4. 一般割引の結果を作成します。この結果は、2 つの値の間に収まる年間売上に基づくため、条件を 2 つ使用します。
    1. [OUTCOME ORDER (結果の順序)][+] をクリックします。
    2. [Label (表示ラベル)] に「Partial Discount」(一般割引) と入力します。
    3. 売上の下限とする結果の条件を設定します。
      Field (項目) Value (値)
      Resource (リソース) {!Find_Related_Account.AnnualRevenue}
      Operator (演算子) Greater Than or Equal (以上)
      Value (値) 100000000
    4. [Add Condition (条件を追加)] をクリックします。条件を追加すると、Flow Builder では論理演算子 AND がデフォルトで適用されます。フローがこのパスを進むためには、すべての条件が満たされる必要があります。ここでは演算子 AND がまさに必要です。年間売上が売上の下限以上であり、なおかつ売上の上限より少ないときに限り、一般割引を適用します。 条件行の追加後の決定要素のビュー
    5. 売上の上限とする結果の条件を設定します。
      Field (項目) Value (値)
      Resource (リソース) {!Find_Related_Account.AnnualRevenue}
      Operator (演算子) Less Than or Equal (以下)
      Value (値) 200000000
      この要素は、これらの条件により、取引先の年間売上が $100,000,000 以上 $200,000,000 以下である場合に限って、フローを一般割引パスに進めます。 2 番目の条件が追加された決定要素フロート表示のビュー

    • 取引先の年間売上が、最大割引と一般割引の条件を満たさない場合のデフォルトの結果を設定します。
      1. [Default Outcome (デフォルトの結果)] をクリックします。
      2. [Label (表示ラベル)] に定義されている値を「No Discount」(割引なし) に修正します。
      3. [Done (完了)] をクリックします。
    • ノードを [Start (開始)] の下部から [Find Related Account (関連取引先の検索)] までドラッグします。
    • ノードを [Find Related Account (関連取引先の検索)] の下部から [Determine Discount (割引の判断)] にドラッグします。
    • 安全を期するため、ここまでの作業内容を保存します。警告は無視します。
フローは次のようになります。
[Determine Discount (割引の判断)] 決定要素を追加した後の Flow Builder キャンバスのビュー

割引への数値の割り当て

この時点でフローは取引先の年間売上を認識しており、その値を使用して正しい種類の割引を判断できます。しかし、割引 (最大、一般、なし) では曖昧です。実用的にするため、10 パーセント、20 パーセントというように、各割引を数値にリンクする必要があります。

ここでは変数を作成し、割引の値を保存します。次に割り当て要素を使用し、結果 (最大、一般、なし) に基づいて、適切なパーセントでその変数を更新します。変数の値を変更するには、割り当て要素の [Equals (次の文字列と一致する)] 演算子を使用します。変数は、数値や文字列などの値に設定されます。

最大割引

  1. [Elements (要素)] タブから、[Assignments (割り当て)] 要素をクリックしてキャンバスにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に「Discount is 10%」(10% 割引) と入力します。
  3. 割引率を保存するには、変数を作成します。この変数は、他の結果のパーセントにも使用します。
    1. [Variable (変数)] で、[New Resource (新規リソース] を選択します。
    2. 変数を設定します。
      Field (項目) Value (値)
      Resource Type (リソース種別) Variable (変数)
      API Name (API 参照名) Discount (割引)
      Description (説明) Stores the discount percentage in whole number format (割引率を整数形式で保存)
      Data Type (データ型) Number (数値)
      Decimal Places (小数点の位置) 2
      Available for input and Available for output (入力で使用可能および出力で使用可能) 空白のまま
    3. [Done (完了)] をクリックします。後でこの変数を使用して、商談を更新します。変数という名前からわかるように、値は商談に適用される割引に基づいて変化します。
  4. [Operator (演算子)] に、[Equals (次の文字列と一致する)] を選択します。
  5. [Value (値)] に「10」と入力します。 最大割引の割り当てフロート表示のビュー
  6. [Done (完了)] をクリックします。
  7. [Determine Discount (割引の決定)] の下部にあるノードを [Discount is 10% (5% 割引)] にドラッグします。
  8. [Outcome (結果)] が [Full Discount (最大割引)] に設定されていることを確認して、[Done (完了)] をクリックします。 最大割引の結果のビュー
フローは次のようになります。
最大割引の割り当てステップ後の Flow Builder キャンバスのビュー

一般割引

このフローで考えられる結果は最大割引のみではないため、別の割り当ても設定しましょう。この割り当ては、一般割引が適切である場合のためのものです。
  1. [Elements (要素)] タブから、[Assignments (割り当て)] 要素をクリックしてキャンバスにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に「Discount is 5%」(10% 割引) と入力します。
  3. [Variable (変数)] で [Discount (割引)] を選択します。
  4. [Operator (演算子)] に、[Equals (次の文字列と一致する)] を選択します。
  5. [Value (値)] に「5」と入力します。 [Set Variable Values (変数値の設定)] フロート表示のビュー
  6. [Done (完了)] をクリックします。
  7. [Determine Discount (割引の決定)] の下部にあるノードを [Discount is 5% (5% 割引)] にドラッグします。
  8. [Outcome (結果)] が [Partial Discount (一般割引)] に設定されていることを確認して、[Done (完了)] をクリックします。 一般割引の結果のビュー
フローは次のようになります。
一般割引の割り当てステップの Flow Builder キャンバスのビュー

割引なし

結果を処理するのはこれが最後です。商談が割引対象とならないシナリオをカバーするための割り当て要素が必要です。
  1. [Elements (要素)] タブから、[Assignments (割り当て)] 要素をクリックしてキャンバスにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に「Discount is 0%」(10% 割引) と入力します。
  3. [Variable (変数)] で [Discount (割引)] を選択します。
  4. [Operator (演算子)] に、[Equals (次の文字列と一致する)] を選択します。
  5. [Value (値)] に「0」と入力します。[Set Variable Values (変数値の設定)] フロート表示は次のようになります。 割引なしの [Set Variable Values (変数値の設定)] フロート表示のビュー
  6. [Done (完了)] をクリックします。
  7. [Determine Discount (割引の決定)] の下部にあるノードを [Discount is 0% (5% 割引)] にドラッグします。すでに最大割引と一般割引の結果を連結しているため、Flow Builder では、残りの結果である「割引なし」のみがこのパスに自動的に割り当てられます。
  8. 安全を期するため、フローを保存します。警告は無視します。
フローは次のようになります。
割引なしの割り当てステップの Flow Builder キャンバスのビュー
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる