Lightning Experience でユーザが作業する場所で Tableau CRM を提供する

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • Lightning Experience のホームページにダッシュボードを埋め込む。
  • Lightning Experience の取引先ページにダッシュボードを埋め込む。
  • 検索条件を使用して特定のレコードに関連するデータのみを表示する。

質問: Tableau CRM ダッシュボードに勝るものは何か?

Tableau CRM Analytics Studio では、Tableau CRM ダッシュボードを作成し、組織内のほぼ誰とでも、または全員と共有することができます。必要な操作は、アプリケーションランチャーを使用して Analytics Studio を開いて、ダッシュボードを開くだけです。

Analytics Studio の My DTC Sales アプリケーションのダッシュボード

しかし、このような方法による共有は、ダッシュボードが壁の陰に隠れているようなものです。見えなければ、忘れられてしまいます。ダッシュボードは素晴らしい機能です。チームが作業している場所に配置することができれば、もっと素晴らしくなると思いませんか?

回答: あらゆる作業場所で使用できる Tableau CRM ダッシュボード

素晴らしい Tableau CRM ダッシュボードを開発したら、そこで終わらせてはいけません。普段 Salesforce で作業するページだけではなく、あらゆる場所で Tableau CRM の機能を提供することができます。

組織のホームページに配置すべき優れた売上ダッシュボードや、取引先ページにあれば非常に役に立つだろう商談ダッシュボード、

アプリケーションにグラフを埋め込んだり、外部 Web サイトに表示したりするのはどうでしょう?

Tableau CRM を使用すれば、このような優れたダッシュボードをすべてあなたやユーザが日常の作業を行う場所に配置することができます。そうすると、いつもの使い慣れた Salesforce ページから直接分析を行うことができます。Analytics Studio を開く必要さえありません。

Lightning Experience への埋め込みとその先

最も簡単な埋め込み方法 (そしておそらく最も便利な方法) は Lightning Experience です。以前は、JSON の記述など細かい部分への細心の注意が必要で、難しかったのですが、今では UI でクリックするだけでできるようになりました。成功への一番の早道なので、その方法を説明します。また、特別な検索条件を作成して埋め込みダッシュボードの有用性をさらに高める高度な手法もいくつか紹介します。

それより先は開発者スキルが必要になりますが、できることに制限はほとんどありません。
  • 外部 Web ページにダッシュボードを追加する。
  • Tableau CRM 機能を Salesforce またはサードパーティアプリケーションに埋め込む。たとえば、アプリケーションにクエリの結果を含めることができます。Tableau CRM はイベントを使用して、クエリ結果の変化に応じてアプリケーションで通知または更新します。
  • 外部アプリケーションの Tableau CRM 機能にきめの細かいアクセス権を追加する。
  • Salesforce Query Language (SAQL) を使用して、Tableau CRM プラットフォームの内部または外部のいずれかで固有のデータクエリを記述する。

Tableau CRM を含む Developer Edition 組織へのサインアップ

このプロジェクトを実行するには、限定的な Tableau CRM ライセンスとサンプルデータを含む特別な Developer Edition 組織が必要です。無料の Developer Edition を入手して Trailhead に接続し、このプロジェクトの Challenge を実行できるようにします。

  1. 無料の Tableau CRM が有効な Developer Edition 組織にサインアップします。
  2. フォームに記入します。[Email (メール)] に、有効なメールアドレスを入力します。[Username (ユーザ名)] に、メールアドレス形式の一意のユーザ名 (例: yourname@test.com) を入力しますが、有効なメールアカウントである必要はありません。
  3. フォームに入力したら [Sign me up (サインアップ)] をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  4. アクティベーションメールを受信したら (数分かかる場合があります)、そのメールを開いて [Verify Account (アカウントを確認)] をクリックします。
  5. パスワードと確認用の質問を設定して、登録を完了します。
ヒント

ヒント

後でアクセスしやすいように、自分のユーザ名、パスワード、ログイン URL をメモしてください。

Developer Edition 組織にログインした状態になります。新しい Developer Edition 組織を Trailhead に接続します。

  1. Trailhead アカウントにログインしていることを確認します。
  2. このページの一番下の「Challenge」セクションにある選択リストから、[Log into a Developer Edition (Developer Edition にログイン)] を選択します。
  3. ログイン画面で、設定したばかりの Developer Edition 組織のユーザ名とパスワードを入力します。
  4. [Allow Access? (アクセスを許可しますか?)] 画面で [Allow (許可)] をクリックします。
  5. [Want to connect this org for hands-on challenges? (この組織をハンズオン Challenge に接続しますか?)] 画面で [Yes! (はい)] をクリックします。保存します。

再び Challenge ページにリダイレクトされ、このバッジの獲得に向けて新しい Developer Edition を使用できます。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる