Review (審査) オブジェクトの Chatter の有効化

Chatter は強力なツールです。情報の共有、コラボレーション、可視化、一般的な会話やレコード固有の会話、特定のレコードや個人のフィード追跡が可能なほか、必要に応じて公開または非公開のグループを作成できます。

オブジェクトでフィード追跡を有効にすれば、採用担当が主な項目のレコードの変更を追跡できます。Chatter フィードでフォローしているレコードの更新を確認したり、特定のレコードにアクセスしたり、他の Chatter ユーザを @メンションして注意を引いたりすることができます。これは HR チームが候補者についてやりとりする理想的な手段です。

Chatter フィード追跡の有効化

Review (審査) オブジェクトで Chatter フィード追跡を有効にします。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Feed Tracking (フィード追跡) と入力し、[Feed Tracking (フィード追跡)] を選択します。
  2. 利用可能なオブジェクトのリストで、[Review (審査)] をクリックします。
  3. [Enable Feed Tracking (フィード追跡の有効化)] を選択します。
  4. 次の項目を選択します。
    • Core Competencies (コア機能)
    • Experience (経歴)
    • Interviewer (面接官)
    • Job Application (求人応募)
    • Leadership Skills (リーダーシップスキル)
    • Reason Recommended (推薦理由)
    • Recommend for Hire (採用を推薦)
  5. [Save (保存)] をクリックします。

タブ、クイックアクション、レコードタイプ、レコードページを作成しました。そして、ページレイアウトをカスタマイズして、Chatter のフィード追跡を有効にしました。あなたの努力のお陰で、Ling Wu と採用チームが喜んでいます。また、社員募集アプリケーションの効率性がはるかに向上しています。現在では、アプリケーションの使い勝手がよくなり、業務の遂行に必要な情報にごく簡単にアクセスできます。このすべてが、優れたシステム管理者の努力の賜物です。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる