Position (職種) ページレイアウトのカスタマイズ

Position (職種) オブジェクトの項目の作成

個々の採用担当マネージャが作成できる職種を限定しました。Ling Wu は、テクニカル分野の採用担当マネージャには、候補者に求めるスキル (プログラミング言語やオペレーティングシステム) も明確にしてもらいたいと思っています。

この要望に応えるために、テクニカル分野と非テクニカル分野の職種を区別するいくつかの新しい項目と、新しいページレイアウトを作成します。

最初に、オペレーティングシステムの項目とプログラミング言語の項目を作成します。

  1. Position (職種) オブジェクトを開いていない場合は、[Setup (設定)] から、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] をクリックして、[Position (職種)] をクリックします。
  2. [Fields & Relationships (項目とリレーション)] をクリックし、[New (新規)] をクリックします。
  3. データ型として [Picklist (選択リスト)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックします。
  4. [Field Label (項目の表示ラベル)] に、Operating Systems (オペレーティングシステム) と入力します。
  5. [Enter values, with each value separated by a new line (各値を改行で区切って入力します)] をクリックして、次の値を入力します。
    • Windows
    • Unix
    • Mac
  6. [Next (次へ)] をクリックします。
  7. [Visible (参照可能)] チェックボックスをオンにしてからオフにして、次のプロファイルを選択します。
    • Recruiter: Technical (採用担当: テクニカル)
    • System Administrator (システム管理者)
  8. [Next (次へ)] をクリックします。
  9. オンになっているページレイアウトをオフにして、[Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。

次に、2 つ目の項目を作成します。

  1. データ型に [Picklist (選択リスト)] を選択して、[Next (次へ)] をクリックします。
  2. [Field Label (項目の表示ラベル)] に、Programming Languages (プログラミング言語) と入力します。
  3. [Enter values, with each value separated by a new line (各値を改行で区切って入力します)] をクリックして、次の値を入力します。
    • COBOL
    • FORTRAN
    • .Net
    • Java
    • PHP
    • Perl
    • Python
  4. [Next (次へ)] をクリックします。
  5. [Visible (参照可能)] チェックボックスをオンにしてからオフにして、次のプロファイルを選択します。
    • Recruiter: Technical (採用担当: テクニカル)
    • System Administrator (システム管理者)
  6. [Next (次へ)] をクリックします。
  7. オンになっているページレイアウトをオフにして、[Save (保存)] をクリックします。

ページレイアウトの処理

次に、異なるセクションに [Operating System (オペレーティングシステム)] 項目と [Programming Language (プログラミング言語)] 項目を表示する、テクニカル分野の職種用の新しいページレイアウトを作成します。

  1. Object Manager (オブジェクトマネージャ) で Position (職種) オブジェクトを表示したまま、[Page Layouts (ページレイアウト)] を選択します。
  2. [New (新規)] をクリックします。
  3. [Existing Page Layout (既存のページレイアウト)] 選択リストで、[Position Layout (職種レイアウト)] を選択します。
  4. [Page Layout Name (ページレイアウト名)] に Technical Position Layout (テクニカル分野の職種レイアウト) と入力します。
  5. [Save (保存)] をクリックします。
  6. パレットから [Section (セクション)] をドラッグして、[Position Detail (職種の詳細)] セクションのすぐ下にドロップします。
  7. [Section Name (セクション名)] に、Technical Skills (テクニカルスキル) と入力します。
  8. [Layout (レイアウト)] に、[1-Column (1-列)] を選択します。
  9. [OK] をクリックします。
  10. パレットの [Operating Systems (オペレーティングシステム)] 項目と [Programming Languages (プログラミング言語)] 項目を、[Technical Skills (テクニカルスキル)] セクションにドラッグします。
  11. [Save (保存)] をクリックします。

最後に、Position (職種) オブジェクトのページレイアウトの割り当てを編集して、[Recruiter: Technical (採用担当: テクニカル)] プロファイルと [System Administrator (システム管理者)] プロファイルには常に [Technical Position (テクニカル分野の職種)] ページレイアウトが使用されるようにします。

  1. [Page Layout Assignment (ページレイアウトの割り当て)] をクリックします。
  2. [Edit Assignment (割り当ての編集)] をクリックします。
  3. [Recruiter: Technical (採用担当: テクニカル)] プロファイルで、[Technical Position (テクニカル分野の職種)] 列のセルをクリックします。
  4. [Page Layout To Use (使用するページレイアウト)] 選択リストで、[Technical Position Layout (テクニカル分野の職種レイアウト)] を選択します。
  5. [System Administrator (システム管理者)] プロファイルで、[Technical Position (テクニカル分野の職種)] 列のセルをクリックします。
  6. [Page Layout To Use (使用するページレイアウト)] 選択リストで、[Technical Position Layout (テクニカル分野の職種レイアウト)] を選択します。
  7. [Save (保存)] をクリックします。

IT とエンジニアリングの採用担当マネージャが、作成する職種に求める特定のスキルを明示できる選択リストを作成しました。いよいよ最後のステップに進みます。Review (審査) オブジェクトで Chatter を有効にし、Ling の HR チームが候補者についてやりとりできるようにします。