進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

ユーザアクセスの管理

はじめに

このプロジェクトでは、ユーザの追加や Chatter グループの作成から、ビジネスニーズに合わせたデータモデルの変更、最大効率のためのプロセスの自動化まで、Salesforce を実装するときにビジネスが必要とする基本的でありながら非常に便利な機能のいくつかをハンズオン練習で設定します。

カスタマーサポート部門のチームメンバー向けに複数の重要な機能を提供する方法を段階的な手順に従って学習していきます。これらの課題を実行しながら、Salesforce Platform やその特定のアプリケーションで何ができるかを理解できます。それでは始めましょう。

新しい Trailhead Playground の起動

まず最初に新しい Trailhead Playground を作成することを強くお勧めします。このページの最下部までスクロールし、[起動] の横にある下矢印をクリックして [Trailhead Playground を作成] を選択してください。Trailhead Playground を作成するには、通常 3、4 分かかります。

注意: 必ず新しい Trailhead Playground を使用してください。既存の組織または Playground を使用すると、このプロジェクトを正常に完了できない可能性があります。

新規ユーザの作成

数回のクリック操作で、Salesforce 組織に新規ユーザの情報を入力できる状態になります。必須項目 (名前やメールなど) と、特定のユーザに該当しなければスキップできる項目があります。

メモ

メモ

新規ユーザに入力したメールアドレスは、そのユーザのユーザ名として自動入力されます。各ユーザ名は Salesforce 内で一意にする必要がありますが、メールアドレスは一意でなくてもかまいません。このプロジェクトでは、新規ユーザとしてあなた自身のメールアドレスを入力します。ユーザ名にあなたのメールアドレスが自動入力されたら、ユーザ名を数式 (ユーザの名のイニシャル+ユーザの姓@あなたのイニシャル+あなたの好きな色+.com) を使用して一意のユーザ名に置き換えてください。たとえば、ahartzler@DKorange.com のようにします。

カスタマーサポート部門のマネージャである Kenya Collins から、新規チームメンバーを組織に追加するように依頼がありました。まず、日本に本拠を置くカスタマーサポートチームのメンバーである、Fumiko Suzuki のユーザレコードを作成しましょう。次の詳細を使用します。

  1. 設定ギア ギアアイコン をクリックして [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Users と入力し、[User (ユーザ)] を選択します。[Setup (設定)] の [Quick Find (クイック検索)] テキストボックスを指す矢印
  3. [New User (新規ユーザ)] をクリックします。新規ユーザレコードに次の詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    First Name (名)
    Fumiko
    Last Name (姓)
    Suzuki
    Alias (別名)
    fsuzu
    Email (メール)
    (メールアドレスを入力してください)
    Username (ユーザ名)
    (メールアドレスが自動入力されます。前述のメモで説明した形式を使用して置き換えてください)
    Nickname (ニックネーム)
    fsuzuki
    Title (役職)
    Customer Support Rep (カスタマーサポート担当)
    Department (部署)
    Customer Support (カスタマーサポート)
    Role (ロール)
    Customer Support, International (カスタマーサポート、国際)
    User License (ユーザライセンス)
    Salesforce Platform
  4. 次に、タイムゾーン、言語などのロケール設定を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Time Zone (タイムゾーン)
    (GMT +09:00) Japan Standard Time (Asia/Tokyo) ((GMT +09:00) 日本標準時 (アジア/東京))
    Locale (ロケール)
    Japanese (Japan) (日本語 (日本))
    Language (言語)
    Japanese (日本語)
  5. [Save & New (保存 & 新規)] をクリックします。
  6. 同じ手順に従って、アメリカに本拠を置くカスタマーサポート担当の Aaron Hartzler を追加します。デフォルトロケール設定は変更せず、次の詳細を使用します。
    Field (項目)
    Value (値)
    First Name (名)
    Aaron
    Last Name (姓)
    Hartzler
    Alias (別名)
    ahart (自動入力)
    Email (メール)
    (あなた自身のメールアドレスを入力してください)
    Username (ユーザ名)
    (メールアドレスが自動入力されます。前述のメモで説明した形式を使用して置き換えてください)
    Nickname (ニックネーム)
    ahartzler
    Title (役職)
    Customer Support Rep (カスタマーサポート担当)
    Department (部署)
    Customer Support (カスタマーサポート)
    Role (ロール)
    Customer Support, North America (カスタマーサポート、北米)
    User License (ユーザライセンス)
    Salesforce
    Profile (プロファイル)
    Standard User (標準ユーザ)
  7. [Save (保存)] をクリックします。

いくつかユーザを設定できたので、次のステップに進んでユーザが Chatter を使用できるようにしましょう。