進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム
予想時間

標準項目およびカスタム項目の操作

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • ビジネス要件を満たす新しいカスタム項目を作成し、数式、選択リスト、ルックアップを使用した正確なデータ入力を促進する。
  • ページレイアウトを使用して、ユーザが適切な項目にアクセスできるようにする。
  • レコードタイプとビジネスプロセスを使用して、複数のビジネスシナリオを管理する。
  • 履歴管理とデータ検証を使用して、データ品質を維持する。

はじめに

AW Computing は、Salesforce 環境を設定しました。ユーザが設定され、プロファイルが割り当てられ、レコードと項目へのアクセス権が設定されています。ただし、ユーザが必要なビジネス情報を取得するのに必要な項目を使用できるようにするために、さらにカスタマイズが必要です。そこで、システム管理者であるあなたの出番です。

最初に営業業務部門の責任者の Yuko Ishikawa から依頼を受けました。Yuko は、営業業務チームは営業の見込み調査のために [Account Rating (取引先 評価)] を使用しているが、取引先所有者はこの項目が何のためのものであるかを理解しておらず、この情報を正しく取得していないことを懸念していると言いました。チームがこの項目を適切に使用し、必要なデータをすべて取得できるように、項目の名前を変更し、使用方法についてのガイダンスを提供し、値を追加し、編集できるユーザを制限します。

それらの作業に取りかかる前に、営業チームとサポートチームのメンバーのプロファイルを作成します。

  1. 設定ギア ギアアイコン をクリックして [Setup (設定)] を選択します。
  2. [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Profiles (プロファイル) と入力し、[Profiles (プロファイル)] を選択します。
  3. [Standard User (標準ユーザ)] の横にある [Clone (コピー)] をクリックします。
  4. [Profile Name (プロファイル名)] に Sales User (営業ユーザ) と入力します。
  5. [Save (保存)] をクリックします。
  6. [Clone (コピー)] をクリックします。
  7. [Profile Name (プロファイル名)] に Support User (サポートユーザ) と入力します。
  8. [Save (保存)] をクリックします。

次に、[Rating (評価)] 項目の表示ラベルを「Prospect Rating」(見込み客評価) に変更します。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Rename Tabs (名称変更) と入力し、[Rename Tabs and Labels (タブと表示ラベルの名称変更)] を選択します。
  2. [Action (アクション)] 列で、[Accounts (取引先)] の前にある [Edit (編集)] をクリックします。
  3. [Next (次へ)] をクリックします。
  4. 標準項目のリストで [Rating (評価)] を見つけて、[Singular (単数形)] 列の [Rating (評価)] を Prospect Rating (見込み客評価) に変更します。[Rating (評価)] 項目の名前が [Prospect Rating (見込み客評価)] に変更されていることを示す [Rename Tabs and Labels (タブと表示ラベルの名称変更)] 画面。
  5. [Save (保存)] をクリックします。

次に、項目にヘルプテキストを追加し、[Account Rating Picklist (取引先 評価 選択リスト)] に新しい値を追加し、項目レベルのセキュリティを更新します。

  1. [Setup (設定)] から、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] をクリックし、[Account (取引先)] を選択します。
  2. [Fields & Relationships (項目とリレーション)] を選択します。
  3. [Prospect Rating (見込み客評価)] をクリックし、[Edit (編集)] をクリックします。
  4. 次のヘルプテキストを入力します。
    This indicates the likelihood of a sale being made to this account in the next six months. Cold indicates not likely. Warm indicates quite likely. Hot indicates very likely.
  5. [Save (保存)] をクリックします。
  6. [Account Rating Picklist Values (取引先 評価 選択リスト 値)] セクションで [New (新規)] をクリックします。
  7. [Add Picklist Values (選択リスト値の追加)] ボックスに Not Known (不明) と入力し、[Save (保存)] をクリックします。
  8. [Set Field-Level Security (項目レベルセキュリティの設定)] をクリックします。
  9. [Read-Only (参照のみ)] 列ヘッダーのチェックボックスをオンにします。
  10. [Read-Only (参照のみ)] 列の [Sales User (営業ユーザ)] チェックボックスをオフにします。
  11. [Save (保存)] をクリックします。

次に、営業ユーザとサポートユーザのみが編集できる「Has Support Plan」(サポートプランあり) というチェックボックス項目を作成します。

  1. [Setup (設定)] から、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] をクリックし、[Account (取引先)] を選択します。
  2. [Fields & Relationships (項目とリレーション)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  3. データ型として [Checkbox (チェックボックス)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックして、詳細を入力します。
    Field (項目) Value (値)
    Field Label (項目の表示ラベル)
    Has Support Plan (サポートプランあり)
    Default Value (デフォルト値)
    オフ
    Description (説明)
    Sales users use this field to indicate to Support which customers have support plans. (営業ユーザはこの項目を使用して、どの顧客にサポートプランがあるかをサポートに示します。)
    Help Text (ヘルプテキスト)
    Does this customer have a current support plan? Check this box when you sell a support plan to this customer. (この顧客には現在のサポートプランがありますか? この顧客にサポートプランを販売したときにこのボックスをオンにします。)
  4. [Next (次へ)] をクリックします。
  5. [Read-Only (参照のみ)] 列ヘッダーのチェックボックスをオンにします。
  6. [Read-Only (参照のみ)] 列の [Sales User (営業ユーザ)] と [Support User (サポートユーザ)] チェックボックスをオフにします。
  7. [Next (次へ)][Save & New (保存 & 新規)] の順にクリックします。

次に営業ユーザとサポートユーザのみが編集できる「Support Expiration Date」(サポート有効期限) 日付項目を作成します。

  1. データ型として [Date (日付)] を選択し、[Next (次へ)] をクリックして、詳細を入力します。
    Field (項目) Value (値)
    Field Label (項目の表示ラベル)
    Support Plan Expiration Date (サポートプラン有効期限)
    Description (説明)
    Expiration date of current support plan (現在のサポートプランの有効期限)
    Help Text (ヘルプテキスト)
    When is the current support plan due for renewal? (現在のサポートプランの更新期限はいつですか?)
  2. [Next (次へ)] をクリックします。
  3. [Read-Only (参照のみ)] 列ヘッダーのチェックボックスをオンにします。
  4. [Read-Only (参照のみ)] 列の [Sales User (営業ユーザ)] と [Support User (サポートユーザ)] チェックボックスをオフにします。
  5. [Next (次へ)][Save (保存)] の順にクリックします。

これで、Yuko の営業業務チームが必要なデータを取得できるようになりました。次のステップに進んで、選択リストを作成しましょう。