進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

レコードタイプの作成

Noah Larkin には、他にもいくつか、このチームのために調整したいことがあります。Noah はページレイアウトを設定してほしいと考えていますが (このプロジェクトの次のステップ)、まず下準備としてレコードタイプを作成する必要があります。レコードタイプによって、ユーザがアクセスできるビジネスプロセス、ページレイアウト、選択リスト値が決まります。

レコードタイプを設定すれば、Noah のコンサルティングチームがカスタマー取引先を参照するときに、パートナー取引先も表示されることがなくなります。また、コンサルティングやトレーニングにパートナーを利用している場合、チームは業種項目の長い値リストをスクロールする必要があります。レコードタイプを作成することで、そのような場合に [Consulting (コンサルティング)] か [Education (教育)] を選択すればよいだけになります。それでは始めましょう。 

レコードタイプの作成

「Customer Account」(カスタマー取引先) という新しい取引先レコードタイプを作成します。

  1. [Setup (設定)] から、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] をクリックし、[Account (取引先)] を選択します。
  2. [Record Types (レコードタイプ)] を選択し、[New (新規)] をクリックして、詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Existing Record Type (既存のレコードタイプ)
    Master (マスタ)
    Record Type Label (レコードタイプの表示ラベル)
    Customer Account (カスタマー取引先)
    Description (説明)
    For customers and prospects (顧客および見込み客用)
    Active (有効)
    オン
  3. [Make Available (使用可能に設定)] 列ヘッダーで、チェックボックスをオフにします。
  4. [Make Available (使用可能に設定)] 列で、次のプロファイルをオンにします。
    • Sales User (営業ユーザ)
    • System Administrator (システム管理者)
  5. [Next (次へ)] をクリックします。
  6. [Apply one layout to all profiles (1 つのレイアウトをすべてのプロファイルに適用する)] ラジオボタンが選択されていることを確認します。
  7. [Select Page Layout (ページレイアウトの選択)] リストで [Account Layout (取引先レイアウト)] を選択します。
  8. [Save (保存)] をクリックします。

[Industry (業種)] 選択リスト値を編集して、[Consulting (コンサルティング)] と [Education (教育)] を削除します。

  1. [Action (アクション)] 列で、[Industry (業種)] 項目の横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  2. [Selected Values (選択済みの値)] リストで、Ctrl/Command キーを押したまま [Consulting (コンサルティング)][Education (教育)] を選択します。 選択可能な値と選択済みの値が表示された選択リスト値のリスト。[Remove (削除)] 矢印が強調表示されています。
  3. [Remove (削除)] 矢印をクリックします。
  4. [Save (保存)] をクリックします。

「Partner Account」(パートナー取引先) という新しい取引先レコードタイプを作成します。

  1. 引き続きオブジェクトマネージャの [Account (取引先)] オブジェクトが表示された状態で、[Record Types (レコードタイプ)] を選択し、[New (新規)] をクリックします。
  2. [Existing Record Type (既存のレコードタイプからコピーする)] で、選択リストから [Master (マスタ)] が選択されていることを確認します。
  3. [Record Type Label (レコードタイプの表示ラベル)] に Partner Account と入力します。
  4. [Description (説明)] に For consulting partners と入力します。
  5. [Active (有効)] チェックボックスをオンにします。
  6. [Make Available (使用可能に設定)] 列で、次のプロファイルをオンにします。
    • Partner App Subscription User (パートナーアプリケーションサブスクリプションユーザ)
    • Partner Community Login User (パートナーコミュニティログインユーザ)
    • Partner Community User (パートナーコミュニティユーザ)
  7. [Next (次へ)] をクリックします。
  8. [Apply one layout to all profiles (1 つのレイアウトをすべてのプロファイルに適用する)] ラジオボタンが選択されていることを確認します。
  9. [Select Page Layout (ページレイアウトの選択)] リストで [Account Layout (取引先レイアウト)] を選択します。
  10. [Save (保存)] をクリックします。

[Industry (業種)] 選択リスト値を編集して、[Consulting (コンサルティング)] と [Education (教育)] のみが含まれるようにします。

  1. [Action (アクション)] 列で、[Industry (業種)] 項目の横にある [Edit (編集)] をクリックします。
  2. [Selected Values (選択済みの値)] リストで、Shift キーを押したまま、最初の値と最後の値を選択します。これで、リストのすべての値が選択されます。
  3. Ctrl/Command キーを押したまま [Consulting (コンサルティング)][Education (教育)] をクリックして選択解除します。
  4. [Remove (削除)] 矢印をクリックし、[Consulting (コンサルティング)] と [Education (教育)] のみが [Selected Values (選択済みの値)] に残るようにします。
  5. [Save (保存)] をクリックします。

[Type (種別)] 選択リスト値を編集して、[Channel Partner/Reseller (チャネルパートナー/再販業者)]、[Installation Partner (インストールパートナー)]、[Technology Partner (テクノロジパートナー)]、[Other (その他)] のみが含まれるようにします。

  1. [Action (アクション)] 列で、[Type (種別)] 項目の横にある [Edit (編集)] をクリックし、選択リスト値を編集します。
  2. [Selected Values (選択済みの値)] リストで、Ctrl/Command キーを押したまま [Prospect (見込み客)][Customer - Direct (顧客 - 直接)][Customer - Channel (顧客 - チャネル)] を選択します。
  3. [Remove (削除)] をクリックします。
  4. [Save (保存)] をクリックします。 目的の値のみが [Selected Values (選択済みの値)] 列に表示されている選択リスト値。

レコードタイプを作成することで Noah のいくつかの懸念を解消することができました。次のステップに進んで、依頼されているページレイアウトに取り組みましょう。