Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

Salesforce Starter でビジネスの成長を実現

営業、サービス、マーケティングをカバーする 1 つのアプリで顧客との関係を深める

30 日間の無料トライアルを開始
予想時間

Manage Reported Data

Trail Together の動画

エキスパートの説明を見ながらこのステップを進めて行きたい場合は、Trail Together シリーズの一部である、こちらの動画をご覧ください。

(巻き戻して最初から見直したい場合、このクリップは 51:45 分から開始されます。)

レポートを CSV としてエクスポート

Salesforce のレポートとダッシュボードは優れていますが、データをエクスポートして、スプレッドシートソフトウェアで操作できれば便利な場合もあるでしょう。問題ありません。Salesforce では、レポートの詳細を .CSV 形式または .XLS 形式でエクスポートできます。お気に入りのスプレッドシートソフトウェアを使用して、必要に応じてデータをさらに操作します。エクスポートには、書式、グルーピング、小計は含まれません。

CEO は印刷および調整可能な「Users Not Logged in Last 7 Days (過去 7 日間ログインしなかったユーザー) 」レポート出力を求めています。

Users Not Logged in Last 7 Days レポートを実行します。

  1. [Reports (レポート)] タブをクリックします。
  2. [Users Not Logged in Last 7 Days] (過去 7 日間ログインしなかったユーザー) レポートをクリックします。

レポートデータを .csv ファイルとして保存します。

  1. [Edit (編集)] の横にある矢印 下矢印アイコン。 をクリックします。
  2. [Export (エクスポート)] をクリックします。
  3. [Details Only (詳細のみ)] をクリックし、次のオプションを選択します。
    • Format (形式): Comma Delimited .csv (カンマ区切り形式 .csv)
    • Encoding (エンコード): ISO-8859-1 (General US & Western European, ISO-LATIN-1) (ISO-8859-1 (米国一般および西ヨーロッパ、ISO-LATIN-1))
  4. [Export (エクスポート)] をクリックします。
  5. コンピューター上でファイルを見つけて開きます。レポートデータはスプレッドシートソフトウェアで表示され、操作と印刷ができます。
  6. ファイルに Users Not Logged in Last 7 Days Export Details (過去 7 日間ログインしなかったユーザーのエクスポート詳細)と名前を付けて保存します。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる