Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

Salesforce Starter でビジネスの成長を実現

営業、サービス、マーケティングをカバーする 1 つのアプリで顧客との関係を深める

30 日間の無料トライアルを開始
予想時間

Filter Your Reports

Trail Together の動画

エキスパートの説明を見ながらこのステップを進めて行きたい場合は、Trail Together シリーズの一部である、こちらの動画をご覧ください。

(巻き戻して最初から見直したい場合、このクリップは 22:36 分から開始されます。)

メモ

アクセシビリティ

このステップではスクリーンリーダーのユーザー向けに指示が追加されている部分があります。このステップの詳細なスクリーンリーダー版を表示するには、以下のリンクをクリックしてください。

Trailhead スクリーンリーダー版を開く

レポートの検索条件の使用

[Add (追加)] ボタンを使用するか、プレビューペインから項目をドラッグして、レポートに検索条件を 20 個まで直接追加できます。さらに、「and」、「or」、「not」演算子を使った検索条件を使用することもできます。次の関係者であるマーケティング担当部長のニーズを満たし、検索条件と検索条件ロジックのしくみを見てみましょう。

彼は、テキサス州、ノースカロライナ州、イリノイ州、およびニューヨーク州に拠点を置き、評価が Hot (見込み有り) または Warm (将来見込みあり) であるか、年間売上が 200 万ドルを超える全取引先のリストを見たいと考えています。

新しい取引先レポートを作成します。

  1. [Reports (レポート)] をクリックします。
  2. [New Report (新規レポート)] をクリックします。
  3. 左側の [Recently Used (最近使用)] で、[All (すべて)] をクリックします。
  4. [Search Report Types (レポートタイプを検索)] に Accounts (取引先) と入力し、[Accounts (取引先)] を選択します。
  5. [Start Report (レポートを開始)] をクリックします。
  6. レポートビルダーの右上にある [Update Preview Automatically (自動的にプレビューを更新)] が有効になっていることを確認します。
  7. [Filters (検索条件)] ペインをクリックします。
  8. [Show Me (表示)] をクリックして、[All Accounts (すべての取引先)] を選択し、[Apply (適用)] をクリックします。
  9. [Created Date (作成日)] をクリックし、[Range (範囲)] 選択リストから [All Time (常時)] を選択し、[Apply (適用)] をクリックします。
  10. [Outline (アウトライン)] ペインをクリックして、次の項目の横にある [X] をクリックし、レポートから次の列を削除します。
    - Last Activity (最終活動日)
    - Last Modified Date (最終更新日)
  11. [Fields (項目)] ペインをクリックし、項目のリストを展開します。
    強調表示されている [Filters (検索条件)] ペイン
  12. [Annual Revenue (年間売上)] をダブルクリックしてレポートに追加します。
  13. [X] をクリックして [Fields (項目)] ペインを閉じます。
  14. [Annual Revenue (年間売上)] 列をクリックしてドラッグし、[Account Name (取引先名)] 列と [Billing State/Province (都道府県 (請求先))] 列の間に配置します。

必要な検索条件と検索条件ロジックを追加します。

  1. [Filters (検索条件)] ペインをクリックします。
  2. [Add filter.. (検索条件を追加..)] 検索ボックスで Type (種別) を検索して選択します。
  3. [Operator (演算子)] 項目で、ドロップダウンメニューから [contains (次の文字列を含む)] を選択します。
  4. 値項目に customer (顧客) と入力します。
  5. [Apply (適用)] をクリックします。
    レポートの検索条件ロジックの設定
  6. 上記のステップ 2 ~ 5 を繰り返し、次の 3 つの検索条件を作成します。
    1. Field (項目): Billing State/Province (都道府県(請求先)) - Operator (演算子): equals (次の文字列と一致する) - Value (値): TX,NC,IL,NY
    2. Field (項目): Rating (評価) - Operator (演算子): equals (次の文字列と一致する) - Value (値): Hot, Warm (見込みあり, 将来見込みあり)
    3. Field (項目): Annual Revenue (年間売上) - Operator (演算子): greater or equal (>=) - Value (値): 2000000
      メモ: 年間売上は 200 万 (ゼロが 6 つ) です。
  7. [Filters (検索条件)] ペインで、[Filters (条件)] の横にある矢印 下矢印アイコン をクリックし、[Add Filter Logic (検索条件ロジックを追加)] をクリックします。
    検索条件オプション
  8. [Edit Filter Logic (検索条件ロジックを編集)] で、ロジックを 1 AND 2 AND (3 OR 4) に変更し、[Apply (適用)] をクリックします。

レポートに「Central and Eastern Target Accounts」(合衆国中部および西部の重要取引先) と名前を付けて [Marketing Reports (マーケティングレポート)] フォルダーに保存します。

  1. [Save & Run (保存 & 実行)] をクリックし、[Save Report (レポートの保存)] の詳細を入力します。
    1. Report Name (レポート名): Central and Eastern Target Accounts (合衆国中部および西部の重要取引先)
    2. [Report Unique Name (レポートの一意の名前)] テキストボックスの中をクリックして、一意な名前を自動入力します。このレポートの一意な名前はチェックされないので心配は要りません。
    3. Report Description (レポートの説明): Who are our important customers in the Central and Eastern states? (合衆国中部および西部の重要な顧客は?)
  2. [Select Folder (フォルダーを選択)] をクリックして、[Global Sales Reports (Global Sales レポート)] フォルダーから [Marketing Reports (マーケティングレポート)] を選択し、[Select Folder (フォルダーを選択)] をクリックします。
  3. [Save (保存)] をクリックします。
    Central Eastern Target Accounts (合衆国中部および東部の重要取引先) レポート

相対日付の使用

Close Date > Jan 1, 2020 のようにカレンダーの日付でデータを絞り込む代わりに、Close Date = THIS YEAR のようにレポートを相対日付で絞り込みます。Salesforce ではこの値が認識されます。

CEO は Salesforce のユーザーによる採用を非常に重視しており、ユーザーライセンスが最大限に活用されるようにしたいと考えています。CEO は、この 7 日間 Salesforce にログインしていないすべてのユーザーと、ユーザーのログインアクセスの有効期限を示す週次レポートが見たいと言っています。これを実行するにはどうしたらよいでしょうか?

[Users (ユーザー)] レポートタイプをカスタマイズし、過去 7 日間ログインしなかったユーザーが表示されるようにします。

  1. [Reports (レポート)] をクリックします。
  2. [New Report (新規レポート)] をクリックします。
  3. 左側の [Recently Used (最近使用)] で、[All (すべて)] をクリックします。
  4. [Search Report Types (レポートタイプを検索)] に Users (ユーザー) と入力し、[Users (ユーザー)] を選択します。
  5. [Start Report (レポートを開始)] をクリックします。
  6. レポートビルダーの右上にある [Update Preview Automatically (自動的にプレビューを更新)] が有効になっていることを確認します。
  7. [Outline (アウトライン)] パネルをクリックします。
  8. [Add column... (列を追加...)] 検索ボックスに login access (ログインアクセス) と入力し、[Login Access Exp.Date (ログインアクセス期限日)] を選択します。
  9. [Filters (検索条件)] ペインをクリックします。
  10. [Last Login Filter (最終ログイン)] をクリックします。
  11. [Date (日付)] の下の [Last Login (最終ログイン)] をクリックし、ドロップダウンリストから [Login Access Exp.Date (ログインアクセス期限日)]を選択します。
  12. [Range (範囲)] は [All Time (常時)] のままにして、[Apply (適用)] をクリックします。
  13. [Add filter... (検索条件を追加..)] 検索ボックスに Last Login (最終ログイン) と入力し、[Last Login (最終ログイン)] を選択します。
  14. 次の詳細を入力して検索条件を作成します。
    • [Operator (演算子)] には、[not equal to (次の文字列と一致しない)] を選択します。
    • [Use relative date (相対日付を使用)] をクリックし、LAST 7 DAYS (過去7日間) と入力します。
    • [Apply (適用)] をクリックします。
      相対日付条件
  15. [Save & Run (保存 & 実行)] をクリックします。
  16. [Report Name (レポート名)] に Users Not Logged in Last 7 Days (過去 7 日間ログインしなかったユーザー) と入力します。
  17. [Report Unique Name (レポートの一意の名前)] テキストボックスの中をクリックして、一意な名前を自動入力します。このレポートの一意な名前はチェックされないので心配は要りません。
  18. [Report Description (レポートの説明)] に Who hasn’t logged in the last 7 days? (過去 7 日間にログインしなかったユーザーは?) と入力します。
  19. [Select Folder (フォルダーを選択)] をクリックして、[Global Sales Reports (Global Sales レポート)] フォルダーから [Adoption (採用レポート)] を選択し、[Select Folder (フォルダーを選択)] をクリックします。
  20. [Save (保存)] をクリックします。
無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる