Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

レコード変数の設定

学習の目的

このプロジェクトでは、Flow Builder を使用して、次のことを行うセルフ登録フローを作成します。

  • お客様がポータルにセルフ登録できる。
  • お客様から情報を取得する。
  • ユーザーがコミュニケーション設定を保存する個人レコードを作成する。
  • 個人レコードの情報を基に取引先責任者レコードを更新する。
メモ

メモ

日本語で受講されている方へ
このバッジの Trailhead ハンズオン Challenge は英語以外の言語には対応していません。Trailhead Playground の [言語] を [English]、[地域] を [アメリカ合衆国] に切り替えてください。こちらの指示に従ってください。

はじめに

このプロジェクトでは、セルフ登録ログインフローを作成する手順について説明します。ログインフローで、ログイン操作をカスタマイズし、ビジネスプロセスを Salesforce 認証に統合します。この例では、ユーザーにデータプライバシー設定を選択してもらいます。このプロジェクトを修了する時点で上記のすべてを実行するフローが完成し、このフローを「ポータルのセルフ登録」モジュールで使用できます。では始めましょう!

新しい Trailhead Playground を作成する

このプロジェクト用に、新しい Trailhead Playground を作成する必要があります。このページの一番下までスクロールして Playground 名をクリックし、[Playground を作成] をクリックします。新しい Trailhead Playground を作成するには、通常 3、4 分かかります。 

注意: 必ず新しい Trailhead Playground を使用してください。既存の組織または Playground を使用すると、Challenge を行うときに問題が発生することがあります。

全体的なフローの設計

Flow Builder の最終的なフローは次のようになります。

すべての要素が入った最終フロー

このフローには 5 つの要素があり、それぞれ次の機能を果たします。

  1. ユーザーの情報を取得する
  2. お客様にデータプライバシー設定を確認する
  3. プライバシー設定に基づいて個人レコードを作成する
  4. 正しいプライバシー設定で (ポータルへのセルフ登録ステップで作成した) 取引先責任者レコードを更新する
  5. ポータルへの歓迎メッセージを表示する

ただし、フローを設定する前に、フロー全体で使用するレコード変数 (詳細は、フロー変数の動画を参照) を設定しておく必要があります。

レコード変数を設定する

  1. [Setup (設定)] で [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Flows (フロー) と入力し、[Flow (フロー)] を選択します。
  2. [New Flow (新規フロー)] をクリックします。
  3. [Screen Flow (画面フロー)] を選択します。
  4. [Create (作成)] をクリックします。
  5. Toggle Toolbox (ツールボックスを切り替え) をクリックしてツールボックスを表示し、[New Resource (新規リソース)] をクリックします。
  6. [Resource Type (リソース種別)] ドロップダウンメニューから [Variable (変数)] を選択して、次のとおり入力します。
    1. API Name (API 参照名): contactId
    2. Data Type (データ型): Text (テキスト)
  7. 作業を保存します。

上記の手順を繰り返し、他の変数を以下のプロパティで作成します。1 つ作成するごとに作業を保存します。

Record Type (レコードタイプ) Values (値)

Variable (変数)

  • API Name (API 参照名): individualId
  • Data Type (データ型): Text (テキスト)

Variable (変数)

  • API Name (API 参照名): LoginFlow_UserId
  • Data Type (データ型): Text (テキスト)
  • [Available for input (入力で使用可能)] を選択します。

Variable (変数)

  • API Name (API 参照名): registrantsAccount
  • Data Type (データ型): Text (テキスト)

Variable (変数)

  • API Name (API 参照名): UserInfo
  • Data Type (データ型): Record (レコード)
  • Object (オブジェクト): User (ユーザー)

レコード変数には、Salesforce レコードの更新可能な項目値が格納されます。基本的に、ユーザーがフローを進行する際、この変数にデータが一時的に格納されます。

作業した内容を保存し損ねることほど空しいものはないため、ここで作業を保存しておきましょう。 

  1. [Save (保存)] をクリックします。
  2. フローに名前を付けます。
    1. Flow Label (フローの表示ラベル): Privacy Settings (プライバシー設定)
    2. Flow API Name (フローの API 参照名): Privacy_Settings
  3. [Show Advanced (詳細を表示)] をクリックします。
  4. 次の設定を選択します。
    1. How to Run the Flow (フローの実行方法): System Context Without Sharing—Access All Data (システムコンテキスト共有なし - すべてのデータにアクセス)
    2. Type (種別): Screen Flow (画面フロー) (すでに選択されているはずです)
  5. [Save (保存)] をクリックします。警告が表示された場合はキャンセルします。

変数を設定し、フローの作成を開始する準備ができました。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる