Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

レコード取得要素を使用してユーザー情報を収集する

メモ

メモ

日本語で受講されている方へ
このバッジの Trailhead ハンズオン Challenge は英語以外の言語には対応していません。Trailhead Playground の [言語] を [English]、[地域] を [アメリカ合衆国] に切り替えてください。こちらの指示に従ってください。

次は、ユーザーの情報を収集し、フローでユーザーにプライバシー設定を割り当てられるようにします。お客様がポータルにサインアップしたばかりの場合、本人が入力した情報がこのフローで使用されます。では、姓名とメールアドレスを取得してみましょう。

  1. [Screen Flow (画面フロー)設定)][End (終了)] の間にあるプラスアイコンをクリックし、[Get Records (レコードを取得)] 要素をクリックします (詳細は、レコード取得動画を参照)。
  2. [Label (表示ラベル)] に、Get User Info (ユーザー情報の取得) と入力します。この入力に基づいて [API Name (API 参照名)] 項目に Get_User_Info と自動入力されます。
  3. [Get Records of this Object (このオブジェクトのレコードを取得)] で、[User (ユーザー)] を選択します。
  4. [Condition Requirements (条件の要件)][All Conditions Are Met (AND) (すべての条件に一致 (AND))] を選択します。
  5. 次の項目と値を追加します。
    1. Field (項目): Id (User ID)
    2. Operator (演算子): Equals (次の文字列と一致する)
    3. Value (値): {!LoginFlow_UserId}
    4. How Many Records to Store (保存するレコード数): Only the first record (最初のレコードのみ)
    5. How to Store Record Data (レコードデータの保存方法): Choose fields and assign variables (advanced) (項目を選択して変数を割り当てる (高度))
    6. Where to Store Field Values (項目値の保存場所): Together in a record variable (1 つのレコード変数にまとめて保存)
  6. [Select Variable to Store User (ユーザーを保存する変数を選択)] で、レコード変数を追加します。
    1. Record (レコード): {!UserInfo}
  7. [User Fields to Store in Variable (変数に保存するユーザー項目)] を選択します。
    1. 次の項目を追加し、値を入力するたびに [Add Field (項目を追加)] をクリックします。
      1. FirstName
      2. LastName
      3. AccountId
      4. ContactId
  8. フローを保存します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる