ユーザオブジェクトに基づく利用者のターゲティング

地域でのマーケティング

前述したように、Ursa Major は本拠地の外に事業を急速に拡大しています。今では全国に顧客がいるため、Ursa Major は特定の地域に対する特定の情報のターゲティングに取り組んでいます。具体的には、地域の販売を促進するマーケティングアセットをポータルのホームページに表示したいと考えています。

ページバリエーションの作成

Ursa Major の Salesforce システム管理者の Maria が最初に行う必要があるのは、2 つのバージョンのホームページを作成することです。1 つは Chicago に拠点を置く顧客用で、もう 1 つはその他のすべての顧客用です。Chicago の関連会社は、現在の顧客が友人に Ursa Major を紹介した場合に大きな報奨を付与することを計画しています。マーケティング部門は Maria にアセットとメッセージングを手渡し、Maria はホームページのページバリエーションの作成に取り掛かります。

ヒント

ヒント

ページバリエーションは、ポータルの任意のページに追加できます。そうすることで、サイト全体で特定の利用者に対して特定のエクスペリエンスを用意することができます。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに Digital Experiences と入力し、[All Sites (すべてのサイト)] を選択します。
  2. Ursa Major ポータルの横にある [Builder (ビルダー)] をクリックします。
  3. [Home (ホーム)] をクリックし、設定の歯車 をクリックします。
  4. [Page Variations (ページのバリエーション)] (1) をクリックし、下矢印 (2) をクリックします。[Page Variations (ページのバリエーション)] ページの詳細
  5. [Duplicate (複製)] (3) をクリックします。新しいページバリエーションは [Home (1)] という名前になります。
  6. [Home (1)] の近くの 下矢印 をもう一度クリックし、[Rename (名前を変更)] をクリックします。
  7. 名前を「Chicago Home Page」(Chicago ホームページ) に変更します。

これで Chicago 用のページバリエーションができたので、これをカスタマイズできます。

  1. [Chicago Home Page (Chicago ホームページ)] で、Lightning コンポーネントリスト をクリックしてコンポーネントリストにアクセスします。
  2. 新しい [Rich Content Editor (リッチコンテンツエディタ)] コンポーネントをページにドラッグします。
  3. [Edit Content (コンテンツの編集)] をクリックし、「To all our Chicago customers: Tell your friends and family about our amazing products! When they buy, you'll get $500.」 (Chicago のお客様へ: お友達やご家族に当社の製品をご紹介ください! 紹介された方が購入すると紹介者に 500 ドルを差し上げます。) というテキストを追加します。フォントのサイズ、種類、色を変更して、目立つようにします。次に例を示しますが、フォントや色は自由に変更してください。 Chicago ユーザに向けたメッセージを含むページバリエーション

次に、Chicago 以外の利用者向けのページバリエーションをカスタマイズできます。

  1. [Home (ホーム)] をクリックして [Home (ホーム)] ページバリエーションに切り替えます。[Rich Content Editor (リッチコンテンツエディタ)] コンポーネントをクリックし、「Thank you for trusting us with your solar power needs! (当社の太陽光発電製品をご利用いただきありがとうございます。)」というテキストを追加します。次のように表示されます。
Thank you for trusting us with your solar power needs (当社の太陽光発電製品をご利用いただきありがとうございます。)

2 つのページができました。次に、各ページバリエーション用に 1 つずつ、合わせて 2 種類の利用者が必要です。

利用者の設定

Maria は 2 種類の利用者を設定します。それによって、Chicago の顧客が Ursa Major ポータルを表示すると Chicago 限定のメッセージングが表示されます。その他のすべての顧客には Chicago 限定ではないメッセージングが表示されます。Maria の手順を追ってみましょう。

  1. [Home (ホーム)] をクリックし、設定の歯車 をクリックします。
  2. [Page Variations (ページのバリエーション)] をクリックします。
  3. 利用者アイコン[New Audience (新規利用者)] の順にクリックして、利用者を作成し、次の情報を入力します。
  4. Audience Name (利用者名): Chicago Customers (Chicago 顧客)
  5. Criteria Type (条件種別): User (ユーザ) > City (市区群)
  6. Operator (演算子): Equals (次の文字列と一致する)
  7. Value (値): Chicago
  8. 検索アイコンをクリックし [Chicago] を選択します。
  9. [Save (保存)] をクリックします。
  10. [Done (完了)] をクリックします ([Done (完了)] ボタンが表示されない場合は下にスクロールしてください)。
[New Audience (新規利用者)] の UI

できました! Chicago に住む人で構成される利用者を作成できました。

ここではユーザオブジェクトの [City (市区群)] 項目を使用して場所を指定しましたが、利用者のターゲティングにはユーザオブジェクト以外の多くの項目も使用できます。それには、項目のトラバースを使用します。つまり、ユーザオブジェクトから他のオブジェクトにトラバースすることによって項目を対象にすることができます。たとえば、取引先オブジェクトの項目を対象にするには、ユーザから取引先責任者、取引先の順にトラバースし、項目を対象にします。次に、この利用者を先ほど作成した Chicago 限定のホームページに割り当て、表示をテストする必要があります。

  1. [Page Variations (ページのバリエーション)] タブで [Chicago Home Page (Chicago ホームページ)] の横にある 下矢印 をクリックします。
  2. [Assign audience (利用者を割り当て)] アイコン をクリックします。
  3. [Chicago Customers (Chicago 顧客)] | [Assign (割り当て)] をクリックします。
  4. [Done (完了)] をクリックします ([Done (完了)] ボタンが表示されない場合は下にスクロールしてください)。

簡単ですね。

利用者では、その他にも標準とカスタムの権限条件種別、AND と OR によって条件を組み合わせたロジックステートメント、数式項目などの強力なツールを使用できます。

次に、ポータルを公開して有効化し、Ursa Major の顧客に表示される内容を確認しましょう。

  1. エクスペリエンスビルダーで [Publish (公開)] をクリックし、確認ダイアログでもう一度 [Publish (公開)] をクリックしてから [Got It (了解)] をクリックします。
  2. [Administration (管理)] に移動するビルダーアイコン をクリックして [Administration (管理)] に移動します。
  3. [Settings (設定)] をクリックします (デフォルトですでに [Settings (設定)] が開いている場合もあります)。
  4. [Activate (有効化)] をクリックし、[OK] をクリックします。

これで、自分のメールアドレスを使用して作成した各ユーザについてのメールを受信できるようになります。次に、ポータルユーザの Edna Frank と Tim Barr がポータルにログインしたときに表示される内容を見てみましょう。

  1. Salesforce 組織 (Trailhead Playground) に戻ります。組織でタブが開いているはずですが、開いていない場合はエクスペリエンスビルダーの [Salesforce Setup (Salesforce の設定)] に移動するビルダーアイコン をクリックし、[Salesforce Setup (Salesforce の設定)] を開きます。
  2. アプリケーションランチャー をクリックして、[Contacts (取引先責任者)] を選択します。
  3. [Edna Frank] をクリックします。
  4. 下矢印 をクリックして、[Log in to Site as User (ユーザとしてサイトにログイン)] を選択します。

ポータルに汎用の Ursa Major メッセージングが表示されます。

Tim Barr についても同じ手順を実行します。先ほどとは異なり、Tim には Chicago 限定のメッセージングが表示されます。彼のユーザ詳細ページで市区群を Chicago に変更したのを覚えていますか? その設定のおかげで、Tim に必要な情報が表示されます。

システム管理者としてポータルにアクセスすると何が表示されるでしょうか? アプリケーションランチャー をクリックし、[Ursa Major Portal] タイルをクリックしてポータルにアクセスします。自分のユーザ詳細ページで場所を Chicago に変更していなければ、Edna に表示されるのと同じデフォルトのホームページが表示されます。

これはもう 1 つの重要なポイントです。つまり、Tim Barr 以外でポータルにアクセス権を持つすべてのユーザにはデフォルトとのホームページが表示されます。ここで、Tucson の顧客向けにもう 1 つの利用者を設定したいとします。その場合は、Chicago と Tucson のページバリエーションに割り当てられたユーザを除くすべてのユーザにデフォルトのホームページが表示されます。

さまざまな可能性について考えてみてください。ポータルは、さまざまな条件に基づいてパーソナライズできます。大いに楽しんでください。いろいろ試してみましょう。

設定の確認は行いません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、プロジェクトの次のステップへ進んでください。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる