コンポーネントとブランドセットへの利用者の割り当て

コンポーネントレベルの利用者ターゲティング

利用者を特定のポータルやコミュニティのページに移動させる方法がわかったところで、皆さんはおそらく「もっといろいろなことをしたい!」と思っているのではないでしょうか。Maria も同じことを考えていて、ページをさらにパーソナライズする方法についてブレーンストーミングを開始しました。

そして彼女はコンポーネントレベルでの利用者ターゲティングを発見しました。これはどういう意味かというと、2 つの異なる利用者に 1 つのページを表示し、コンポーネントごとに表示を設定できるということです。

この強力な機能を Maria がどのように使用するかを見てみましょう。現時点では、彼女は [Contact Us (お問い合わせ)] ページを変更して、Chicago に住む顧客にはサポート用に現地の電話番号が表示されるようにしたいと考えています。

Ursa Major はこの市場に進出したばかりなので、Chicago の顧客がカスタマーサポートへ直接アクセスできるようにしたいと考えています。丁重に扱って悪いことはありません。

その方法は次のとおりです。
  1. エクスペリエンスビルダーで [Contact Us (お問い合わせ)] ページに移動します。[Contact Us (お問い合わせ)] ページ
  2. Lightning コンポーネントアイコン をクリックし、[Rich Content Editor (リッチコンテンツエディタ)] コンポーネントをページにドラッグします。
  3. コンポーネントのプロパティエディタで [Edit Content (コンテンツの編集)] をクリックし、「Call 312-URS-MAJR to talk directly to our support agents.」(サポートエージェントと直接話すには 312-URS-MAJR にお電話ください。) というテキストを入力します。(フォントのサイズや色は好きなように設定して構いません。)
  4. コンポーネントのプロパティエディタで 下矢印 をクリックし、[Assign (割り当て)] をクリックします。
  5. [Chicago Customers (Chicago 顧客)] | [Assign (割り当て)] をクリックします。
  6. [Done (完了)] をクリックします。
  7. [Publish (公開)] をクリックし、確認ダイアログでもう一度 [Publish (公開)] をクリックしてから [Got It (了解)] をクリックします。

成功です! これで、Chicago の顧客のみに Ursa Major の現地のサポートの電話番号が表示されるようになりました。メンバーとしてポータルにログインして各ユーザに表示される内容を確認しましょう。

コンポーネントを特定の利用者に割り当てると、表示設定について知らせる視覚的なヒントがページ上にいくつか表示されます。まず、特定のコンポーネントに利用者が割り当てられているすべてのページの上部には次のメッセージが表示されます。

コンポーネントが特定の利用者に表示されていることを示す UI テキスト

さらにエクスペリエンスビルダーでは、利用者が割り当てられているコンポーネントは紫の線で囲まれます。そのため、システム管理者はページ上のどのコンポーネントが特定の利用者に表示されるかを一目で確認できます。

利用者が割り当てられていることを示す紫の線で囲まれているコンポーネント

では、ページバリエーションとコンポーネント表示はどのように使い分ければよいのでしょうか? 対象となるページを大きく変更する必要がある場合は、別のバリエーションを作成することを検討します。いくつかのコンポーネントの表示のみを制御する場合は、1 つのページバリエーションを保持してコンポーネントのターゲティングを使用します。ページバリエーションを作成すると、各バリエーションを別個に管理する必要があるため、1 つのページをデフォルトとして使用していくつかの項目を変更すればよいだけの場合はコンポーネントバリエーションが効率的です。

ブランドセットを使用した利用者ターゲティング

ページとコンポーネントのターゲティングの後に、Maria はブランドセットに注目します。エクスペリエンスビルダーのブランドセットでは、コミュニティの色、画像、フォントを制御します。たとえば、Maria が Chicago の人向けに野球チームの Chicago Cubs がワールドシリーズで勝ったことを祝う画像をアップロードしたいとします。その場合、画像をブランドセットに追加し、利用者を設定して Chicago の顧客のみに画像が表示されるようにします (ライバルチームの地元である St. Louis の人は祝う気分ではないかもしれません)。利用者ターゲティングのその他のすべての場合と同じように、特定の利用者に属さないユーザにはデフォルト設定が表示されます。

Maria が Chicago の顧客向けのブランドセットを変更する手順を見てみましょう。

  1. エクスペリエンスビルダーで ブランドアイコン をクリックします。
  2. 下矢印 をクリックし、[Manage Branding Sets (ブランドセットを管理)] をクリックします。
  3. [Customer Account Portal (カスタマー取引先ポータル)] ブランドセットの横にある 下矢印 をクリックし、[Duplicate (複製)] をクリックします。
  4. 新しいブランドセットの横にある 下矢印 をクリックし、[Rename (名前を変更)] をクリックします。
  5. 新しいブランドセットの名前を「Chicago Branding Set」(Chicago ブランドセット) に変更し、[Save (保存)] をクリックします。これで [Customer Account Portal (カスタマー取引先ポータル)] と [Chicago Branding Set (Chicago ブランドセット)] の 2 つのブランドセットができました。[Chicago Branding Set (Chicago ブランドセット)] タイル
  6. [Chicago Branding Set (Chicago ブランドセット)] タイルで、[Colors (色)] をクリックします。ブランドセットの [Colors (色)]
  7. [Colors (色)] で、[Page Background Color (ページの背景色)] や [Header Background Color (ヘッダーの背景色)] を自由に変更します。エクスペリエンスビルダーのカラーパレット ページの色はすぐに変更されます。
  8. [Chicago Branding Set (Chicago ブランドセット)] タイルで 下矢印 をクリックし、[Assign (割り当て)] をクリックします。
  9. [Chicago Customers (Chicago 顧客)] | [Assign (割り当て)] をクリックします。
  10. [Done (完了)] をクリックします。
  11. [Publish (公開)] をクリックし、確認ダイアログでもう一度 [Publish (公開)] をクリックしてから [Got It (了解)] をクリックします。

次に、Tim Barr としてログインし、その後 Edna Frank としてログインすることで、ブランドセットの表示をテストします。Tim Barr としてログインするとポータルの新しい色が表示され、Edna Frank としてログインするとデフォルトの色が表示されます。

条件に基づく利用者の使用に関する考慮事項

条件に基づく利用者は適切なコンテンツを使用してコミュニティの特定のメンバーのターゲティングを行う優れた方法です。ただし、使用する場合にはいくつかの考慮事項があります。

ターゲティングを行っているページバリエーション上でコンポーネントでもターゲティングを行う場合は、次のことに注意してください。たとえば、ページバリエーションに San Francisco の利用者を割り当てると、San Francisco のすべてのメンバーにページが表示されます。このページ上のコンポーネントに会社名の利用者条件を追加すると、そのコンポーネントは San Francisco にいて、かつその会社に勤務しているメンバーにのみ表示されます。けれども、そのコンポーネントに California の利用者を割り当てると、すでにページ全体がより限定的な San Francisco の利用者に割り当てられているので、San Francisco の外にいる利用者にはそのコンポーネントは表示されません。

パフォーマンスに関するベストプラクティス
  • 場所条件は広くします。その場所で得られるトラフィックが多くないようであれば、さらに広い地域を使用してみます。たとえば、市区群の代わりに都道府県や国などを使用します。
  • ページへのトラフィックを増やすには、利用者を組み合わせます。市区群のみが異なる複数の利用者を設定する代わりに、それらを組み合わせて 1 つの利用者とし、場所条件に各市区群を追加します。
場所条件に関する考慮事項
  • 場所はユーザの IP の場所であり、近隣の地域になる可能性があります。
  • Developer Edition 組織では、場所権限はデフォルトで有効ではありません。このエディションでこの機能を使用する場合は、Salesforce にお問い合わせください。
  • 一部の国では Google API の使用が許可されていません。それらの地域では、場所条件が機能しません。
ドメイン条件に関する考慮事項
  • 使用可能なドメインは Salesforce の [設定] で作成され、カスタム URL を使用してコミュニティに関連付けられます。
  • ドメイン条件は Sandbox または Developer Edition 組織では使用できません。
CRM 項目に基づく利用者に関する考慮事項
  • レコードタイプ条件をコンポーネントに割り当てることはできません。
  • テンプレートのヘッダーおよびフッターセクションのコンポーネントに利用者を割り当てることはできません。

まとめ

実行した内容を確認しましょう。最小限のポータルを作成し、ユーザを追加し、ページバリエーションと利用者を作成し、その利用者をページ、コンポーネント、ブランドセットに割り当てました。今度はここで新しく学習したことを利用して、特定の利用者を対象とした情報を含む素晴らしいコミュニティやポータルを作成してください。

設定の確認は行いません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、バッジを獲得します。