進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

事前作成済みダイアログの追加とオプションメニューのカスタマイズ

メインメニューへの事前作成済みダイアログの追加

このプロジェクトではこれ以降、Einstein ボットビルダーを使用してダイアログ、変数、エンティティを設定します。これらは、顧客とボットの間のやりとりを管理する要素です。

次に、メインメニューを変更して [End Chat (チャットを終了する)] と [Transfer to Agent (エージェントに転送)] を追加しましょう。

  1. [Main Menu (メインメニュー)] をクリックします。これが [Main Menu (メインメニュー)] ダイアログです。設定で指定したメニューオプション [Order Related (注文関連)] と [Appointment Related (予定関連)] で構成されています。
  2. [Show a menu (メニューを表示)] が選択されていることを確認します。 [Main Menu (メインメニュー)] ページで強調表示されている [Order Related (注文関連)] と [Appointment Related (予定関連)]
  3. [Select menu items (メニュー項目を選択)] 検索項目をクリックします。
  4. [Transfer to Agent (エージェントに転送)] を選択します。
  5. もう一度、項目内をクリックし、[End Chat (チャットを終了する)] を選択します。
  6. ページ右上の [Save (保存)] をクリックします。

ボットをプレビューするためのチャットボタンの設定

先に進む前に、チャットボタンが先ほど作成したボットを参照するようにする必要があります。このステップを実行しないと、ボットをプレビューできません。

  1. ドロップダウンメニューで [Overview (概要)] をクリックします。 ボットビルダーのドロップダウンで [Overview (概要)] が強調表示されています。
  2. [Channels (チャネル)] セクションで [Add (追加)] をクリックします。
  3. [Add Channel (チャネルを追加)] ウィンドウで、[Select an Option (オプションを追加)] ドロップダウンメニューから [Chat (チャット)] を選択します。
  4. [Deployment (リリース)] 検索ボックスに「Ursa Major」と入力し、[Ursa Major Solar Chat Agents (Ursa Major Solar チャットエージェント)] を選択します。
  5. [Require Agent Online (オンラインのエージェントが必要)] はオフのままにします。 [Add Channel (チャネルを追加)] ダイアログで、チャネルとして [Chat (チャット)] が選択されています。
  6. [Save (保存)] をクリックします。

これで、ボットがチャットボタンに対応付けられました。ボットをプレビューしてみましょう。

テストしましょう!

ボットをプレビューする前に、ボットを有効にする必要があります。

  1. [Overview (概要)] ドロップダウンから [Dialogs (ダイアログ)] ページに移動します。
  2. [Activate (有効化)] をクリックします。
  3. [Preview (プレビュー)] をクリックします。
  4. [Ursa Major Solar Chat Agents (Ursa Major Solar チャットエージェント)] ボタンの横にある [Submit (送信)] をクリックします。
  5. 組み込みサービスチャットが表示されます。[Agent Offline (エージェントがオフライン)] 状況が表示された場合は、再試行して待機します。この処理には、1 分ほどかかる場合があります。[Chat with an Expert (エキスパートとチャット)] をクリックして、ボットをプレビューします。
メモ

メモ

別の方法として、コミュニティのチャットウィジェットからボットをプレビューできます。[Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに「All Communities」(すべてのコミュニティ) と入力し、Ursa Major Solar コミュニティの横にある[Builder (ビルダー)] を選択します。次に、エクスペリエンスビルダーで [Preview (プレビュー)] をクリックします。

  1. チャットフォームに自分の名と姓、メールアドレス、件名を入力します。入力されていない項目があると、「There is a connection issue (接続の問題があります)」というエラーが発生します。
  2. [Start Chatting (チャットを開始)] をクリックします。

次のようにボットからの挨拶が表示されます。

挨拶とオプションが表示されている Jana ボット

設定した歓迎メッセージとメインメニューが表示されます。

オプションメニューのカスタマイズ

ボットオプションメニューの左下に 3 つの点 3 つの点または省略記号アイコン が表示されています。デフォルトでは、オプションは [Transfer to Agent (エージェントに転送)] ボタンのみです。[Main Menu (メインメニュー)] を追加して、顧客がチャット中にいつでも簡単にメインメニューオプションに戻れるようにしましょう。

Jana ボットの省略記号アイコンが強調表示され、[Transfer to Agent (エージェントに転送)] がフロート表示テキストとして表示されています。
  1. [Deactivate (無効化)] をクリックします。ボットを編集するには、無効化する必要があります。
  2. [Yes (はい)] をクリックして、無効化に同意します。これを実行すると、顧客にはエージェントが使用できないというメッセージが表示されます。
  3. [Main Menu (メインメニュー)] ダイアログの横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[Edit (編集)] を選択します。
  4. [Show in Bot Options Menu (ボットオプションメニューに表示)] をオンにします。この設定により、顧客はチャット中にすばやくダイアログを終了できるようになります。
  5. [Save (保存)] をクリックします。

テストしましょう!

  1. ボットを有効化します。
  2. [Ursa Major Solar Chat Agents (Ursa Major Solar チャットエージェント)] ボタンの横にある [Submit (送信)] をクリックします。
  3. [Chat with an Expert (エキスパートとチャット)] をクリックします。
  4. 事前チャットフォームのすべての項目に入力し、[Start Chatting (チャットを開始)]をクリックします。

3 本線アイコン。 をクリックすると、[Transfer to Agent (エージェントに転送)] と [Main Menu (メインメニュー)] のオプションが表示されます。

Jana ボットの 3 本線アイコンが強調表示され、[Transfer to Agent (エージェントに転送)] と [Main Menu (メインメニュー)] がフロート表示テキストとして表示されています。

実際に試してみましょう。3 本線アイコン。 をクリックし、[Main Menu (メインメニュー)] をクリックします。ボットにメインメニューがもう一度表示されましたか? 表示されていない場合は、[1 new message (1 件の新しいメッセージ)] リンクをクリックします。これは、顧客が非常に長いチャット中にメインメニューにすばやく戻りたい場合に便利です。

チャット内に [Main Menu (メインメニュー)] テキストが表示されている Jana ボット

設定の確認は行いません。[Verify Step (ステップを確認)] をクリックして、プロジェクトの次のステップへ進んでください。