候補者評価フローの作成

現時点では、AW Computing の採用担当マネージャは、候補者を評価するときに数字を手入力する必要があります。Ling Wu は、このプロセスを使いやすくするためにラジオボタンを使用したいと考えています。

これを設定するには、フローを作成します。フローは、ロジックの実行、Salesforce データベースの操作、ユーザからのデータ収集によってビジネスプロセスを自動化するもので、Flow Builder を使用して作成します。

経歴のラジオボタンの作成

フローの作成を開始します。

  1. [Setup (設定)] から [Quick Find (クイック検索)] ボックスに Flows(フロー) と入力し、[Flow (フロー)] を選択します。
  2. [New Flow (新規フロー)] をクリックします。
  3. [Flow Types (フロー種別)] で [Screen Flow (画面フロー)] を選択します。
  4. [Next (次へ)] をクリックします。
  5. [Freeform (自由形式)] をクリックします。
  6. レビュー情報を入力する画面要素を追加するために、パレットから [Screen (画面)] をフローウィンドウにドラッグします。
  7. [Label (表示ラベル)] に New Review (新規レビュー) と入力します。

次に、候補者の経歴を 1 (悪い) ~ 5 (非常に良い) のスケールで評価するためのラジオボタンと、コメントを入力するためのテキストボックスを追加します。

  1. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Radio Buttons (ラジオボタン)] をクリックします。
  2. [Label (表示ラベル)] 項目に Experience (経歴) と入力します([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  3. [Data Type (データ型)] を [Number (数値)] に設定します。
  4. [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[+New Resource (新規リソース)] を選択し、[Resource Type (リソース種別)] に [Choice (選択肢)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    API Name (API 参照名) Excellent (非常に良い)
    Choice Label (選択肢表示ラベル) Excellent (非常に良い)
    Data Type (データ型)
    Number (数値)
    Choice Value (選択肢の値)
    5
  5. [Done (完了)] をクリックします。
  6. [+Add Choice (選択肢の追加)] を 4 回クリックします。
  7. 2 つ目の [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[+New Resource (新規リソース)] を選択します。
  8. [Resource Type (リソース種別)] に [Choice (選択肢)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    API Name (API 参照名) Very Good (かなり良い)
    Choice Label (選択肢表示ラベル) Very Good (かなり良い)
    Data Type (データ型)
    Number (数値)
    Choice Value (選択肢の値)
    4
  9. [Done (完了)] をクリックします。
  10. 3 つ目の [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[+New Resource (新規リソース)] を選択します。
  11. [Resource Type (リソース種別)] に [Choice (選択肢)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    API Name (API 参照名) Average (普通)
    Choice Label (選択肢表示ラベル) Average (普通)
    Data Type (データ型)
    Number (数値)
    Choice Value (選択肢の値)
    3
  12. [Done (完了)] をクリックします。
  13. 4 つ目の [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[+New Resource (新規リソース)] を選択します。
  14. [Resource Type (リソース種別)] に [Choice (選択肢)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    API Name (API 参照名) BelowAverage (やや悪い)

    Choice Label (選択肢表示ラベル) Below Average (やや悪い)
    Data Type (データ型)
    Number (数値)
    Choice Value (選択肢の値)
    2
  15. [Done (完了)] をクリックします。
  16. 5 つ目の [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[+New Resource (新規リソース)] を選択します。
  17. [Resource Type (リソース種別)] に [Choice (選択肢)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    API Name (API 参照名) Poor (悪い)
    Choice Label (選択肢表示ラベル) Poor (悪い)
    Data Type (データ型)
    Number (数値)
    Choice Value (選択肢の値)
    1
  18. [Done (完了)] をクリックします。
  19. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Text (テキスト)] をクリックします。
  20. [Label (表示ラベル)] に Experience Comments (経歴に関するコメント) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。

これで、最初のラジオボタンセットができましたが、まだ画面の [Done (完了)] はクリックしないでください。 

リーダーシップスキルのラジオボタンの作成

経歴のラジオボタンとテキストの画面要素がフローに追加されたところで、リーダーシップスキルについてプロセスを繰り返します。

  1. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Radio Buttons (ラジオボタン)] をクリックします。
  2. [Label (表示ラベル)] に、Leadership Skills (リーダーシップスキル) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  3. [Data Type (データ型)] を [Number (数値)] に設定します。
  4. [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[# Excellent (# 非常に良い)] を選択します。
  5. [+Add Choice (選択肢の追加)] を 4 回クリックします。
  6. ステップ 4 を繰り返して、[Choice (選択肢)] 項目に [Very Good (かなり良い)][Average (普通)][Below Average (やや悪い)][Poor (悪い)] を追加します。
  7. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Text (テキスト)] をクリックします。
  8. [Label (表示ラベル)] に Leadership Skills Comments (リーダーシップスキルに関するコメント) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。

追加するラジオボタンがもう 1 セットあるため、まだ [Done (完了)] はクリックしないでください。

コア能力のラジオボタンの作成

コア能力について、もう 1 回プロセスを繰り返します。

  1. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Radio Buttons (ラジオボタン)] をクリックします。
  2. [Label (表示ラベル)] に Core Competencies (コア能力) と入力します。
  3. [Data Type (データ型)] を [Number (数値)] に設定します。
  4. [Choice (選択肢)] 項目をクリックして、[# Excellent (# 非常に良い)] を選択します。
  5. [+Add Choice (選択肢の追加)] を 4 回クリックします。
  6. ステップ 4 を繰り返して、[Choice (選択肢)] 項目に [Very Good (かなり良い)][Average (普通)][Below Average (やや悪い)][Poor (悪い)] を追加します。
  7. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Text (テキスト)] をクリックします。
  8. [Label (表示ラベル)] に Core Competencies Comments (コア能力に関するコメント) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。

画面要素の追加

最後に、画面要素をフローに追加して、採用担当者が候補者の採用を推奨できるチェックボックスとテキストボックスを作成します。

  1. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Checkbox (チェックボックス)] をクリックします。
  2. [Label (表示ラベル)] に Recommend for Hire (採用を推奨) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  3. 左側のパレットの [Input (入力)] セクションで [Text (テキスト)] をクリックします。
  4. [Label (表示ラベル)] に Reason Recommended (採用を推奨) と入力します。([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  5. [Done (完了)] をクリックして、ウィンドウを閉じます。

[New Review (新規レビュー)] ウィンドウは次のようになります。  

[New Review (新規レビュー)] 画面の入力

開始要素の設定

フローを作成できたので、フローの開始要素を設定します。

  1. [Start (開始)] 要素を [New Review (新規レビュー)] 画面要素に連結させるために、[Start (開始)] の円をクリックして押したまま、カーソルを [New Review (新規レビュー)] 要素にドラッグします。
  2. 2 つの要素が実線で連結されました。

次に、[Record Create (レコード作成)] 要素をフローに追加します。

  1. パレットから [Create Records (レコード作成)] 要素をフローウィンドウのパレットにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に createReview と入力します。API 参照名にはデフォルト値が設定されます。
  3. [How Many Records to Store (保存するレコード数)] で、[1] を選択します。
  4. [How to Set the Record Fields (レコード項目の設定方法)] で、[Use separate resources, and literal values (個別のリソースおよびリテラル値を使用)] を選択します。
  5. [Object (オブジェクト)] で、[Review (レビュー)] を選択します。
  6. [Set Field Values for the Review (レビューの項目値を設定)] で、[Field (項目)] ボックスをクリックし、[Job_Application_ _c] を選択します。
  7. [Value (値)] で、ボックスをクリックし、[+New Resource (リソース種別)] を選択して詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    Resource Type (リソース種別) Variable (変数)
    API Name (API 参照名) varJobAppId
    Data Type (データ型) Text (テキスト)
    Available for Input (入力で使用可能) Select (オン)
    Available for Output (出力で使用可能) Select (オン)
  8. [Done (完了)] をクリックします。
  9. [Job_Application_ _c] 項目に対応する [Value (値)] 項目をクリックして、先ほど作成した [varJobAppId] 変数を選択します。
  10. [+Add Field (項目の追加)] を 8 回クリックして、下の表に従って残りの値を対応付けます。(ヒント: [Field (項目)] または [Value (値)] の名前の最初の数文字を入力し、目的の名前が表示されたらそれをクリックします。)
    Field (項目)
    Value (値)
    Custom (カスタム):
    Core_Competencies_Comments__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Core_Competencies_Comments
    Custom (カスタム):
    Core_Competencies__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Core_Competencies
    Custom (カスタム):
    Experience_Comments__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Experience_Comments
    Custom (カスタム):
    Experience__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Experience
    Custom (カスタム):
    Leadership_Skills_Comments__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Leadership_Skills_Comments
    Custom (カスタム):
    Leadership_Skills__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Leadership_Skills
    Custom (カスタム):
    Reason_Recommended__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Reason_Recommended
    Custom (カスタム):
    Recommend_for_Hire__c
    Screen Components (画面コンポーネント):
    Recommend_for_Hire

画面が次のようになっていることを確認します。

レビューの項目値が設定された [Create Records (レコード作成)] ページの編集。

6.[Done (完了)] をクリックします。

7.[New Review (新規レビュー)] 画面要素を [createReview] 画面要素に連結させるために、[New Review (新規レビュー)] の円をクリックして押したまま、カーソルを [createReview] 要素にドラッグします。

画面要素の追加

次に、成功メッセージを表示する画面要素を追加します。

  1. パレットから [Screen (画面)] をフローウィンドウにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に Record Created (作成されたレコード) と入力します([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  3. 左側の [Screen Components (画面コンポーネント)] の下にある [Display Text (表示テキスト)] をクリックします。
  4. [API Name (API 参照名)] に RecordCreated と入力します。
  5. テキストボックスに、Your review record has been created successfully (レビューレコードが正常に作成されました) と入力します。テキストボックスの上にある [Insert a resource (リソースを挿入)] 項目は空のままにします。
  6. [Done (完了)] をクリックします。
  7. [createReview] 要素を [Record Created (作成されたレコード)] 要素に連結させます。

次に、データ要素の障害を表示する画面要素を追加します。

  1. パレットから [Screen (画面)] をフローウィンドウにドラッグします。
  2. [Label (表示ラベル)] に Display Faults (障害の表示) と入力します([API Name (API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます)。
  3. 左側の [Display (表示)] の下にある [Display Text (表示テキスト)] をクリックします。
  4. [API Name (API 参照名)] に Display_Fault_Message と入力します。
  5. [Insert a resource... (リソースを挿入...)] ボックスをクリックして、[Global Variables (グローバル変数)] の下にある [SFlow] を選択します。
  6. 次に、[FaultMessage] を選択して、[Done (完了)] をクリックします。
  7. [createReview] 要素を [Display Faults (障害の表示)] 要素に連結させます。
  8. フローが次のようになっていることを確認します。
    最終フローの表示
  9. [Save (保存)] をクリックします。
  10. [Flow Label (フローの表示ラベル)] に New Review (新規レビュー) と入力します。
  11. [Flow API Name (フローの API 参照名)] 項目にはデフォルト値が設定されます。
  12. [Show Advanced (詳細を表示)] をクリックします。
  13. [Type (種別)] で [Screen Flow (画面フロー)] を選択します。
  14. [Save (保存)] をクリックします。
  15. [Activate (有効化)] をクリックします。

フローのリリース

これで [New Review (新規レビュー)] フローが設定されたので、このフローを起動するカスタムボタンを作成します。

  1. [Setup (設定)] から、[Object Manager (オブジェクトマネージャ)] をクリックし、[Job Application (求人応募)] を選択します。
  2. [Buttons, Links, and Actions (ボタン、リンク、およびアクション)] をクリックします。
  3. [New Button or Link (新規ボタンまたはリンク)] を選択します。
  4. [Label (表示ラベル)] に New Review (新規レビュー) と入力します。
  5. [Display Type (表示の種類)] に [Detail Page Button (詳細ページボタン)] を選択します。
  6. 次のリンクを [Check Syntax (構文を確認)] ボタンのすぐ上のテキストボックスに貼り付けます。
    /flow/New_Review?varJobAppId={!Job_Application__c.Id}&retURL=/{!Job_Application__c.Id}
  7. [Save (保存)] をクリックして、ポップアップの [OK] をクリックします。

次に、ページレイアウトに [New Review (新規レビュー)] ボタンを追加します。

  1. 引き続きオブジェクトマネージャの [Job Application (求人応募)] が表示された状態で、[Page Layouts (ページレイアウト)] をクリックします。
  2. [Job Application Layout (求人応募レイアウト)] の横にある 下矢印 をクリックして[Edit (編集)] を選択します。
  3. ページレイアウトエディタで [Buttons (ボタン)] をクリックします。
  4. [New Review (新規レビュー)] ボタンを [Job Application Detail (求人応募の詳細)] の [Custom Buttons (カスタムボタン)] セクションにドラッグします。 [Job Application Detail (求人応募の詳細)] セクションに [New Review (新規レビュー)] カスタムボタンが表示されている [Job Application (求人応募)] ページレイアウトエディタ
  5. [Save (保存)] をクリックします。

プロセスを設定し、承認プロセスとフローを作成することで、採用チームのいくつかの作業を自動化しました。面倒な作業が減ったため、チームは、AW Computing の募集職種に最適な候補者を見つけるという重要な作業に費やす時間を増やすことができます。これで完了です。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる