面接レコード作成のためのプロセスの作成

学習の目的

このプロジェクトでは、次のことを行います。

  • 社員募集アプリケーションで、面接レコードを作成し、新しい職種を承認するためのワークフローを合理化するプロセスを作成する。
  • アプリケーション用のフローを作成して、候補者を評価するプロセスを簡素化し、評価プロセスの一貫性を保つ。

はじめに

AW Computing の成長に合わせて、あなたは新しい人材を探し続けています。すでにあなたは、人事担当副社長の Ling Wu から、チームの社員募集アプリケーションを改善するためのいくつかの要望を受け、それに対応してきました。今回は、さらに自動化を追加してほしいと依頼されています。

Ling は、採用担当マネージャ用の面接官レコードの作成を自動化したいと考えています。また、新しい職種の承認プロセスも設定したいと考えています。さらに、候補者のスコアリングのためのユーザフレンドリーなプロセスも必要です。

プロセスビルダーを使用したプロセスの設定

最初に取り組むのは、面接官レコードの自動化です。これを設定するには、Lightning プロセスビルダーで、条件とアクションを使用してタスクを自動化します。プロセスビルダーでは、作成したルールがどのオブジェクトに適用されるかを決定する評価条件を定義します。また、ルールをトリガするためにレコードが満たす必要がある条件を設定します。そして、プロセスアクションがいつ起動されるかを決定するタイムトリガを設定します。

条件が整うと、ルール適用時のアクションまたは時間ベースのアクションが起動します。これらのアクションには、レコードの作成、レコードの更新、メールの送信、Chatter への投稿、クイックアクションの開始、承認の申請、フローの起動、Apex クラスのコールなどがあります。 

まず、ルール適用時のアクションを使用するプロセスを作成しましょう。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに「Process Builder」(プロセスビルダー) と入力し、[Process Builder (プロセスビルダー)] を選択します。
  2. [New (新規)] をクリックして、プロセスのプロパティを定義します。
    • Name (名前): Create Interviewer Record (面接官レコードの作成)
    • The process starts when (プロセスを開始するタイミング): A record changes (レコードが変更されたとき)
  3. [Save (保存)] をクリックします。
  4. [+ Add Object (+ オブジェクトを追加)] をクリックします。
  5. [Object (オブジェクト)] 選択リストから [Position (職種)] を選択します。
  6. [Start the process (プロセスを開始)] で [only when a record is created (レコードを作成したときのみ)] を選択します。
  7. [Save (保存)] をクリックします。
  8. [+ Add Criteria (+ 条件を追加)] をクリックします。
  9. [Criteria Name (条件名)] に「Hiring Manager Not Blank」(採用担当マネージャが空白でない) と入力します。
  10. [Criteria for Executing Actions (アクションの実行条件)] で [Conditions are met (条件を満たしている)] を選択し、条件を設定します。
    • Field (項目): Position: Hiring_Manager__c (職種: Hiring_Manager__c)
    • Operator (演算子): Does Not Equal (次の文字列と一致しない)
    • Type (種別): Global Constant (グローバル定数)
    • Value (値): $GlobalConstant.Null 選択した条件が表示されているプロセスビルダーのステップ [Define Criteria for this Action Group (このアクショングループの条件を定義)]
  11. [Save (保存)] をクリックします。
  12. [Immediate Actions (ルール適用時のアクション)] で、[+ Add Action (+ アクションを追加)] をクリックし、詳細を入力します。
    • Action Type (アクション種別): Create a Record (レコードを作成)
    • Action Name (アクション名): Create Interviewer Record (面接官レコードの作成)
    • Record Type (レコードタイプ): Interviewer (面接官)
  13. [Set Field Values (項目値を設定)] で、[Employee (従業員)] 項目を [Hiring Manager (採用担当マネージャ)] に関連付けます。
    • Field (項目): Employee (従業員)
    • Type (種別): Field Reference (項目の参照)
    • Value (値): Hiring_Manager__c
  14. [+ Add Row (+ 行を追加)] をクリックし、詳細を入力して、面接官レコードを職種レコードに関連付けます。
    • Field (項目): Position (職種)
    • Type (種別): Field Reference (項目の参照)
    • Value (値): Record ID (レコード ID) 選択した項目値が表示されているプロセスビルダーの [Create a Record (レコードを作成)] ステップ
  15. [Save (保存)][Activate (有効化)][Confirm (確認)] の順にクリックします。

プロセスのテスト

プロセスが有効になったので、作成したプロセスをテストできます。ただし、その前に採用担当マネージャユーザを追加します。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに 「Users」 (ユーザ) と入力し、[User (ユーザ)] を選択します。
  2. [New User (新規ユーザ)] をクリックして、詳細を入力します。
    Field (項目)
    Value (値)
    First Name (名)
    Kathy
    Last Name (姓)
    Cooper
    Email (メール)
    自分のメールアドレスを入力
    Username (ユーザ名)
    kcooper@[自分のイニシャル + 好きな色].com (例: kcooper@APyellow.com)
    Nickname (ニックネーム)
    kcoop
    Title (役職)
    Customer Support Manager (カスタマーサポートマネージャ)
    Role (ロール)
    Customer Support, North America (カスタマーサポート、北米)
    User License (ユーザライセンス)
    Salesforce Platform

    Profile (プロファイル)
    Standard Platform User (標準 Platform ユーザ)
  3. [Generate new password and notify user immediately (パスワードをリセットしてユーザに通知する)] の選択を解除します。
  4. [Save (保存)] をクリックします。

作成したプロセスをテストします。

  1. アプリケーションランチャー をクリックしてアプリケーションランチャーを開き、[Recruiting (採用)] をクリックします。
  2. [Positions (職種)][New (新規)] の順にクリックします。
  3. [Nontechnical Position (非テクニカル分野の職種)] レコードタイプを選択し、[Next (次へ)] をクリックして、詳細を入力します。

    Field (項目)
    Value (値)
    Title (役職)
    Super Support Supervisor (スーパーサポートスーパーバイザ)
    Status (状況)
    New (新規)
    Department (部署)
    Support (サポート)
    Location (場所)
    US (米国)
    Hiring Manager (採用担当マネージャ)
    Kathy Cooper
    Job Description (職務記述)
    Manage a team that fields inquiries and cases from customers (顧客からの問い合わせやケースに対応するチームを管理する)
    Pay Grade (給与グレード)
    S-200
  4. [Save (保存)] をクリックします。
  5. [Related (関連)] タブをクリックします。
  6. [Interviewers (面接官)] 関連リストで、面接官番号をクリックし、[Employee (従業員)] 項目と [Position (職種)] 項目の値を確認します。
メモ

メモ

「社員募集アプリケーション用のデータモデルの作成」プロジェクトでインストールしたパッケージには、職種が作成されたときに面接官レコードを挿入する Apex トリガが含まれていました。実際の本番組織では、このプロセスをテストする前にそのトリガを無効にします。 

これで、面接官レコード作成の自動化プロセスを設定したので、次のステップに進んで、職種作成の承認プロセスを設定する前に必要な準備作業を行いましょう。