Skip to main content
究極のラーニングイベント、TrailblazerDX が 2024 年 3 月 6 日~ 7 日にサンフランシスコで再び開催されます。コード T24DEYE424 を使用して今すぐ申し込むと 35% の割引になります。

Create a Custom Metadata Record

メモ

メモ

日本語で受講されている方へ
このバッジの Trailhead ハンズオン Challenge は英語以外の言語には対応していません。Trailhead Playground の [言語] を [English]、[地域] を [アメリカ合衆国] に切り替えてください。こちらの指示に従ってください。

優れたコンポーネントには大きな責任が伴う

このステップでは、Salesforce のレコードを使用してアプリケーションを設定することができるカスタムメタデータ型を使用します。インストールしたパッケージには、コンポーネントにすでに設定されたカスタムメタデータ型があります。後はコンポーネントを設定するだけです。

このコンポーネントでは、Salesforce 組織のあらゆる種類のアクションにサウンドを追加できます。ただし、注意してください。優れたコンポーネントには大きな責任が伴います。ユーザーが行うすべての操作にサウンド効果を追加してユーザー (または周辺のユーザー) を不快にしないでください。

設定の作成

ユーザーが商談フェーズを「商談成立」に更新するとオーディオファイルが再生される設定を作成します。

  1. [Setup (設定)] から、[Quick Find (クイック検索)] ボックスに metadata (メタデータ) と入力し、[Custom Metadata Types (カスタムメタデータ型)] を選択します。
  2. [Trailshred Setting (Trailshred 設定)] を見つけ、[Manage Records (レコードの管理)] をクリックします。
  3. [New (新規)] をクリックします。
  4. メタデータレコードを次のとおり作成します。
    • Label (表示ラベル): Audio When Oppty Closed Won (商談が成立したときのオーディオ)
    • Trailshred Setting Name (Trailshred 設定名): Audio_When_Oppty_Closed_Won
    • Active (有効): オン
    • Audio Static Resource Path (オーディオの静的リソースのパス): sound1 
    • Object Name (オブジェクト名): Opportunity (商談)
    • Field Name (項目名): Stage (フェーズ)
    • Field Value (項目値): Closed Won (商談成立)
  5. [Save (保存)] をクリックします。

カスタムメタデータレコードは次のようになります。

商談フェーズが「商談成立」になるとオーディオを再生するカスタムメタデータレコード。

これで完了です。次は、商談ページを更新し、テストを実行してプロジェクトを完了します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる