マーケティングの新機能の確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • マーケティング担当者があらゆる顧客データを取得して統合し、セグメント化やアクティブ化できるようにする方法を説明する。
  • 各人にとって最適なオファー、アクション、エクスペリエンスを判断して提示する方法を説明する。
  • マーケティングの画期的な実験方法について説明する。

Customer 360 利用者

マーケティング担当者が全社規模の顧客データプラットフォームソリューションを使用して、あらゆる顧客データを取得して統合し、セグメント化やアクティブ化ができるようになりました。Customer 360 利用者は、各顧客の正確な一元的な情報源で、顧客データを統合し、各タッチポイントでパーソナライズされたエクスペリエンスを実現します。

Customer 360 利用者の詳細を参照してください。

Interaction Studio の機能強化

Einstein パーソナライズレシピを使用すると、ビジネスユーザーが個人の属性、行動、アフィニティ、インテントを考慮する機械学習アルゴリズムをカスタマイズ、テスト、実装して、関連性が最も高い個別のレコメンデーションを判断して提示できます。Einstein パーソナライズ判断は、相手が特定のオファーやアクションにエンゲージする可能性と、そのオファーやアクションの会社にとってのビジネス価値の両方を評価します。

Interaction Studio の機能強化の詳細を参照してください。

Journey Builder: パスオプティマイザ

パスオプティマイザを使用すると、メッセージのコンテンツだけでなく、ジャーニーのパスをテストできるため、マーケティングで画期的な実験を行うことができます。ジャーニーで 1 つ以上のテストを実行し、エンゲージメントやオンデマンドの点で勝者となるパスを選択します。この勝者パスのみが新規連絡先を受け入れます。テストを継続的に実行してインサイトを取得し、カスタマーエクスペリエンスを最適化します。

パスオプティマイザのメールの A/B テストパス

パスオプティマイザの詳細を参照してください。

Rights of ALBERT EINSTEIN are used with permission of The Hebrew University of Jerusalem. (ALBERT EINSTEIN の権利は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。)Represented exclusively by Greenlight. (Greenlight が排他的に代理人を務めています。)