Industries と Sustainability Cloud の新機能の確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • クライアントエンゲージメントや商談データを規制に準拠した形で共有する方法を説明する。
  • ドキュメント管理プロセスを簡略化し、データの手動入力の手間を省く方法を説明する。
  • AI 駆動のインサイトを活用すれば、組織のトップダウン型の目標達成率を簡単に分析して表示できることを説明する。
  • Einstein for Consumer Goods を利用して、訪問の計画を合理化し、成長が見込める領域や機会を見出す方法を説明する。
  • 炭素排出量分析に影響を及ぼす可能性のあるデータのギャップや重複をユーザが検知して修正できる方法を説明する。

Financial Services Cloud: 準拠データ共有

重要な非公開情報 (MNPI) を伴うクライアントエンゲージメントや商談データが規制に確実に準拠した方法で共有されるようにします。クライアントに関連するどのデータをどのチームメンバーと共有できるかのルールを定義します。規制に確実に準拠するために、どのデータがどのチームメンバーとどれだけの期間共有されるのかを示す監査履歴をキャプチャします。

準拠データ共有の詳細を参照してください。

Health Cloud: インテリジェントなドキュメント自動化

ドキュメントの受領から処理まで、患者や加入者のすべてのフォームを 1 か所で管理することで、ドキュメント管理プロセスを簡略化し、データの手動入力の手間を省きます。HIPAA に準拠したデジタルワークスペースでフォームを適切なキューに自動転送して、レビューや処理を迅速化し、患者が適切なケアやサービスを速やかに受けられるようにします。

インテリジェントなドキュメント自動化の詳細を参照してください

Manufacturing Cloud: Einstein Analytics for Manufacturing の機能強化

パフォーマンス目標から売上予測まで、1 つのプラットフォームで製造業務のパフォーマンスを 360 度の角度から把握します。AI 駆動のインサイトを活用して、組織のトップダウン型の目標達成率を、商品数量や収益に基づいて顧客別、商品別、地域別に分析して表示できるようになりました。

Einstein Analytics for Manufacturing の機能強化の詳細を参照してください。

Consumer Goods Cloud: Einstein for Consumer Goods

市場投入の過程にインテリジェンスを組み込み、訪問の計画から実行まですべてを合理化します。Einstein Analytics for Consumer Goods を使用すれば、ビジネスを分析し、成長が見込める領域や機会を見出して、店舗訪問時の監査の精度や生産性を確保できます。Einstein 訪問のおすすめという最新機能を使用して、適切な店舗に適切なタイミングで訪問します。

Einstein Analytics for Consumer Goods の詳細を参照してください。

Sustainability Cloud: データのギャップの補完

建物で消費されたエネルギーを組織がアップロードする際、データにギャップや重複があればその炭素排出量分析に影響します。このモジュールでは、ユーザがそうしたギャップや重複を検知して修正することができます。

[データのギャップの表示と補完方法の選択] ページ