いつでも呼び出せるデータサイエンティスト

メモ

メモ

Einstein Analytics は、Tableau CRM という新しい名称になります。機能の変更はありません。Tableau CRM は、Salesforce CRM 製品内部のネイティブ分析に最適なエクスペリエンスを提供します。これまでどおり人工知能 (AI) とビジネスインテリジェンス (BI) を組み合わせ、Einstein Discovery で引き続きプラットフォームと緊密に連携します。この更新を進めている間は、ところどころで旧名称を目にすることがあると思います。

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Einstein Discovery の概要を説明する。
  • Einstein Discovery が回答に役立つ質問の種類を説明する。
  • 使用できるデータの種類を知る。

Einstein Discovery とは?

Einstein Discovery は、機械学習、人工知能 (AI)、統計分析を利用してデータ分析を強化するものです。Einstein Discovery は、データをすばやく分析し、パターンやテーマを検出します。視覚化と説明によって、ビジネスユーザが理解しやすい形で重要度の高いインサイトが表示されます。まるで、自分専用のデータサイエンティストがいるようです。Einstein Discovery は大量のデータをすばやく取捨選択し、重要な相関関係を検出し、結果を予測し、それらの結果を改善する方法を推奨できます。

もちろん、社内にすでにビジネスインテリジェンス (BI) のエキスパートがいて、分析や推奨を提供しているかもしれません。あらゆるデータから価値のあるインサイトを引き出すことに秀でた専任のデータサイエンティストがいるという幸運な場合もあるでしょう。けれども、分析するデータが多く、時間が限られている場合はどうなるでしょうか? そして、必要とされるエキスパートがすでに他のプロジェクトで忙しすぎたらどうでしょうか?

ビジネスインテリジェンスチーム
Einstein Discovery によって、次のようなビジネス成果 (KPI など) に関する重要な質問への回答が得られます。
  • データ内で何が起きたか? データ内で何が統計的に有意または異常か?
  • それはなぜ起きたか? 結果に影響した可能性があるのはどの要因か?
  • 一部の要因がその他の要因とどのように比較されるか? どのような相互関係があるか?
  • 今後何が起きる可能性があるか? 統計分析によってトレンドが検出されたか? または、このデータによって異常な事象が検出されたか?
  • 予測された結果を向上させる可能性があるアクションは何か?

このほか、Einstein Discovery は、ユーザが存在に気づいていなかったその次の質問をするように誘導します。多くの複雑な事象には、相互に関係する何層もの可変要素にまたがった複数の原因が存在するため、深く掘り下げる必要があります。ドリルダウンです。Einstein Discovery は、どこを掘ればよいかを示してくれます。

ただし、チームに代わるものではありません。Einstein Discovery は相関関係と可能性のあるインフルエンサーを表面化させ、調査の正しい方向を指し示し、考えらえる回答を提案できますが、自社のビジネスについて一番よく知っているのはあなたとチームです。Einstein Discovery はチームの分析能力を強化するもう 1 人のメンバーです。

これで、Einstein Discovery の機能がわかったので、次は例を見てみましょう。Einstein Discovery を使用して利益率を向上させる方法を調べることによって、利益性を促進する要素を理解しましょう。

利益率が低下している理由を調べる

あなたが大手自動車部品メーカーの業務担当副社長であるとします。会社のビジネスの現場でのパフォーマンスに対する責任を担っています。木曜日の朝、出勤の途中に Salesforce アプリケーションを開くと、すごい勢いで伸びている Chatter スレッドがありました。そのスレッドは、会社の CFO が、自社の利益率が突然下降し始めた理由を知るために開始したものでした。そして、CEO も同意しました。「この問題は、すぐに解決する必要があります。」

あなたには、それが何を意味するかがわかっています。チームと共に残業して、さまざまな地域や垂直市場にわたる無数のトランザクションを選別するのです。そして、原因を発見してソリューションをブレインストーミングした後には、エグゼクティブサマリーをまとめなくてはなりません。

そこであなたは、チームを集めて目の前の作業に取りかかりました。夕方までには、非常に大きなデータの表が出来上がりましたが、何が利益率低下の原因になったかは見当もつきませんでした。問題を解決するどころではありません。

データは入手しましたが、答えに至るにはいくつかの障害があるようです。あなたは、チームがブレインストーミングによって問題を克服できることを願いながら、次の障害を連ねたメールをチームに送信しました。
  1. データが多すぎる。データセットが大きすぎるために、関連性のある関係をすべて調査するのが困難です。
  2. 重要な問題と重要でない問題を選別するのに時間がかかる。発見した潜在的な問題はそれぞれ複雑な問題につながっている可能性があります。
  3. 手がかりが重大に見えても、根本にある (二次的な) 原因は常にはっきりしているとは限らないため、どのアクションを実行するべきかわからないことがある。

Einstein Discovery によって窮地を脱する

すると、チームの誰かから、新しい Salesforce 製品に関するメールが送られてきました。これで窮地を脱することができるかもしれません。それは Einstein Discovery という製品で、メールによると、まるでデータサイエンティストを業務に投入するようなものだというのです。

そのチームメイトは、Einstein Discovery が会社の Salesforce 組織ですでに使用できることに喜んでいました。提供コストの変化を週単位で監視するために使用されていたのです。チームで使用を開始するには、どうすればよいでしょうか? 簡単です。Tableau CRM Analytics Studio を開きます。関連データが含まれている Tableau CRM データセットを選択します。どの KPI やその他のビジネス成果を調査するか (この場合は利益率) を決定します。

数回のクリックだけで、何を分析するかを Einstein Discovery に指示するストーリーを作成できます。Einstein Discovery によって機械学習と AI を利用してデータセットの包括的な統計分析が行われ、選択した結果に関する一連のインサイトが得られます。同僚によると、ストーリーにはインサイトがあふれています。グラフや説明によって、ビジネスで何が起きているかをかなり理解しやすくなります。結果に影響を及ぼす要因となっている関係や変数が明らかになります。

ストーリーの目標「How can I Maximize Margin?」 (利益率を最大化するには?) に関するインサイトが表示されたストーリー画面

さらに、ストーリーを調整して、自分にとって重要なことに焦点を置くことができます。ビジネスに関するチームの知識を使用して、どのインサイトを実行するかを選択したり、優先順位を付けたりできます。

調査と考察の結果、あなたは利益率が急速に低下している原因を調べるのに、Einstein Discovery を使用することにしました。もしかすると、週末の予定がだめにならずに済むかもしれません。

実際に操作してみる

ビジネスを取り巻く状況をコントロールすることはできません。けれども、Einstein Discovery とビジネスについての深い知識があれば、数分で問題の解決策を見出すことができます。Einstein Discovery を使用することは、自分専任のデータサイエンティストが、業務をスピードアップさせるために面倒な作業を引き受けてくれるようなものです。

そんなことが本当にあるのでしょうか? 次に、それを確かめましょう。

リソース

Rights of ALBERT EINSTEIN are used with permission of The Hebrew University of Jerusalem. (ALBERT EINSTEIN の権利は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。)Represented exclusively by Greenlight. (Greenlight が排他的に代理人を務めています。)

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる