Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

データエクスプローラになるには

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • データ探索の 4 つの基本アクションであるグルーピング、集計、絞り込み、視覚化について説明する。
  • 基準とディメンションとは何か、またそれらをどのように探索に使用するかを説明する。

探索の目標: トップセールスパーソンは?

あなたはラップトップ、タブレット、その他のハードウェアデバイスの大手プロバイダである DTC Electronics 社の営業マネージャです。Analytics を使いこなそうとしています。

ビジネスに関して疑問を抱いていることと思いますが、その答えはデータの中にあります。したがって、これからは探索者、つまり Analytics を使用したデータの探索者になることが求められます。このモジュールのバッジ獲得に向けて、今後のあらゆる探索の指標となる具体的な目標を定めることから始めましよう。ここで学習する基本概念は、このモジュールを終了するために役立つだけでなく、実際の会社でも適用できます。ですから、早速最初の使用事例から見ていきましょう。

この単元では、新しい四半期が始まり、1 つの商品ファミリの販売を伸ばすために社内のトップセールスパーソンにボーナスを支給するコンテストを実施することを目標にします。どの商品ファミリにするかはまだわかりませんが、その答えはビジネスデータの中にあります。コンテストの対象商品を選ぶためには、商品別の販売状況を把握する必要があります。Analytics のデータ探索では、1 つの答えから自然と次の答えが導かれ、新たに生じた質問の答えが見つかることもあります。

ちょっと待って! 「Analytics の基礎」モジュールを終了していない場合は、まずこのモジュールに取り組んでください。このモジュールを受講する場合は、事前に特別な Developer Edition 組織にサインアップする必要があります。

クエリの使用開始

Analytics にログインしていることと、[My DTC Sales (私の DTC 売上)] というアプリケーションを開いていることを確認します。アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) をクリックして [Analytics Studio] を見つけて選択する必要がある場合があります。次に、[My DTC Sales (私の DTC 売上)] を検索してアプリケーションを参照します。
メモ

メモ

データセットまたはダッシュボードを開いているときにアプリケーションエラーが発生しても心配いりません。DE 組織では古いデータが読み込まれることがあり、単に更新が必要なだけです。まずは [OK] をクリックしてエラーを閉じます。Einstein Analytics のホームページに戻り、ブラウザを更新します。これで、探索の準備ができました。

[データセット] セクションに、[DTC Opportunity (DTC 商談)] というデータセットが表示されます。クリックして開きます。

[新規レンズ] というタブが開きます。データ探索の初期状態とデータベースの行数が表示されます。横棒にマウスポインタを置くと、ボックスの中に正確な数字が示されます。行数表示ラベルの名前を変更する場合は、[DTC Opportunity (DTC 商談)] の横にあるドロップダウンメニューから [項目パネルを表示] をクリックします。続いて、[編集] ボタン をクリックします。ダイアログボックスで、新しい表示ラベル名を入力し、[完了] をクリックして変更を保存します。

[Opportunties (商談)] データセットの初期状態。

探索では、データに関する質問をします。この質問をすることを「クエリを実行する」と言います。クエリを少しずつ変更して探索の目標に近づけていくことで、このシンプルな横棒が高度なグラフに変化していきます。

左パネル ([棒の長さ][棒][絞り込み条件] がある場所) に探索の詳細が表示され、レンズの 2 つの主要部分であるクエリと視覚化を変更できます。視覚化部分については、後ほど説明します。クエリは 3 つの基本アクションに分割できます。
  • 集計 — いくつかの基準でデータを集計します。たとえば、基準には探索の初期状態のデータの行数などがあります。別の一般的な基準として、金額の合計があります。
  • グルーピング — 特定のディメンションによってデータをグループ化します (ディメンションの詳細は後述)。たとえば、商品名や取引先によってグループ化します。
  • 絞り込み — データに条件を設定して結果を絞り込みます。たとえば、会計年度内の商談のみを表示します。

現在のクエリは、グルーピングしていますか? 条件で絞り込んでいますか? 集計していますか?

このクエリは、グルーピングや絞り込みではありませんが、行数を集計しています。これはデフォルトです。グループと条件は省略可能ですが、集計は必須です。使用するクエリにかかわらず、視覚化するには少なくとも 1 つの基準が必要です。

データのグループ化

関心があるのは、商品間の売上の分布ですが、今はまだグループ化されていないため、表示される数字はすべての商品に関連したものです。この探索の最初の部分では、どの商品ファミリが最も大きな収益をもたらしているかを調べます。そのために、データを商品ファミリごとにグループ化し、集計を変更し、結果を並び替えます。

まずは、商品ファミリによるグルーピングを追加しましょう。[棒] の下にあるプラス記号 (+) をクリックすると、ドロップダウンメニューが開き、グループ化単位のディメンションを選択できます。

ディメンションとは何でしょうか? ディメンションは、地域、商品名、モデル番号など、定性的な値です。つまり、グループ化の単位に使用できるものです。

メモ

メモ

[棒] の [+] をクリックしたときに表示されるリストでは、日付とディメンションの 2 つのカテゴリが表示されます。日付は、特殊な形式のディメンションです。日付については次の単元で詳しく説明します。

ここでは、[商品ファミリ] 別にグループ化します。ディメンションの名前を入力して、リストから選択すると、ディメンションにすばやくアクセスできます。

グループ化の基準となる商品ファミリの選択
メモ

メモ

グラフがここの例やトレイルの他の例と多少異なっていても、心配しないでください。グラフのデータの多少の違いによって、表示が異なることがありますが、グラフの基本要素は同じです。

商品ファミリでグループ化された行数が表示された棒グラフ

[行数] の集計がグループごとに計算されています。しかし、知りたいのは各商品ファミリによる収益ですから、集計を変更する必要があります。集計は通常、基準に対して実行されます。

基準とは何でしょうか? 基準は、収益や換算レートなど、定量的な値です。つまり、総収益や最小換算レートの計算などの算術処理ができる数値です。
  1. [棒の長さ][行数] をクリックして集計を変更します。ドロップダウンメニューが開き、[合計][平均] などの基準を使用して実行できる計算が表示されます。
  2. 各商品ファミリによる収益を知りたいため、[合計] をクリックします。右側のリストに使用できる基準が示されます。
  3. [金額] を選択します。

グラフが更新され、各横棒上の値が変更されました。

商品ファミリごとの合計収益が表示されたグラフ
結果を並び替えて、合計金額が最大 (収益が最大) の商品ファミリが上になるようにすると、わかりやすくなります。グラフの [金額合計] をクリックすると、商品ファミリ別の売上が降順で表示されます。

これで、商品ファミリごとの販売数について興味深い結果が得られました。ラップトップが好調で、デジタルメディアを抜いて 2 位になっていることがわかります。DTC では軽量ラップトップファミリ商品にも力を入れており、在庫チェックやマーケティング活動を強化して、家庭および教育市場のシェア拡大を図っています。ラップトップはアクセサリに追いつけるでしょうか? 軽量ラップトップの売上を伸ばすことは可能でしょうか? これで終わりです。ラップトップの販売コンテストを実施して、DTC 軽量ラップトップを中心にこの商品ファミリの販売を営業担当に奨励する必要があります。

データにドリルインする

データにはまだまだ多くの貴重な情報が埋まっているので、掘り続けましょう。販売ボーナスコンテストのためのベストプラクティスを共有できるように、トップクラスの営業担当がラップトップの販売促進をどのように行っているかを知りたいとします。誰がランキング表の上位にいるかを見てみましょう。

[Laptops (ラップトップ)] の青い横棒をクリックするだけで、ラップトップの販売データにドリルインできます。棒を 1 回クリックして選択し、右クリックしてドロップダウンメニューを開きます。または、[ドリルダウン] ボタン (ドリルダウンボタン) をクリックします。[商談所有者] を選択すると、表示が変化します。

取引先所有者ごとの結果を示すグラフ
メモ

メモ

ディメンションと基準のラベルは、拡張メタデータ (XMD) と呼ばれる設定ファイルを使用して変更できます。たとえば、「商談所有者」を「商談所有者名」に変更できます。詳細は、オンラインヘルプの「labels セクション」を参照してください。

1 回のクリックだけで、グローバル販売の 1 つの横棒がラップトップの営業担当ランキング表に変化しました。クエリでどこが変更されたかを見てみましょう。
[グループ化単位] と [絞り込み条件] の値が自動的に更新
  • [棒] で、グループ化が商品ファミリから商談所有者に変更されています。
  • 商品ファミリをラップトップのみに絞り込んでいます。

これで、ランキング表の質問に対する回答が得られました。ここで注意が必要です。これが本当の答えでしょうか?

データの絞り込み

クエリ結果を得て結論に飛びつく前に、質問が完全であることを確認します。この場合、すべての完了した商談が表示されています。完了した商談には、商談が成立したものと不成立のものがあります。したがって、どの営業担当が、会社に最も大きな収益をもたらしているかを調べるには、成立した商談のみに絞り込む必要があります。
基準、集計された基準、データ、ディメンションで絞り込むことができます。他の条件については後ほど詳しく解説します。ここでは、成立商談以外のすべてを除外します。
  1. [検索条件] タブで、[検索条件] の下にあるプラス記号 (+) をクリックします。
  2. [成立] を検索し、クリックします。
  3. [true] の値を選択します。
  4. [追加] をクリックします。結果に成立商談が表示されます。

条件を追加したときのアニメーションに気づきましたか? 結果がどのように変化するかを視覚的に理解できます。成立した商談のみに注目したときは、トップの営業担当が異なります。順位が上がる営業担当と下がる営業担当がいます。成立した商談に注目する場合は、どのように順位が変化するかを知ることが重要です。

探索の続行: 次の質問

ランキング表ができたので、さらに詳細に分析しましょう。ラップトップファミリのどの商品が最も売れているでしょうか? 従来のビジネスインテリジェンスツールでは、この新しい質問を IT 担当者に尋ねて、要求が処理されるまで待つ必要がありました。Analytics を使用すれば、数回のクリックだけで答えが得られます。セルフサービスというわけです。
最初のステップは、商品名による新しいグルーピングを追加することです。おそらく覚えておられると思いますが、念のために説明すると、[データ] タブに切り替えます。[横棒] の下で、プラス記号 (+) をクリックし、[商品名] を選択します。グラフが次のように変化します。
  • 棒グラフの左側にある [棒] の下に、[商談所有者] と [商品名] という 2 つのディメンションが表示されています。
  • この時点ではグラフの 2 つ目のグループ (商品名) が色付きで強調表示されています。グラフの右側には、色と商品の関係を示す凡例が示されています。両方のグルーピングが表示されたグラフ
メモ

メモ

色は、現在はデフォルトパレットによって定義されています。拡張メタデータ (XMD) 設定ファイルを使用すると、手動で色を選択できます。Salesforce オンラインヘルプの「colors セクション」を参照してください。

この視覚化によって、どの商品が最も大きな収益をもたらしているかがわかります。期待どおり、軽量ラップトップは堅調です。この情報と営業担当ランキング表の情報を組み合わせるために、視覚化を変更しましょう。

最適な視覚化の選択

探索には、クエリと視覚化という 2 つの主要な部分があります。クエリは結果を返します。つまり、質問をして答えを取得する手段です。質問への答え方がさまざまであるように、結果の表示方法も視覚化に応じて異なります。棒グラフという視覚化では、棒がクエリの結果を示します。さまざまな視覚化と、それぞれをどのような場合に使用するかについて、他の単元を進めながら学習していきます。

ラップトップの売上が最多の営業担当を調べる場合は、所有者名ごとに 1 本の棒を表示しつつ、商品名によるグループ化も維持します。では、営業担当ごとに値を「積み上げ」られるとしたらどうしますか。

グラフのオプションを表示するために、グラフギャラリーアイコン (グラフギャラリーアイコン) をクリックします。[積み上げ横棒グラフ] を見つけてクリックし、どうなるか見てみましょう。グラフギャラリーアイコン を再度クリックしてグラフパネルを閉じます。

積み上げ横棒グラフが表示
ヒント

ヒント

各視覚化の上にカーソルを置くと、メッセージにその視覚化で処理できる基準とディメンションの数が表示されます。どのグラフがどのような場合に最適かがよくわかります。

視覚化ごとに、複数のグループ化または基準を処理する方法が異なります。グラフアイコン (グラフギャラリーアイコン) をもう一度クリックして [ドーナツ] を選択します。この場合、1 つ目のグループ化 (商談所有者) ごとにドーナツが作成され、その上に 2 つ目のグループ化 (商品名) が表示されます。

クエリによって一連のドーナツグラフに変更されたことを示す視覚化

最初に行ったように、区分の上にカーソルを置くと、値に関する詳細情報が表示されます。複数のグループ化を伴うグラフは、たとえば 2 つ目のディメンション値ごとの割合が表示され、より有益な情報を得ることができます。

ドーナツグラフでは、データの構成をすばやく把握できます。次の図は、求めているインサイトに基づいてどのグラフを使用すれば最適かを示す要約です。

適切なグラフの選択方法を示す図
ではまず、商品名別にグループ化してみましょう。
  1. [Trellis] で、[商談所有者] を削除します。
  2. [セグメント][商談所有者] に変更します。
  3. [Trellis] で、+ をクリックして [商品名] を追加します。
[商品名] と [商談所有者] のグループ化の切り替え

視覚化に、商品別のドーナツが表示されます。ドーナツごとに、商談所有者別の 2 つ目のグループ化も行われています。

最初の [商品名] のグループ化によって、商品ごとに 1 つのドーナツが表示。
探索を続ける中で、前の視覚化に戻る必要がある場合があります。たとえば、このデータを視覚化する方法としてドーナツグラフは適切でなかったと考えたとします。実際のところ、少し前のステップで使用していた積み上げグラフが、チームに共有するには最適でした。前の探索に戻ることができれば良いのに、と思うでしょう。それができるのです! 上部にある矢印で、探索を戻ったり進んだり自由に移動できます。
[戻る] ボタン をクリックすると、1 ステップ戻ります。[さらに表示] メニューの [初期ビューに戻る] ボタン をクリックすると、最初の状態に戻ります。目的の積み上げ横棒グラフに戻りましょう。
  1. [履歴を表示] ボタン をクリックすると、探索ステップの完全なリストが表示されます。
  2. [グラフが 積み上げ横棒グラフ に更新されました] をクリックします。商品ファミリごとの合計収益が表示されたグラフ
  3. [履歴を表示] ボタン を再度クリックして [履歴] パネルを閉じます。
重要

重要

グラフの種類を変更すると、グラフの基になるクエリも変更されることがあります。その場合は、グラフの古い種類を再度選択しても、クエリは変更された状態のままになります。最初のクエリを使用して作業していることを確認するには、履歴ツールを使用して以前の視覚化に戻ります。

凡例のせいでグラフが煩雑に見えます。レイアウトを調整しましょう。

  1. プロパティアイコン (書式設定アイコン (塗装用ローラーの形)) をクリックして、[書式設定] パネルを開きます。
  2. [凡例] の横にある [v] をクリックします。
  3. [グラフ領域内に凡例を表示] を選択します。
  4. [位置] で [中央下] を選択します。
  5. images/wave_formatting_icon.png を再度クリックして、[書式設定] パネルを閉じます。

レンズに作業内容を保存する

データから興味深い答えが得られましたが、この答えが必要になるたびに探索を繰り返したくはありません。そこで、レンズと呼ばれるものに探索した内容を保存できるようになっています。レンズはアプリケーションの一部になるため、ユーザグループと共有したり、後でアクセスするために保存したりできます。さらに、レンズはモバイルデバイスでも使用できます。
  1. [保存] アイコン をクリックします。
  2. タイトルに「D01 - Laptops Salespeople - Wall of Fame (D01 - ラップトップ営業担当ランキング)」と入力します。
  3. [私の非公開アプリケーション] をクリックして [私の探索] を選択することにより、アプリケーションを変更します。
  4. [保存] をクリックします。
メモ

メモ

レンズには、クエリ (集計、グルーピング、絞り込み) とグラフの種類が保持されますが、結果は保存されません。これは答えではなく質問を保存するようなものです。答えは大きすぎますし、もう一度質問すれば瞬時に答えを得られるためです。

探索を敢行中

簡単な探索を行い、その内容を保存して同僚と共有するという目標が達成されました。かなりの出来栄えです。
ここで、覚えておく主な概念を挙げておきます。
  • ディメンションは説明的な値で、基準は計算可能な値です。
  • 視覚化は特定の使用事例ごとに有効性が異なります。主としてどのようなインサイトを得たいかに基づいて視覚化を選択します。
  • 探索を恐れることはありません。過去の探索過程の各ステップを確認し、ステップ間に簡単に移動できます。
  • 探索した内容はレンズに保存できます。
  • データを探索するときは、集計、グルーピング、絞り込み、意味ある視覚化の作成の 4 つの基本的なアクションを組み合わせていきます。
4 つのアクションを示す図。

次の単元では少し時間をかけて、グループや条件、視覚化を使用した、データに基づく探索について説明します。準備ができたら、さらなる学習に進みます。