Tableau CRM アプリケーションライセンスと権限の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • Tableau CRM アプリケーションのライセンスと権限の設定を難なく実行する。
  • 権限セットライセンスと権限セットの違いを説明する。
  • ユーザ権限を割り当てて、チームメンバーがアプリケーションにアクセスできるようにする。
  • Salesforce 機密データへのアクセス権を設定する。
重要

重要

この単元では、例として Sales Analytics アプリケーションを使用します。ここで学ぶ原則と手法は、どの Tableau CRM アプリケーションのライセンスと権限の設定にも応用でき、アプリケーションユーザであれば誰でも使用できます。

システム管理者専用情報 (例外あり)

それではあなたに与えられた DTC Electronics 社の分析エキスパートとしての任務に取りかかりましょう。現在あなたのもとには、Sales Analytics の設定依頼が殺到しています。短時間で設定する方法を、できればその過程を楽しみながら、学んでいきましょう。

Tableau CRM アプリケーションが有効化されたことが確認できたら、他の人にアクセス権を付与し、権限内容を決定します。 ここで学ぶ基本手順は他のどの事前作成済み Tableau CRM アプリケーションにも応用できるということを覚えておいてください。準備はいいですか?

メモ

メモ

ここでは具体的な例として Sales Analytics を使って説明します。ここで学ぶ原則は、Event Monitoring Analytics や Service Analytics など、他の事前作成済み Tableau CRM アプリケーションの権限を設定する際にも応用できます。他のアプリケーションの権限設定に関する詳細は、ページ下部の「リソース」セクションを参照してください。

ユーザの追加

組織内には現在 2 名の有効なユーザがいます。そう、1 人はあなたです。もう 1 人は DTC の営業マネージャ Laura Garza です。使用中のこのトレイルのために特別に設定されたアカウントには、この組織のための全面的な管理権限が付与されています。必要なアカウントがこれ 1 つであれば話は簡単です。ところが実際には、様々な役割を持ち、求めるアクセスレベルも様々な、多くのユーザのニーズを満たさなければなりません。Trailhead は実際の状況にならって構成されています。あなたは Sales Analytics の件で Laura Garza からしきりに催促されています。CEO が会議のためにもうすぐ到着するからです。Laura は Tableau CRM へのアクセス権を持っていますが、今四半期のチームの業績を CEO に説明するために、Sale Analytics アプリケーションにもアクセスしたいと希望しています。

彼女の要求に応えるために以下のことを実行します:

  • 彼女に Sales Analytics の使用権限を付与する。
  • 会議の準備に必要なアクセス権を持てるように、権限セットを作成して彼女に割り当てる。

ユーザ全員に、Tableau CRM のすべての情報にアクセスできる最高権限を与えるわけにはいきません。営業マネージャ用に特化した必要十分な権限セットを作成しましょう。営業マネージャや他のユーザが、システム管理者であるあなたとまったく同じ権限を持つべきではありません。Tableau CRM では、すべての Tableau CRM アプリケーションのセキュリティを、ごく詳細なレベルで制御できます。そのため、彼女が間違いなく業務で必要とするアクセスのみを許されるよう、権限セットを作成することができます。

では、Laura が Tableau CRM で何を実行する権限があるのかを見てみましょう。その前に Wave Analytics が有効化されていることを確認する必要があります。

Tableau CRM の有効化

このトレイル用の特殊な組織は、簡単に取り組めるように Tableau CRM がすでに有効になっています。ですから、この組織を使用している場合は何もする必要がありません。実際には、アプリケーションメニューから Tableau CRM を初めて開いたときに、[Analytics の有効化] のやや目立つボタンが表示されます。

権限セットライセンスと権限セットの違い

「権限セットライセンス」という言葉は長いうえに「権限セット」と混同されがちです。けれどもこの 2 つは別物で、Tableau CRM を設定するときは明確に区別しなければなりません。まずは、説明を簡潔にするために「権限セットライセンス」にはその略称の PLS を使うことにします。(略語が苦手な方は「権限セットライセンス」の名称をお使いいただいてかまいません)。

設定プロセスのコンテキストでこの 2 つを見ると、区別しやすいかもしれません:

このプロセスの最初の部分では、権限セットを作成して PSL に関連付けます。Tableau CRM の PSL を選択するためには、まず Tableau CRM ライセンスを購入する必要があります。Tableau CRM Growth ライセンスまたは特定の Tableau CRM アプリケーションのライセンスのどちらか 1 つまたは両方を購入します。

次に、PSL で使用できる権限からいくつかの権限を権限セットに追加します。そして、この権限セットをユーザに割り当てます。この場合は Laura です。

わかりづらいかもしれないため、例を用いて説明します。PSL はパスポートのようなものです。パスポートによって旅行する権利が与えられますが、適正なビザがなければ Tableau CRM の偉大な領地を訪れることができません。権限セットはビザのようなものです。3 日間の観光ビザ、就労ビザなど取得できるビザはさまざまで、その種類によって特定の作業を行うことが認められます。自分が望む作業をすべて行うためには、パスポートとビザの両方が必要です。各ユーザに PSL と権限セットを少なくとも 1 つずつ割り当てる必要があるのはこのためです。

詳細な設定で権限セットを作成する

DTC Electronics 社のシステム管理者として、あなたは Tableau CRM へのアクセス権を管理しています。Laura のような営業マネージャ用の権限セットを作成しましょう。実際の場合は、おそらく多数のユーザのためにこの作業を行うことになるでしょう。パスポートのたとえで言うと、ある目的を持ってどこかへ行くためのビザを、今まさに発給しようとしているところです。

権限セットの作成

この権限セットは、Tableau CRM アプリケーションの確認のみが必要な (作成やカスタマイズは行わない) Laura や他の営業マネージャ用なので、表示ラベル項目に「View Analytics App (Analytics アプリケーションの表示)」と入力します。表示ラベルを追加すると API 名も自動的に作成されます。これはこのままにしておきます。

  1. [設定] メニューで、[管理][ユーザ][権限セット] をクリックし、[新規] をクリックします。
  2. [表示ラベル] 項目に「View Analytics App」 (Analytics アプリケーションの表示) と入力します。これにより API 参照名も自動的に作成されます。これはそのままにしておきます。
  3. [ライセンス] ドロップダウンメニューから、この権限セットに関連付けるライセンスを選択します。この場合は、「Sales Analytics アプリケーション」権限セットライセンスを選択します。このステップは、先程のたとえ話のパスポートに相当します。Sales Analytics アプリケーション権限セットライセンスを選択します。特定の権限セットライセンスを選択すると、権限セットに割り当てられているユーザには、権限セットライセンスが自動的に割り当てられます。デフォルトの [なし] にした場合は、権限セットライセンスをユーザに手動で割り当ててから、ユーザを新しい権限セットに追加する必要があります。もちろん、自動割り当てを使用すると手間が省けます。
  4. [保存] をクリックします。権限セットの概要ページに新しい権限セットが表示されます。次に、ユーザ権限を権限セットに追加します。

権限についての考え方

権限セットを作成したときに、権限セットに関連付ける PSL (「Sales Analytics アプリケーション」) も指定しました。この PSL によって、割り当て可能な特定の権限セットが作成されますが、それはまだ付与されていません。どの権限が適切かを判断し、その権限を、ユーザに割り当てる予定の権限セットに割り当てる必要があります。

そのため基本的に Laura を含む営業マネージャに適したサブセットを作成します。彼女にすべての権限を付与する必要はありません。その他のライセンスの種類にはさらに多くの Tableau CRM 権限がありますが、これらはアプリケーションライセンスで利用可能な権限です。

それぞれの関連性がわかるように、ここでは少し順番を変えています:

  • Analytics テンプレートアプリケーションの使用。この権限は、Tableau CRM Platform ライセンス (Tableau CRM Growth という) に付属する Tableau CRM アプリケーションにアクセスする必要のあるユーザを対象とします。Analytics アプリケーションには、Sales Analytics や、[作成] を選択してテンプレートピッカーを開いたときに表示される他のさまざまなアプリケーションがあります。
メモ

メモ

「Analytics テンプレートアプリケーションの使用」権限と、アプリケーションへのエディタアクセス権またはマネージャアクセス権を持つユーザは、アプリケーションのアセットを作成、編集、削除することができます。閲覧者アクセス権がある場合は、アプリケーションデータセットに基づいてダッシュボードを作成し、各自の非公開フォルダに保存できます。

  • Analytics テンプレートアプリケーションの管理。これはアプリケーションの作成、共有、削除が可能な、システム管理者レベルの権限です。この権限を、おそらくアプリケーションを作成する必要のない Laura のようなユーザに割り当てる場合は注意が必要です。
  • Analytics データフローの編集。これもシステム管理者レベルの権限です。アプリケーションデータの変更に関わるアプリケーションのカスタマイズを実行する場合にこの権限を使います。そのため、この権限は JSON に多少の編集を加えることに慣れている上級システム管理者用です。JSON の意味をご存じなくても心配いりません。
  • Analytics データのダウンロード。Tableau CRM ユーザインターフェースを使用してスクリーンショットと表形式のデータをダウンロードします。
  • データセットレシピの編集。この権限があれば、レシピを使用してアプリケーションのデータをカスタマイズできます。レシピとは Tableau CRM の高度なデータインテグレーション機能ですが、この Trailhead モジュールでは使用しません。

これらの権限の一部のみを付与します。

新しい権限セットへの権限追加

この権限セットに適切なユーザ権限を追加してみましょう。
  1. 権限セットの概要ページで、[システム] セクションを見つけます。その下にある [システム権限] をクリックします。権限セットの概要ページを閉じた場合は、[設定] に移動して [ユーザ] > [権限セット] をクリックし、[View Analytics App (Analytics アプリケーションの表示)] をクリックしてもう一度開きます。 リンクの設定
  2. [編集] ボタンをクリックします。
  3. Laura (とアプリケーションの表示のみを必要とする同様のユーザ) のためだけに「View Analytics App (Analytics アプリケーションの表示)」という権限セットを作成していることから、[Analytics テンプレートアプリケーションの使用] レベルのアクセスを有効にする権限のチェックボックスをオンにします。
  4. [保存] をクリックします。

権限セットが正常に作成され、Laura は Sales Analytics アプリケーションを使えるようになりました。後は仕上げ作業を残すのみです。

最終段階の権限セットの割り当て

もう一息です。あとは Laura に新しい権限セットを割り当てるだけです。彼女が Sales Analytics を自由に使えるようになるまで (そしてあなたが他の仕事に戻れるまで) あと少しです。Laura にその観光ビザを発行しましょう。
  1. [設定] で [権限セット] をクリックします。
  2. 先ほど作成した権限セット [View Analytics App (Analytics アプリケーションの表示)] をクリックします。
  3. [割り当ての管理] をクリックします。
  4. [割り当てを追加] をクリックします。
  5. 完成を待ちわびている営業マネージャ、Laura Garza のチェックボックスをオンにして [割り当て] をクリックします。 リンクの設定
  6. [完了] をクリックします。

アプリケーションの共有

Laura にコンテンツを参照する権限を付与し、アプリケーションのライフサイクルの次のステップである「共有」に進む準備が整いました。Laura はあなたの手腕に感心するに違いありません。彼女がアプリケーションを使用中に共有を実行することで、あなたは彼女と協力しながら、アプリケーションをさらに改良する方法を学ぶことができます。

画面は [設定] ページのままだと思います。次の作業に進むため、Analytics Studio に戻ります。

  1. Analytics Studio ホームページの [アプリケーション] セクションで、作成したアプリケーション、[My First Analytics App (私の最初の Analytics アプリケーション)] を探します。
  2. アプリケーション名の右端にある三角形をクリックして、[共有] を選択します。
  3. Laura Garza にアクセス権を付与するには、他のユーザを招待するための画面下部セクションに彼女の名前の最初の部分を入力します。組織の中で彼女の設定を完了しているので、最初の数文字を入力するとドロップダウンリストに彼女の名前が表示されます。彼女の名前を選んでクリックします。 [他のユーザを招待] 項目に「Laura」と入力して、アプリケーションを Laura Garza と共有
  4. Laura のアクセスレベルを「閲覧者」にしたままで [追加] をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。
これで Laura が Analytics Studio を開いたときにフォルダのアイコンが表示され、閲覧者としてアプリケーションにアクセスできるようになっています。お疲れ様でした。

ラップアップと次のステップ

これで完了です。PSL を他のユーザに割り当て、新しい権限セットを作成し、そのセットに権限を追加し、権限セットをユーザに割り当てることができました。たくさんのステップを踏んできました。しかし重要なのは一にも二にもセキュリティです。

すべて Sales Analytics を使って学んできましたが、基本的なプロセスは他のアプリケーションやユーザにも有効です。違う点は割り当てる権限セットライセンス (PSL) と、権限セットに追加する特定の権限です。各アプリケーションでは、そのアプリケーションごとに固有の PSL をユーザに割り当てる必要があります。異なるタイプのユーザ、たとえばシステム管理者や上級ユーザには、各自が必要とするアプリケーション機能にアクセスする権限を追加する必要があります。

がんばった自分をねぎらい、深呼吸でもしてみましょう。あなたは順調に Tableau CRM エキスパートへの道を歩んでいます。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる