Tableau CRM アプリケーションの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • 事前作成済み Tableau CRM アプリケーションの反復的なライフサイクルを理解する。
  • Tableau CRM の事前作成済みアプリケーションを作成する。
  • アプリケーション作成に役立つ設定ウィザードの使い方を理解する。
  • 通常の営業時間に合わせて、アプリケーションのデータフローを再スケジュールする。

アプリケーションのライフサイクル

Tableau CRM が有効になっている特別な Developer Edition 組織で、事前作成済みの Tableau CRM アプリケーションを設定、作成できる状態になりました。今回は Sales Analytics を使用しますが、ここで学ぶ原則と手法は他の事前作成済み Tableau CRM アプリケーションにも適用できます。

世界規模でセールスを担当する営業マネージャ Laura Garza は、ぜひアプリケーションを使いたいと思っています。上司である DTC Electronics 社 CEO との大事な会議の準備をしなければならないからです。CEO は来週の飛行機で到着し、Laura とチーム一同を、前四半期の目標達成を祝う昼食会に招いてくれる予定です。しかし…食事の前に今四半期の状況を知りたいと彼は言っています。彼女に力を貸したいですね。さあ楽しい作業の時間です。Tableau CRM アプリケーションを実際に作成してみましょう。

あなたにとって最初のアプリケーション作成ですが、これが最後とはならないはずです。それは、アプリケーション作成の過程が簡単だからです。通常、事前設定済みアプリケーションには便利な設定ウィザードが含まれます。ベーシック作成オプションを使用すると、Sales Analytics は手順を一歩先へ進めます。つまり、ウィザードをスキップし、1 回のクリックでアプリケーションを作成します。

ウィザードを使用する場合、データに関する一連の質問が表示されます。Tableau CRM はそれに対する回答から判断し、あなたのアプリケーション用に作成するダッシュボードに、どのようにデータを表示するかを決めます。つまり、アプリケーションが望みどおりに動作するまで、アプリケーションを異なる設定で何度もすばやく作成できす。

アプリケーションは、データサイエンティストではなく、ビジネスユーザのために設計されています。アプリケーションを使うと、探す対象が不明なまま検索を始めても、簡単にデータ検索を実行できます。Salesforce のビジネスインテリジェンスツールがあれば、必要なインサイトを与えてくれるデータに難なくたどり着くことができるのです。ビジネスの主要な側面に関する答えを示すダッシュボードを作成すれば、あとは Tableau CRM アプリケーションにほとんどの作業を任せられます。

私たちがアプリケーションを簡単に、しかも何度も作成できるものにしたのはそのためです。様々な設定を試すうちに、どうすればデータに関して最も有益なビューを得られるかがわかってきます。初めてアプリケーションを作成する方でも、有用な結果が得られるはずです。Salesforce を標準実装している場合は特にそうです。時間の経過とともに、必要なものがわかってくるため、結果の精度も次第に上がってきます。こうして毎回、短い時間でアプリケーションを作成できるようになり、高額な手数料を取られる開発業者やデータサイエンティストに依頼する必要はなくなります。

アプリケーションの持つ利点を十分に活用するため、大半の方は次のような経過をたどります:

  1. 概観をつかむために、ウィザードのデフォルトの回答を使用してアプリケーションを作成する。Sales Analytics のベーシック作成オプションを使用すると、これが更に簡単になります。Salesforce のアプリケーションは、Salesforce を標準実装したお客様がデフォルト設定で成果を得られるように設計されています。アプリケーションによっては、デフォルトの回答が用意されていない質問に答えなければならないことがあります。その場合もできるだけ簡単な質問を設定しています。
  2. アプリケーションをチェックし、高性能ぶりを確認する一方で、改良の余地があることに気づく。
  3. ウィザードの質問に、前回より慎重に回答しながら再度作成する。Sales Analytics でカスタム作成オプションを選択してウィザードを使用する。
  4. 関係者にアプリケーションを見てもらい、改善のためのアイデアを集めた後で、ウィザードを使って新バージョンのアプリケーションを作成する。
  5. 短時間で簡単にアプリケーションを作成できるので、納得できるまでステップ 3 と 4 を繰り返す。
  6. アプリケーションを子細に確認する。異なる検索条件オプションを選択すればダッシュボードを変更できることにすぐに気がつくでしょう。Tableau CRM Platform の機能を使用して、定期的に発生するデータセキュリティのカスタマイズを少し加えることで、ダッシュボードをパーソナライズできます。アクションを追加したり、ダッシュボードの表示ラベルの名前や色を変更したりして、ダッシュボードを改良することもできます。
Tableau CRM アプリケーションをいくつか作成すると、求める結果にすぐに焦点を絞ることができるようになります。そのことを意識しながら、さっそく最初のアプリケーション作成に取りかかりましょう。

最初のアプリケーションの作成

これまでの説明で、実用性に優れたアプリケーションを作成する準備は十分に整いました。Laura が完成を心待ちにしていることもわかっていますね。実際、先ほど彼女から進行状況を尋ねるメールが届きました。さあ、Sales Analytics の作成作業に取りかかりましょう。Sales Analytics にはベーシック作成オプションが用意されています。初めての方はこれを使用することをお勧めします。ここでも、このオプションを使用します。アプリケーションをすばやく簡単に作成できるためです。タイマーをセットして、どのくらいスピーディに作業を進められるか測ってみてもよいでしょう。
メモ

別のテンプレートではなく、必ず Sales Analytics を選択します。そうしないと、アプリケーションを作成できないことがあります。

  1. Developer Edition 組織で Tableau CRM を開きます。アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) で、[Analytics Studio] を見つけて選択します。このステップを覚えておいてください。Tableau CRM トレイルでは、Tableau CRM および Tableau CRM アプリケーションに移動する必要があり、これがデスクトップでの移動方法です。   Analytics Studio を初めて開くと、ようこそ画面が表示され、使用開始に役立つリソースが紹介されます。この画面は閉じてもかまいません。いつでもヘルプメニューから再び開くことができます。メニューを開くには、右上にある疑問符をクリックします。疑問符をクリックして Analytics Studio ヘルプメニューを開く[Analytics へようこそ!] を選択します。
  2. Tableau CRM ホームページで、[作成] ボタンをクリックし、[アプリケーション] を選択します。 アプリケーションの作成ボタン
  3. テンプレートのリストを最後までスクロールします。候補となるテンプレートが沢山あります。すべてに目を通して、作成できるアプリケーションを確認します。おそらく自分のビジネスにとても役立つものがあるでしょう。ここでは、Sales Analytics の詳細を知ることが目的なので、そのテンプレートを選択します。
  4. [続行] をクリックします。これにより、アプリケーションのプレビューページが開き、作成するアプリケーションで何ができるかを把握できます。最後までスクロールして、完成したアプリケーションに何が含まれるかを確認します。これには、すべてのダッシュボードのプレビュー画像も含まれます。(必要なら、少し時間を取って他のテンプレートをいくつか調べてみることもできます。[戻る] をクリックして他のテンプレートを選択します。終わったら、再度 [Sales Analytics] を選択します)。
  5. [続行] をクリックして、[新規アプリケーションを作成] を選択します。
  6. [続行] をクリックします。互換チェックが実行され、アプリケーションの作成に必要なすべてのデータが組織に含まれていることが確認されます。この特別な Developer Edition 組織は適切なデータをすべて含むように設定されています。(独自の組織で Sales Analytics を作成した場合、エラーメッセージが表示され、問題の解決方法が示される場合があります)。[次へ] をクリックして次に進みます。
  7. 2 つのオプションが表示されます。デフォルト設定を使用してアプリケーションを作成するには、[ベーシック] を選択し、デフォルト以外の独自の設定を選択するには、[カスタム] を選択します。ここでは、最初のアプリケーションを作成してその方法を確認することが目的のため、[ベーシック] を選択します。「Sales Analytics アプリケーション」 Trailhead モジュールの後半で、[カスタム] オプションを使用してアプリケーションを再度作成し、設定ウィザードを試します。先走りしないようにしてください。
  8. [次へ] をクリックして、アプリケーションに名前を付けます。「My First Analytics App」 (私の最初の Analytics アプリケーション) と名付けましょう。次に [作成] をクリックすると作成がスタートします。これにより、バックグラウンドで別のチェックが開始されます。Developer Edition 組織はチェックにやすやすと合格し、アプリケーションの作成を開始します。これには数分かかることがあります。(独自の組織では、エラーメッセージが表示され、問題の解決方法が示される場合があります)。

簡単ですよね? 数回クリックするだけで、その後の作業は Sales Analytics が行います。Tableau CRM では設定の修正も簡単です。次回のアプリケーション作成時、Tableau CRM では新しいアプリケーションを作成するか、既存のアプリケーションの設定を使用するか選択できるようになっています。既存のアプリケーションを選択すると、その設定を含む設定ウィザードが開きます。前回アプリケーションを作成した時の選択内容を簡単に確認することができます。

アプリケーションの作成が完了すると、アプリケーションが正常に作成されたことを知らせるメールが届きます。

Trailhead Data Manager の概要

Tableau CRM がアプリケーションを作成している間に、Trailhead のために特別に設計されたツール、Trailhead Data Manager (Tableau CRM のデータマネージャ機能と混同しないでください) をご紹介しましょう。このツールがなぜ設計されたのかと言えば、実際の組織が絶えず変化する活気的な環境であるのに対し、Developer Edition はいろいろと試してみるには最適ながら、ユーザは 2 ~ 3 人のみで、実際的なアクティビティはなく、日を追うごとにデータが古くなっていく極めて静的な環境であるためです。レコードの日付の更新、データフローの修正、CSV ファイルの統合などを手作業で処理することに貴重な時間を費やすわけにはいきません。こうした作業は Trailhead Data Manager ツールが引き受けます。この手順により、Developer Edition 組織が現実のビジネス環境のように感じられます。

ここで必要なことはデータの更新だけです。あなたの組織に、商談、取引先、活動などの豊富なデータが取り込まれることになります。この手順を実行すると、古いデータは削除され、直近の日付で更新された最新データ一式が作成されます。Sales Analytics は「当四半期」や「先月」など相対的な日付範囲を判断するため、この手順を実行しないとダッシュボードは空になります。Trailhead をしばらく使用していなかった場合はこの手順を実行してください。

メモ

Trailhead Data Manager を実行する前に、Tableau CRM でアプリケーション作成が完了し、ダッシュボードが参照可能になったことを確認してください。

方法は次のとおりです。

  1. 左上のアプリケーションランチャーを選択し、[Analytics Studio] タイルをクリックして、Salesforce で Analytics Studio に移動します。
  2. 左側の列の [すべての項目] をクリックします。この操作によって、Analytics のすべてのアセット (アプリケーション、ダッシュボード、データセット、レンズ) が表示されます。上部に各アセットのタブがあります。これらは Tableau CRM とアプリケーション間を移動する必要がある場合に、後で役に立ちます。
  3. ここでは、[アプリケーション] タブを選択して、自身のアプリケーションのみを表示します。
  4. 作成を開始したアプリケーション、[My First Analytics App (私の最初の Analytics アプリケーション)] をクリックします。アプリケーションを作成中は、まだ Trailhead Data Manager を使用できません。このメッセージが消え、ウィンドウにダッシュボードが表示されるまで、数分おきにブラウザを更新します。ダッシュボードとデータセットが表示されたら、Trailhead Data Manager を実行することができます。

あとは Trailhead で Trailhead Data Manager を使用するだけです。独自の組織で Sales Analytics を設定する場合、Trailhead Data Manager を使用する必要はありません。

  1. Analytics Studio を開いていることを確認します。右上のアプリケーションピッカーから、[Trailhead Data Manager] を選択します。すぐに見つからない場合は、さらにスクロールダウンします。 Trailhead Data Manager
  2. [Refresh DTC Data (DTC データの更新)] ボタンをクリックします。 DTC データの更新
メモ

この手順を実行すると、データが削除され、新たな日付で復元されます。日付が新しくなる点を除けば、レコードはの内容は変わりません。ただし、レコードを手動で変更していた場合、その変更は上書きされます。

データの同期とデータフローの実行

順調です! アプリケーションが完成し、Trailhead Data Manager によってデータが更新されたら、アプリケーションのデータフローをもう一度実行して、データを同期し、アプリケーションのデータセットを更新する必要があります。

データマネージャと呼ばれる機能 (ここで使用する特別な Trailhead Data Manager と混同しないでください) では、Tableau CRM がアプリケーションに取り込む Salesforce データを確認できます。また、定期的なデータの同期や更新もここでスケジュールできます。

メモ

データフローは、Salesforce オブジェクトまたはデータセットから抽出するデータを指定する一連の指示です。データセットを変換する方法や、クエリで使用可能にするデータセットも指定します。

データマネージャを使うと、組織内でアプリケーションをリリースする際に、アプリケーション作成に関して必要な処理を行うことができます。アプリケーションを作成すると、データフローが一度実行されます。チームはデータを継続的に作成します。そうしたデータをアプリケーションで確認可能にするために、データ同期とデータフローが毎日実行されるように手動でスケジュールできます。日次データフローが実行されると、過去 24 時間にチームが Salesforce データに加えた変更がアプリケーションに反映されます。

ここで、データ同期とデータフローを実行するデータマネージャを確認し、さらに同期とデータフローの毎日の実行をスケジュールする場所を見てみましょう。現在 Trailhead Data Manager がデータを更新中で、Developer Edition 組織に余分なオーバーヘッドをかけたくないため、ここでは実行しません。

メモ

Trailhead Playground では、データフローの終了時に状況が [警告] になることがよくあります。この理由は Playground でトライアルデータが使用されているためで、警告はデータが不十分なため、一部の手順が完了していない可能性があることを通知します。Trailhead では警告を気にする必要はありません。

  1. Developer Edition 組織が Analytics Studio で使用できることを確認してください。
  2. 右上にあるギアアイコンをクリックし、[データマネージャ] を選択します。データマネージャを選択 ジョブに対してデータマネージャが開き、最新のデータフロージョブすべての概要が表示されます。最上部に [My First Analytics App eltdataflow (私の最初の Analytics アプリケーション eltdataflow)] のジョブがあります。
  3. データが更新されたところで、データ同期を実行してみましょう。
    1. [接続] タブをクリックします。
    2. SFDC_Local 接続の右側にある [接続] タブの接続の右側にあるメニューボタン をクリックします。このメニューを使用して、Tableau CRM データを更新するデータ同期を開始またはスケジュールできます。[今すぐ実行] を選択します。
    3. 左側のパネルの [監視] をクリックし、データ同期が完了するのを待ちます。すべてのジョブの状況が「キュー」または「実行中」から「成功」に変わるまで、更新ボタンを数回クリックします。
  4. データフローを実行して、更新済みのデータでアプリケーションデータセットを更新します。
    1. 左上の [監視] という語の直下で、[データフローとレシピ] を選択して、データフロービューに切り替えます。
    2. スクロールダウンして、[My First Analytics App eltdataflow (私の最初の Analytics アプリケーション eltdataflow)] を見つけます。
    3. データフローの右側にある [データフロー] タブのデータフローの右側にあるメニューボタン をクリックします。このメニューを使用して、アプリケーションのデータを更新したり、組織のデータフローをアップロードまたはダウンロードしたりするためのデータフローを開始またはスケジュールできます。
    4. 日次データフローをスケジュールするには、[スケジュール] をクリックします。「データフロースケジュール」ウィンドウが開きます。実際のあなたの組織では、誰も勤務していない、営業時間外にデータフローの実行をスケジュールするのがよいかもしれません。
    5. [今すぐ実行] をクリックして、[監視] タブに移動し、実行中のデータフロージョブを表示します。完了したら、アプリケーションの警告を表示することができます。Playground で終了時に状況が [警告] になっても心配いりません。トライアルデータではよくあることです。

アプリケーションの準備完了

これで準備完了です。最初の Tableau CRM アプリケーションが完成しました。これまでに学んた Trailhead 用の手順は、実際に利用する場合にも活用できます。お疲れ様でした。それではこのアプリケーションの優れた点を見てみましょう。

  1. アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) を開いて、Analytics Studio に戻ります。
  2. [すべての項目][アプリケーション] の順に選択します。
  3. さて、待ちに待った瞬間です。[My First Analytics App (私の最初の Analytics アプリケーション)] を見つけてクリックし、アプリケーションのすべてのアセット (ダッシュボード、レンズ、データセットなど) を表示するページに移動します。このページを覚えておいてください。あなたやチームがエクスペリエンスをカスタマイズする場合、通常はこのページから開始します。
  4. ここでは、アプリケーションを表示することを優先して先に進みます。右上にある [アプリケーションを実行] をクリックすると、アプリケーションのホームダッシュボードが表示されます。ここで上位の KPI を確認できます。下にスクロールして他のすべてのダッシュボードのリストと説明を確認します。My first Wave アプリケーションSales Analytics ダッシュボードについては Sales Analytics モジュールでさらに詳しく学びますので、ここでは時間を割きません。ダッシュボードを 1 つ見てみることにしましょう。
  5. スクロールして [Team Benchmark (チームのベンチマーク)] ダッシュボードを見つけ、クリックして開きます。
  6. 名前が示すとおり、このダッシュボードでは、一定期間における営業チームの状況を見ることができます。ダッシュボードの動作を確認するために、右上部の [Time Period (期間)] 検索条件を [This Quarter (今四半期)] から [Current Fiscal Year (今期 (会計年度))] に変えてみます。 [Team Benchmark (チームのベンチマーク)] ダッシュボードと [Time Period (期間)] メニュー
メモ

Developer Edition 組織のダッシュボードが Trailhead に表示される画像と少し異なって見えても、心配いりません。組織のインスタンスによって、データが異なることがあります。

興味深い結果が表示されました。選択した期間中におけるチームメンバー各自の業績が一目でわかります。このダッシュボードは、チャートと、特定の条件で絞り込まれたデータテーブルを利用して、充実したデータが即座に得られることを示す絶好の例です。ここから即時に、より詳細な内容を見ることも可能です。または、右上にあるホームボタン アプリケーションのホームボタン をクリックしてホームページに戻ります。盛りだくさんでしたが、やり遂げました。Laura もきっと気に入ってくれるでしょう。

誕生したばかりのアプリケーションですが、すでにたくさんの機能があることがわかりました。アプリケーション作成過程を再び経験し、アプリケーションのライフサイクルについて深く知る中で、どんなことが起こるか想像してみてください。次にウィザードの質問への答え方について少し考えてみましょう。

ウィザード利用のヒント

最初のアプリケーションを作成したときに、ベーシック作成オプションを使用し、標準のアプリケーション設定を使用しました。組織で事前作成済みアプリケーションを作成する場合、それが Sales Analytics かどうかにかかわらず、やがてカスタムオプションを使用して独自の設定を選択することになるでしょう。ベーシックオプションでは、デフォルトの推奨設定がすべて適用されます。カスタムオプションを選択すると、ウィザードが開き、質問と回答のページが表示され、デフォルトから変更することができます。
Sales Analytics ウィザードを見てみましょう。
  1. Analytics Studio に移動して [作成] をクリックし、[アプリケーション] を選択します。
  2. [Sales Analytics] を選択して [次へ] をクリックし、もう一度 [次へ] をクリックします。
  3. [新規アプリケーションを作成] を選択して、[続行] をクリックします。互換チェックが実行された後、[次へ] をクリックします。
  4. [次へ] をクリックすると、ウィザードの最初のページが表示されます。
  5. ここからの数画面で [次へ] (または必要に応じて [戻る]) ボタンを押して、ウィザードを簡単に確認してください。アプリケーションに名前を付けることができる画面に到達したら、右上の [X] をクリックして画面を閉じます。別のアプリケーションをまだ作成しないでください。
最初は複雑に見えるかもしれません。それでも次の簡単なルールを覚えておけば、迷わずウィザードを使うことができるでしょう。
  • 質問にすべて目を通してから回答を始めましょう。そうすればどんな情報が求められているか落ち着いて考えることができます。メニューにも目を通して、当てはまる回答や説明を探します。ウィザードでは質問の順番に関係なく進んだり戻ったりすることができます。
  • 判断がつかない場合はデフォルトのままにする。短時間で価値を提供できるように、ウィザードの質問に対する回答があらかじめ選択されている便利なアプリケーションです。アプリケーションによっては、質問に選択済みの回答が用意されていないものがあることがあります。その場合、選択を促すメッセージが Tableau CRM に表示されます。
  • ウィザードで可能なのは分析環境の微調整のみです。ウィザードの設定で、絞り込みや、KPI を計算するための項目など、ダッシュボードの一部を変更することができます。しかしレイアウトやアプリケーションコンテンツの大部分は制御不可です。標準のまま便利にお使いいただけるように、ほとんどのアプリケーション要素は事前定義されています。
  • 1 回だけ項目を選択できる。ウィザードの質問に答えて Salesforce の標準オブジェクトから項目を選択します。それぞれのオブジェクトで 1 回だけ項目を選択できます。Salesforce の標準項目や、オブジェクトで設定したカスタム項目が表示されます。
  • 質問のコンテキストに適合するのは、一部の回答のみです。ウィザードの質問では複数の項目から選ぶよう促されますが、お使いのアプリケーションで有効なものはそのうちの一部に限られます。たとえば、写真の URL 順に取引先を並び替えることはできません。

上記のルールについてすべての実例を紹介できませんが、実際にアプリケーションを作成する際には覚えておいてください。慣れるまでは慎重に進んでください。初めは、回答の変更は 1 つか 2 つにしておくとよいかもしれません。そうすると変更の結果どうなるかよくわかるでしょう。

お疲れさまでした!

順調に多くのことを身につけてきました。事前作成済み Tableau CRM アプリケーションを簡単に作成できることを見てきました。これまでに、事前作成済みのダッシュボードをいくつか見て、データ監視を使って日次データフローをスケジュールする方法も学んできました。また、設定ウィザードについて学びました。Sales Analytics で使った方法は、どの事前作成済みアプリケーションにも応用できます。

最小限の設定で、既成の対話型ダッシュボードにデータの概要が視覚的に表示されることがわかりました。Tableau CRM の事前作成済みアプリケーションでは、Salesforce にすでに保存されたデータを使用し、ビジネスの状態を表示します。

学ぶべきことは他にもありますが、事前作成済み Tableau CRM アプリケーションを自力で手早く作成するための知識は十分に身に付きましたし、今後は自分でいろいろ試してみることもできるはずです。進み方が早いと思われるかも知れませんが、もし失敗してもすぐに修正が可能です。次の単元では、管理タスクの処理とアプリケーションの共有について学びます。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる