トレーニング計画の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ユーザ向けに基本的なトレーニング計画を作成する。
  • 利用者に基づいた Salesforce の使用シナリオを定義する。
  • Trailhead がユーザにとっていかに強力な自己ペース学習ツールになるかを説明する。

計画への 3 ステップ

次は、トレーニング計画を作成してすべてのエンドユーザが必要なトレーニングを受けられるようにします。これは 3 ステップで行うことができます。

  1. 利用者を識別する。
  2. 関連するユーザシナリオを決定する。
  3. トレーニングパスを定義する。

各ステップについて詳しく見ていきましょう。

利用者の識別

利用者を知ることは、トレーニングの成功に不可欠です。Salesforce では、さまざまな種類のユーザがそれぞれの目標を持ち、さまざまな作業を実行します。ユーザの役割に焦点を当て、ユーザの日々の作業に関連するトレーニングシナリオを作成します。

このためには、次のことを知る必要があります。

  • トレーニングを受ける必要があるのは誰か
  • ユーザが作業で使用するのはどのプロセスか
  • Salesforce で実行できるのはどのシナリオか、または標準的な一連のプロセスか

たとえば、次の表は、役員、営業マネージャ、営業担当がこのアプリケーションを操作する方法がそれぞれ大きく異なる可能性があることを示しています。

トレーニング領域
営業担当
営業マネージャ
役員
リードプロセス
x
x

セールスプロセス
x
x

活動の追跡
x


取引先および取引先責任者管理
x


レポートとダッシュボード
x
x
x

シナリオ

学習者に関連性のあるシナリオを含めると、トレーニングの効果が高まります。シナリオとは、ユーザが通常 Salesforce を使用して日常的に行う一連のプロセスです。

営業担当のシナリオの例を見てみましょう。

  • 見込み客とのミーティングの前に、営業担当は関連情報を確認して準備をします。
    • Salesforce を使用してこれを行う方法: Salesforce で取引先、取引先責任者、および活動履歴を確認します。
  • ミーティングが終了したら、営業担当は重要なミーティングの成果を記録します。
    • Salesforce を使用してこれを行う方法: 進行中の商談を更新し、フォローアップ ToDo をスケジュールします。
  • 外出中、営業担当は重要な情報にすばやく簡単にアクセスして更新する必要があります。
    • Salesforce を使用してこれを行う方法: Salesforce モバイルアプリケーションを使用して外出中に同じ操作をすべて実行できます。

まとめると、この営業担当が効果的に業務を行うには、Sales Cloud 内の取引先、取引先責任者、活動履歴、商談、ToDo を使用する方法を知る必要があります。 

この営業担当には次のトレーニング計画が推奨されます。

稼働開始前
稼働開始後
1.Salesforce の基礎 2.シナリオトレーニング
  • 「業務遂行」トレーニング
    • ホームページ
    • セールスプロセス
    • 主要なレポートとダッシュボード
3.復習トピック
  • Salesforce ナビゲーションの復習
  • ユーザからの質問に基づく最重要ヒント
自己ペース
対面トレーニング
随時ミーティング

シナリオとトレーニング計画の定義に関するガイダンスは、『Salesforce 導入ワークブック』の「トレーニングの計画」セクションを参照してください。

Trailhead を使用した自己ペース学習

こうして Trailhead を利用しているのですから、Trailhead ではゲームのように楽しく Salesforce について学習できることはもうご存じでしょう。エンドユーザも Trailhead の効果を理解できるようにしてください。 

ユーザに Trailhead を案内し、Salesforce の基礎などを各自のペースで学習できるようにします。Trailhead を利用することで、システム管理者は時間を節約し、特定のビジネスシナリオやプロセスの対面トレーニングセッションに集中できます。 

トレイルと Trailmix

Trailhead を検索して、ユーザとビジネス目標に関連する学習コンテンツを見つけましょう。あらゆる種類の学習者に応じたコンテンツがあります。Trailmix をご存知ですか? Trailmix は大ヒット曲を集めたカスタムプレイリストのようなもので、お気に入りのモジュールを選ぶことができます。ユーザが取り組む学習コンテンツを簡単にパッケージできます。 

Trailmix を作成するには、[Trailmix] メニュー項目をクリックし、[Trailmix を作成] をクリックします。Trailmix の名前 (カスタム URL に反映されます) と説明を入力し、[次へ] をクリックします。そこからは、Trailhead を思いのままに組み合わせましょう。モジュール、トレイル、プロジェクト、スーパーバッジの [+] をクリックして Trailmix に追加できます。完了したら、固有の URL をユーザに送信して Trailmix を共有します。

トレーニング計画の例に含まれる Trailhead モジュールに気づきましたか? 他にもユーザが Salesforce の使用を開始するのに役立つモジュールがあります。

ユーザが Trailhead をどの程度進めているかを簡単に確認したい場合は、AppExchange の TrailTracker を試してみてください。TrailTracker を使用すると、レポートとダッシュボードでユーザの進行状況を監視し、ユーザのトレーニングプログラムをパーソナライズできます。また、特定のバッジをユーザに割り当てることさえできます。

リソース