トレーニング戦略とコミュニケーション計画の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 期待事項と目標を明確に定義するトレーニング戦略を作成する。
  • ユーザが常に最新情報を把握できるコミュニケーション計画を作成する。

準備

Salesforce 組織のシステム管理者の皆さん、おめでとうございます! 皆さんは、組織の Salesforce を設定するために沢山の作業をやり遂げました。いよいよ最も重要な部分です。エンドユーザに Salesforce のトレーニングを実施して業務を効果的に遂行できるようにします。でも、どこから始めればよいのでしょう?

最初のステップでは、ビジネス目標、学習スケジュール、多くのサポートを含む、トレーニング戦略を作成します。この戦略では、次の内容を記載してエンドユーザの準備を整え、明確な期待事項を設定します。

Salesforce に何を期待できるか、何が期待されるかをユーザに伝えます。新しいシステムやプロセスを採用することは、ユーザにとって気が遠くなるような課題です。既存のプロセスに慣れていれば尚更です。今後どのような変更があるか、そうした変更によって日々の作業にどのような影響があるかをユーザが理解できるようにします。

「Salesforce になければ存在しない」という考え方を確立します。これにより、ユーザはデータ品質と完全性が優先事項であることを理解しやすくなります。エンドユーザの半分が顧客データをスプレッドシートに保存し、残りの半分が Salesforce を使用していたらどうなるか考えてみてください。それを把握しようとすれば、必ず混乱するでしょう。すべてのデータを Salesforce に保管することが重要だとユーザが理解する必要があります。

成功の測定方法についての計画を明らかにします。経営陣が成功指標についてどう報告するかを知らなかったために、ユーザに想定外の影響が及ぶことを避けます。Salesforce になければ、役員は成功を適切に測定できず、ユーザはその懸命な働きぶりを認められないかもしれません。

「ユーザにとっての利点は何か?」に答えます。Salesforce の利点をユーザに売り込みます。Salesforce でユーザの業務がどれだけ効率化されるかを示します。それが顧客へのフォローアップを促す自動アラームでも、Sales Cloud に顧客情報を入力するための使いやすいワークフローでも、外出時に Salesforce を使用できるモバイルアプリケーションでも、Salesforce に移行することの価値を示してユーザのモチベーションを高める方法を見つけます。

ビジョンの明確な説明

プログラムのビジョンは、トレーニング戦略のもう 1 つの重要な部分です。Salesforce に関する組織の目標と、それが組織の全体的な目標とどう連携するかを定義します。これは、Salesforce の価値を伝え、ユーザによる採用を促進するのに役立ちます。

ビジョンステートメントとトレーニング戦略で、次のことが明らかになります。

  • プロジェクト、イニシアチブ、または組織の明確な目的。
  • プログラムを確実に成功させるための継続的なコミットメント。
  • 望ましい成果を検証または証明する方法。

高尚なビジョンや複雑なビジョンは必要ありません。シンプルイズベストです。プログラムのビジョンによって、ユーザは全体的な実装目標を念頭に置いて、正しい方向へと進み続けることができます。時間とともに、会社の成長と進化に合わせてビジョンステートメントが変化する可能性があります。時々、再確認して全員が足並みを揃えて進んでいることを確認します。

コミュニケーション計画の作成

プログラムのビジョンを設定したら、次のステップはコミュニケーション計画を作成することです。これにより、ユーザが必要とする情報とトレーニングを、ユーザが本当に必要とするタイミングで提供できるようにします。 

次のコミュニケーション計画テンプレートを検討してください。

タイミング 主要なトピック
開始前
  • プログラムのビジョン
  • 主要な関係者
  • ビジネス目標
開始
  • Salesforce へのアクセス方法に関する手順
  • 支援を受ける方法 (質問、トレーニング)
開始後
  • ユーザレコグニション
  • ユーザのヒント/コツ
  • 支援を受ける方法 (質問、トレーニング) の再確認

ユーザがどの段階でも情報が得られるように、こうしたコミュニケーションをタイミングに合わせて提供することが重要です。 

最後に、ユーザを応援することを忘れないで下さい。システム管理者がプログラムのビジョンとトレーニング戦略にワクワクしていれば、ユーザもワクワクします。

リソース