機能の採用と発見を促進する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • アプリケーション内ガイダンスを使用する状況を判断する。
  • 3 つのプロンプト種別 (フロート表示、対象、ドッキング) について説明する。
  • プロンプトとウォークスルーを作成する。

適切な主題の選択

プロンプトとウォークスルーの追加方法に進む前に、このいずれかを追加する理由についてもう少し説明しましょう。どちらも次のような機能の発見と採用のシナリオに最適です。

  • 新機能が有効化またはリリースされた: 経験豊富なユーザーは、頻繁に使用する機能の強化を歓迎し、情報が有益で関連性があれば、できるだけ早く新機能について知りたいと考えています。
  • ユーザーが価値ある機能を利用していない: ユーザーがアプリケーションの可能性を活用しきれていない場合があります。こうしたユーザーがベストプラクティスに従い、有益な機能を利用できるように、時間の節約と生産性の向上を中心としたヒントやガイダンス、手順を示します。

プロンプトまたはウォークスルーに適した主題はどのように選択すればよいのでしょうか?

適切な機能候補 避けるべき機能
  • 学習しやすく、すぐに使用を開始できる機能
  • 設定やパーソナライズなしでユーザーが使用できる機能
  • 非常に複雑で、ワークフローが覚えにくい機能
  • 学習が難しい機能
  • ユーザーが大幅にパーソナライズできる機能

プロンプトやウォークスルーの目標や目的についてはこれくらいにして、次は利用者について説明します。企業やユーザーはそれぞれ異なりますが、一般にユーザーには次の特徴があります。

  • 基本は理解しているが、妥当な理由なくワークフローを中断されたくない。
  • 新たな可能性、頻繁に使用する機能の更新、生産性向上に効果がありそうな新機能に関する、実用的で関連性の高い情報を求めている。
  • 明らかにニーズに合わせて調整された提案でない限り、売り込みはされたくない。

つまり、プロンプトを読まずに閉じられたくなければ、ユーザーに訴えかける主題を慎重に選択する必要があります。

目的と利用者を確認したので、次はプロンプトとウォークスルーの違いについて説明しましょう。

適切な種別のアプリケーション内ガイダンスの選択

プロンプトは 1 つの小さなポップアップウィンドウで、ユーザーに機能、更新、行動要請への注意を促します。プロンプトが表示されたユーザーは、その情報を取り入れたり、アクションを実行したりしたうえで、各自の作業を続行します。

ウォークスルーは一連のプロンプトで、コンテキスト内学習の 1 つ以上のページでユーザーに段階的なガイドを示します。ユーザーにとってはウォークスルーのほうが時間がかかります。ただし、ウォークスルー独自のハンズオン学習は、ユーザーが時間をかけてすべての手順をきちんと完了するように促すように設計されています。全体は単なる各部の総和ではない。

お察しのとおり、ウォークスルーは機能の発見と採用だけに適しているわけではありません。ウォークスルーは次ような目的にも有用です。
  • 新規採用者にワークスペースのオンボーディングを実施する。
  • 一連の重要な機能を強調する。
  • ナビゲーションまたは機能の概要を示す。
  • 複数ステップの手順でユーザーを誘導する。
機能の採用と発見の場合、短いメッセージには 1 つのプロンプトを使用することをお勧めします。一連の機能を説明したり、機能自体に関連する一定のアクションでユーザーを誘導する場合は、ウォークスルーを使用します。

適切なプロンプト種別の選択

フロート表示プロンプトは、ごく自然にユーザーを機能や機会に誘導できる方法です。余計なものは一切省いて、短く適切なメッセージや任意の画像、そしてクリックすると指定された URL が開くボタンなどの何らかの行動を誘引する機能だけです。メッセージはリッチテキストエディターを使用して書式設定することも、シンプルなプレーンテキストのままにすることもできます。フロート表示プロンプトはウォークスルーのほとんどのステップにも適しています。フロート表示プロンプトは、ページ上の 9 つの位置のいずれかに配置できます。

  • 左上
  • 中央上
  • 右上
  • 左中央
  • 中央
  • 右中央
  • 左下
  • 中央下
  • 右下
フロート表示プロンプトのワイヤーフレームフロート表示プロンプト

 

対象プロンプトには、フロープロンプトや表示プロンプトと同じ長所がすべてある上に、9 つの配置位置の制限がありません。対象プロンプトを特定のページ要素に紐付ければ、何について説明しているかを明確に示すことができます。
対象プロンプトのワイヤーフレーム対象プロンプト

 

何かの機能を探している途中でユーザーがコンテンツを参照する必要が生じた場合に最適なのが、ドッキングプロンプトです。フローティング表示プロンプトや対象プロンプトとは異なり、ドッキングプロンプトはユーザーがアプリケーションを移動する間、一定の場所にずっと残ります。ユーザーがアプリケーションでタスクの実行方法を学習する間にときどき参照できるように、段階的な手順説明や画像、短い動画などのコンテンツを画面に常に残しておきたい場合には、ドッキングプロンプトを使用します。ウォークスルーの次のステップや最後のステップの要点の表示にも、ドッキングプロンプトを使用することを考えてみてください。

ドッキングプロンプトのワイヤーフレームドッキングプロンプト

 

フロート表示または対象プロンプトが適切 ドッキングプロンプトが適切
  • 目標は、読者をリソース (トレーニングの PDF や Web サイトなど) に誘導すること。
  • 目標は、特にアクションを実行しなくても読者が情報を確認できるようにすること。
  • メッセージが短い (1 文程度)。
  • 短いステップ単位の手順を表示して、ユーザーが作業中に参照できるようにする。
  • 動画をドッキングプロンプトに組み込む。
  • メッセージが 1 文より長い。

プロンプトの例

各プロンプト種別の例として、次のようなものがあります。他のプロンプトの例が見たい方は、Salesforce から「In-App Guidance: Boost Sales User Productivity in Lightning Experience (アプリケーション内ガイダンス: Lightning Experience でのセールスユーザーの生産性向上)」または「In-App Guidance: Boost Service User Productivity in Lightning Experience (アプリケーション内ガイダンス: Lightning Experience でのサービスユーザーの生産性向上)」管理パッケージをインストールしてみてください。独自のプロンプトライブラリーを作成していく出発点としてこのパッケージは最適です。このパッケージをインストールするには、組織にセールスまたはサービスコンソールアプリケーションがインストールされている必要があります。

フロート表示プロンプトの例

たとえば、取引先レコードの詳細ページの新しいレイアウトをユーザーに紹介するとします。重要な変更であることを示すヘッダーを追加します。このヘッダーにユーザーの注意を引くタイトル (「新しい取引先ビューで作業効率を向上」など) を付けます。さらに、わかりやすく説明する動画を埋め込んで、重要な更新 (「すぐに参照できるようにパスと主要な項目をレコードの上部に表示」など) をリストにして表示します。

ドッキングプロンプトのメッセージは、次のようになります。

取引先と取引先責任者の管理に関する動画が埋め込まれ、新しい取引先ビューの主要な詳細が箇条書きにされている「Important Changes (重要な変更)」というタイトルのプロンプト


アプリケーション内ガイダンスを実際に試す

このモジュールにはハンズオン Challenge はありませんが、進行に沿って手順を実践する場合は、「In-App Guidance: Boost User Productivity in Lightning Experience (アプリケーション内ガイダンス: Lightning Experience でのユーザーの生産性向上)」パッケージのセールスまたはサービスバージョンを Trailhead Playground にインストールする必要があります。Playground を起動してパッケージをインストールするには、次の手順に従います。

最初に、Trailhead Playground を起動します。

  1. Trailhead にログインしていることを確認してください。
  2. 次に、このページの右上にあるユーザーアバターをクリックし、ドロップダウンから [Hands-on Orgs (ハンズオン組織)] をクリックします。
  3. 組織のユーザー名をクリックして、起動します。

次に、ユーザー名とパスワードを取得します。

  1. Playground で 設定 をクリックして [設定] を選択します。
  2. [クイック検索] ボックスに「ユーザー」と入力し、[ユーザー] を選択します。
  3. 自分の名前の隣にあるチェックボックスをオンにします。ユーザー名をメモします。
  4. [パスワードのリセット][OK] の順にクリックします。このステップにより、ユーザー名に関連付けられているアドレスにメールが送信されます。メールが見つからない場合は、迷惑メールフォルダーを探してみてください。
  5. メールに記載されたリンクをクリックします。
  6. 新しいパスワードを入力し、確認します。

ユーザー名がわからない場合やパスワードをリセットできない場合は、こちらの記事を参照してください。

これでパッケージをインストールできます。

  1. Chrome で、シークレットブラウザーウィンドウを開きます。
  2. パッケージの 1 つをインストールします。
    • セールスアプリケーションのプロンプトの場合は、[https://sfdc.co/InAppGuidanceTH] リンクを選択してコピーします。このパッケージをインストールするには、組織にセールスアプリケーションがインストール済みである必要があります。
    • サービスアプリケーションのプロンプトの場合は、[https://sfdc.co/SvcInAppGuidanceTH] リンクを選択してコピーします。このパッケージをインストールするには、組織にサービスコンソールアプリケーションがインストール済みである必要があります。 
    • ウォークスルーの場合は、[https://appexchange.salesforce.com/appxListingDetail?listingId=a0N4V00000DYB7bUAH] を選択してコピーします。
  3. [今すぐ入手] をクリックします。
  4. 表示された Salesforce のログイン画面で、Trailhead Playground のユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
  5. [本番環境にインストール] を選択します。
  6. 条件に同意し、[確認してインストール] をクリックします。
  7. 表示されたログイン画面で、Trailhead Playground のログイン情報を使用して再度ログインします。
  8. [すべてのユーザーのインストール] を選択して [インストール] をクリックします。
  9. インストールが完了したら、[完了] をクリックします。

パッケージのインストールで問題が発生した場合は、「Trailhead Playground の管理」モジュールの「Trailhead Playground へのアプリケーションとパッケージのインストール」単元を参照してください。

インストールした「In-App Guidance: Boost User Productivity in Lightning Experience (アプリケーション内ガイダンス: Lightning Experience でのユーザーの生産性向上)」パッケージには、インストールと考慮事項がまとめられたガイドが付属しています。

先ほどインストールした新しいプロンプトを見てみましょう。

  1. 設定 をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] に「アプリケーション内」と入力し、[アプリケーション内ガイダンス] を選択します。設定ページにパッケージからインストールされたプロンプトのリストが表示されます。
  3. 行レベルアクションのドロップダウンメニューから、[プレビュー] を選択します。新しいタブが開き、プロンプトがユーザーにどのように表示されるかを確認できます。

ニーズに合致したプロンプトまたはウォークスルーがない場合は、独自のプロンプトやウォークスルーを作成できます。

プロンプトまたはウォークスルーを追加する

次の動画で、アプリケーション内ガイダンスビルダーと設定ページの使用法をご覧ください。プロンプトとウォークスルーの作成についての詳細は、「リソース」セクションを参照してください。

独自のプロンプトやウォークスルーを作成する手順は、次のとおりです。

  1. 設定 をクリックし、[設定] を選択します。
  2. [クイック検索] に「アプリケーション内」と入力し、[アプリケーション内ガイダンス] を選択します。
  3. [追加] をクリックします。アプリケーション内ガイダンスビルダーが新しいタブで開きます。
  4. ビルダーで、プロンプトまたはウォークスルーを追加するページに移動し、[追加] をクリックします。右側にサイドバーが開き、そこで作成できます。
  5. 1 つのプロンプトかウォークスルー、またプロンプトの種別、場所、位置を指定します。続いて、コンテンツを記述します。
  6. タイトル、本文、およびボタンテキストを指定するには、[次へ] を選択します。画像を含めたり、ドッキングプロンプト用に動画を組み込んだりすることもできます。
  7. [保存] をクリックします。追加の設定用のウィンドウが開きます。プロンプトまたはウォークスルーの編集時にビルダーのヘッダーにある 設定 をクリックすると、これらの設定に再びアクセスできます。
  8. アクションボタンまたはリンク、スケジュール、プロファイル、権限、有効状況、名前などを指定します。
  9. 変更内容を保存します。
  10. 終了したら、[完了] をクリックします。
メモ

システム管理者はカスタムウォークスルーを作成し、ウォークスルーパッケージをインストールすることができますが、同時に 3 つ以上のカスタムウォークスルーをユーザーに表示するには myTrailhead に登録する必要があります。ウォークスルーに関するドキュメントについては、(「リソース」セクションの) 「Lightning Experience のアプリケーション内ガイダンス」を参照してください。

さまざまなプロンプトやウォークスルーが揃ったら、ユーザーエンゲージメントをモニタリングして、コンテンツがユーザーのエンゲージメントを誘引しているかを確かめることが重要です。Salesforce にはプロンプト総計値がすでに用意されているので、調べるのは簡単です。

プロンプトが有効になったら、[アプリケーション内ガイダンス] の [設定] ページで利用状況総計値を表示します。[ビュー] には、プロンプトを表示した一意のユーザー総数が表示されます。[完了] には、アクションボタンをクリックしたユーザーのパーセント値が表示されます。

プロンプトアクションオブジェクトを使用してカスタムレポートタイプを設定します。[順番] 項目、[前回の表示日] 項目、[前回の結果] 項目 ([エラー] の有効な値を探す)、[名前] 項目、[ユーザー: 氏名] 項目をレポートの列として追加します。使用可能なすべての項目のリストとカスタムレポートの作成に関するトピックへのリンクについては、「リソース」セクションの「Lightning Experience のアプリケーション内ガイダンスの監視」を参照してください。

カスタマイズ可能なレポートとダッシュボードが用意されている Salesforce Labs パッケージをダウンロードできます。Salesforce AppExchange にアクセスし、プロンプトウォークスルーの無料パッケージをインストールしてください。ユーザーガイドを含め、パッケージについての詳細は、AppExchange リストページを参照してください。

次に、トレンドを判断するために次のような点を確認します。ドッキングプロンプト、フロート表示プロンプト、または対象プロンプトで、どれが表示数またはクリック数が多いか? 特定のボタン表示ラベルまたはタイトルでアクションボタンのクリック数は増えたか? コンテンツが長いほどボタンのクリック数は減ったか? プロンプトの実行中にエンゲージメントは低下したか? ステップ数が 6 以上のウォークスルーのほうが 5 以下のウォークスルーよりドロップオフ率が高いか?

行動と維持との正確な相関関係を識別するのは難しいかもしれませんが、総計値を確認することで、場所、位置、コンテンツ、頻度の設定を調整しやすくなります。

このまま進みましょう。プロンプトやウォークスルーはごく簡単に (かつ楽しく) 作成できます。この調子でもっとプロンプトを作りたい、と思うかもれませんが、実はプロンプトはユーザーエンゲージメントのほんの一部に過ぎないのです。次の単元では、トラブルシューティングシナリオとヘルプメニューについて学習します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる